2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.05 | トップページ | 昨日の一日一万歩 1005 »

2006.10.06

壁を無視した 滝川市・教育委員会

 1年間も調査しているという弁明に終始した滝川市・教育委員会は一転、手のひらを返したように、『いじめ』があったことを認めた。
 この人たちは、弱いものの信号を受信するアンテナを持っていないのだろう。
 そして、一年間ものあいだ無視し続けていたに違いない。
 多分、この人たちはもともと強い人たちだったのだろう、そしていじめられることも、自分の小学生時代にうけたことも全くなかったのだろう。
 だから、いじめられた子供がいても、いじめられているという信号を無視し、そんなことは大したことではない。その子供自身の問題で、何とかするべきだったと思っていたのだろう。そして、自殺なんてしないとたかをくくっていたのだ。

 だからこそ、一年間も主張をかえなかった。しかし、なんてことはない。世論に押されて、しつこい取材に悲鳴を上げて、重い腰を上げ、手のひらを返し、認めることが得策だと腹を決めたのだろう。
 悲しいこととしか言いようがない。
 教育者としてあるまじき姿としか言いようがない。
 平等という意識は、弱いものを対等の立場まで引き上げてあげる手伝いをすることだと思うのだが。
 社会経験の乏しい、友人関係が学校でしかない子供にとっては、その社会で仲間はずれにされてしまったときのことを考えれば、まさに村八分の状況だ。
 大人社会の場合は、いくつか逃げ場があるからこそ、救いようがある。
 しかし、子供の場合は学校がすべて、学校のどうきゅうせいがすべたなのだ。
 そのへんが、こちらの教育委員会では全く理解できていなかったのだろう。そして、汚点を自分たちの時に残したくないと、思っていたからこそ、1年間もの長きの間だ子供の遺書を遺書と認めず手紙と発言していたり、この人たちは人間の心を持っていないのではないかと思うほどだった。
 滝川市教委はこれまで「いじめの事実が確認できない」としていた。「事実の把握に重点を置きすぎ、子どもの気持ちになって考えるという基本的な配慮に欠けた」と釈明し、学校の指導方法に問題があったとして見直しを進めるのだそうだ。へ~、信じられません。

 また、文部科学省は1995年の通知で、いじめの判断基準を「あくまでもいじめられている子どもの認識の問題である」と示しているにもかかわらず、
 校長は会見で、この通知について「把握していた」と答えたものの、「女子から友人関係について相談を受けた時点でいじめだと認識していれば、自殺そのものが防げたのではないか」との質問には、沈黙を挟みながら「担任からは解決したと聞いていた。ただ、(いじめの判断の)共通認識が徹底されていなかったと言われればそうかもしれない」とうなだれたとのことだ。
 まだ、この言葉尻からは、本心から認めたくないという気持ちが感じる。
 こちらの方々は、本当に自分の非を認めたくない、頭を下げられない人たちだったのでしょう。

 申し訳ないが、いじめという共通認識の問題以前の問題で、教師たちの心の問題が一番だと思う。
 一度先生も、トレーニングでいじめられ、社会から阻害されてみればよくわかるのかもしれない。
 以前、アメリカでは差別の問題で同様なシュミレーションをしトレーニングをしていた放送を見たことがある。
 何も知らされず、教員もいじめられトレーニングを体験させるべきだ。
 その時、一体どう思うのか。それが、子供たちの微弱なSOSの電波を受信できるようになるにちがいない。
 もしかして、こちらの教育委員会では、『子供の権利条約』なんてしらないのかもしれませんね。
 「子どもの権利条約」は、基本的人権が子どもにも保障されるべきであると国際的に定めた条約だ。1989年に国連総会において採択され、192の国と地域が締結し、日本も94年に批准している。
   やはり、教員のオレ様も進んでいるようだ。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?10.05 | トップページ | 昨日の一日一万歩 1005 »

コメント

教育委員会や市長もお粗末でした。
彼らはどこを向いて日々お仕事をされているのでしょうか。
担任も校長も同級生も、どうかしています。

イジメという被害にあっている子どもを救う場所はないのでしょうか・・・

今回亡くなった少女は、亡くなった後でさえ、学校や同級生にムシされ続けたのです。 

テレビで 6年生の娘の遺書を
切なく聞いていました。
いじめ・・ほんと いやです。
子供が 不思議そうに見ていました。
・・正義感が強すぎても、能力があっても 
時にいじめの対象になってしまう。
お役所言葉では救えない。

死ぬまえに 転校できるとか、
気軽な抜け道ができないものでしょうか・・。

りりぶんさん、こんにちは∈^0^∋
いじめはなくしたいですね。
いじめの心は差別です。子供たちは大人より残酷ですから、気を付けてお子さんを見てあげて欲しいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

まいっちさん、こんにちは∈^0^∋
小さな子供たちの社会でのいじめは大人にはわからないくらい、過酷なものではないでしょうか。
 対処方法を考えた方がいいですね。
 本当に悲惨な事件だと思います。
事故ではなくて事件ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは、くまさん

教育委員会って、なんなんでしょうね。
子供のことを考える教育機関だと思っていたら
保身の塊の会ですね。
誰が見ても遺書にしか思えないものでも、
そうは受け止められない

世論が動いて、ようやく非を認めました。
遺族がメディアに助けを求めなかったら、いまでも
のらりくらりだったのでしょうね。
今さら、ウソ泣きしても遅いと思いますけど。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
教育委員会も保身術ばかりですね。
自分たちのことしか考えていません。
子供たちより自分たちの方が大事。
嘘泣きは止めて欲しいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/12170095

この記事へのトラックバック一覧です: 壁を無視した 滝川市・教育委員会:

« 今日は何の日だったの?10.05 | トップページ | 昨日の一日一万歩 1005 »