2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.30 | トップページ | あれまあ、ソフトパンク »

2006.10.31

学校の矛盾、先生が試されている!

 いじめがあったかどうかで学校長の見解が二転三転している。
 それを見ている生徒たちが、教師たちの発言に対して矛盾していると端的に指摘をしている。
 先生は保身にばかり走っていて、教員という立場をすでに捨てているように見られる。 この段階で、なぜいじめと認めないのか、いじめがあったと自殺までした人の行動や言葉を信じず、真実は一つだからと再度意見をとりまとめて会見をするとのことだ。
 いじめの難しさは、第三者が評価するべきことではなく、受けた者の感覚がすべてなのだ。
 いじめた側といじめられる側。そこには、悪意しかない場合だ。
 いじめられる側が悪意と感じ追い詰められた場合は、もういじめの何物でもない。
 それをわからない人たちが、いじめを調査すると行っても無理な話だ。

 この人たちの心は、いまどこを向いているのだろうか。

 間違いなく、子供たちの心に向き合って応えているとは思えない。
 このような先生にはだれもSOSの信号を発したりはしないだろう。
 子供たちの心は大人が考えるよりもはるかに純粋でまじめだ。そして、動物的な直感というのが優れている。
 感覚で動いていると言っても過言ではない。
 にもかかわらず、いじめのあった現場の教員という大人たちは自分たちの立場を先に考えているようにしか思えない。
 信頼されていない教員にSOSを発しないのだから、鈍感な教員は当然のことながら、いじめの状況なんかわかるはずもないし、いじめがあるとも感じないのだろう。
 子供時代にいじめられた経験のある先生も皆無ではないだろうか。
 このような先生に相談する子供がどこにいるだろうか。
 子供たちの心をいじめ先にありきという立場で接して上げていない限り、相談者の小さなSOSの信号を見ることも見つけることもできないのだろう。
 
 もう、生徒と先生の間には授業を教える人と言うことだけかもしれない。
 畏敬の念を抱きながら接すべき先生という人もいなくなったのかもしれない。
 昨今のあらゆるいじめ問題で教員の立場が完全に地に落ちてしまていることを露呈してしまった。
 教員同士のパワハラによる自殺事件。
 履修漏れ発覚を苦にした校長の自殺。
 いじめによる自殺。
 もう、学校が、そして教師たちが病んでいるとしか言いようがない現状だ。
 「教師に畏敬の念を抱く」なんて言葉は今回で死語になってしまった。

 結果より、何事も経過が重要なのを忘れてしまっているのではないだろうか。
 悲しい教育現場としか言いようがありません。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?10.30 | トップページ | あれまあ、ソフトパンク »

コメント

くまさん、こんばんは~

管理が徹底されるようになって
先生方もなるべく問題が起きないようにする
努力をするようになりましたね。

いじめや何か事件があったとき
昔は先生が人として生徒と向き合って
話をして解決したことがありました。


私の知っている先生も
上には報告せずに、先生の権限で
生徒との信頼関係を大切にして、
生徒とぶつかって問題を解決する人もいたのです。

今はなんでもマニュアルどおり。
評価の対象となるのでしょうか・・・

問題があっても、問題が無かったように
する努力をしています。
そこには子どもの心は置き去りです。

りりぶんさん、こんばんは∈^0^∋
何もかもマニュアル化と管理態勢。そして評価。
人間的な魅力に欠けてしまいますね。
子供の心を考えて欲しいと思います。
もう無理なのでしょうか。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

わたしは学校に勤めていますが、保護者の方の言う事の矛盾にわたしたちも右往左往です。

年度初めの保護者会などでは、「担任の先生が悪いと思ったことは厳しく言ってください。」などというのですが、指導を入れると「家はそのような方針ではない」言う。
家に帰ってから遊んでいてとらぶったことを学校に持ち込み、話を付けてほしいという。
長時間子どもを預かってほしいと言ってみたり、平日にTDRに遊びに連れて行くので休ませろと言ったり。

わたしはだいぶ長い間教員をしていますが、保護者とのトラブルに疲れた同僚も数多くいます。
初めから学校はこんなところ、教育はこんなものだと子どもの前で語られるようになってから、子どもたちに学校が信頼されるはずもありません。もう少しお互いに歩み寄れないものかと思います。

shionさん、こんばんは∈^0^∋
現場での大変さを感じます。保護者の我が儘も昔のようではないのも確かです。
お互いに権利の主張のしっぱなしでは落し所がないよう泣きがします。
どうも、お互いの信頼関係や個人個人の心にゆとりがないように感じます。ゆとり教育なんて国がいいながら、ひとりひとりの心がすさんでいることが問題なのではないでしょうか。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/12498336

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の矛盾、先生が試されている!:

« 今日は何の日だったの?10.30 | トップページ | あれまあ、ソフトパンク »