2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?11.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.07 »

2006.11.07

昨日の一日一万歩 1106 喪に接して

昨日6日は本来はスリーデーマーチの最終日に参加したので、身体をゆっくり休めようとしていたのですが、なかなか思うようにいかないですね。
 というのも、親類の方がなくなったということで、早朝から喪服に着替えて、外出。
 そう言うときに限って、電車がまた人身事故で遅延状況となってしまって、あたふた。
インターネットで運行状況を見ても、総武線の各駅が遅延状況なので、総武横須賀線快速に乗っても、途中どちらにしても、総武線を利用しなければいけないし、東西線も乗り入れ中止になっていて、迂回路がふさがってしまいました。
 身体は疲れているけれど、でも、このような交通状況なので、予定した時間に行き着けるかどうか不安で、嫌になってしまいました。

 まあ、遅れていると言うことで、少し早めに外出して、ほとんど予定通りに到着。
 人の命は短くて と言うことでしょうか。

 葬式に出席する度に、自分の人生はキチッと生きてきたのかとつい考えてしまいます。
 必ず、一度は死ぬのですから、自分の人生をどのような形でもいいですから謳歌したいですね。
 人生十分に生きたと思える人になりたいですね。
 でも、十分に生きたって思える人ってどのくらいいるのでしょうか?
 自分の命を大切に、全うしたいです。

 それぞれの天寿というものがありますから、自殺なんて考えないで欲しいです。
 自分にとってのその時の障害はとても越えられるように思えなくても、その一時を超えてしまうと、その障害の高さが意外と低かったと感じることが多いです。
 次から次へと、障害が高さをましてやってきますけれど、段々障害を越えるコツを覚えられることと、自分の心を理解してくれる人がそばにきっといるようになりますね。
 葬式に立ち会うと、個人はひとりではなかったことを感じて帰ってきます。
 生徒さんたちの自殺の連鎖がありますけれど、悲しむ人がいることを、一瞬でもいいですから、考えて欲しいと思います。
 人の死に直面することが、いまの若い人たちには 機会として少なくなっているのかもしれません。
 核家族化すればするほど、喪の機会に接することがなくなる。
 人の死に直面したとき、もう一度『生きること』を考えられるのではないでしょうか。
 そのようなことを感じた一日でした。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト 

« 今日は何の日だったの?11.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.07 »

コメント

こんばんは、くまさん

人のお葬式ほど、嫌なものはありませんね。
死んだら終わりだと思うひと時です。

あんなに大きい人間が、焼かれたら本の一握りです。
人はいつかは死ぬのに、早まって死ぬ事もないと思うのです。
死にたくなくても、死は待っているのに。

いろいろ体験をしてからでも、遅くないのに
なんだか持ったないですね。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
葬式等に接してみると、命の大切さがよくわかりますね。
小学生たちにも、死の現実を見てほしいものです。
そして、周りの人たちが死を悼んでいる姿を見せてあげたいです。
それだけでも、いろいろ考える余地ができるのではないでしょうか。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

命に対する意識が薄れて来ている様な気がします。
「たらこ・たらこ」の歌が流行っているようで、そんなにたらこを食われたら鱈は怒るだろうなアー。
それとか、あんなにフカヒレを争って食われたんじゃ、ジョーズじゃないが・・・、たまには鮫の方でもヒトを食わなくちゃやってられないと思うのも解る。
あれ、ちょっと論点がそれたようだけれど・・・・。
我利我利亡者がおお威張りで歩くこの国では、命の軽視も当然でしょうな・・・・。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
そうですよね。「いただきます」って、いう言葉の意味をもう少しわかって貰わないと、なんでも乱獲になりますし、食べ残しも平気でしてしまいますね。
 どのようなものでも命があることをわかって貰わないといけませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

葬式に立ち会うと、個人はひとりではなかったことを感じて帰ってきます。

ほんと、悲しんでくれる人が 誰にでもいっぱいいるのですね。
すごくこの言葉が 残りました。
この場になって あらためて想うものなのですね。
自殺を考えてる人に・・思いとどまって ふりかえってみて
ほしいです。

まいっちさん、こんにちは∈^0^∋
ひとりという人はほとんどいないのではないでしょうか。
誰かがきっとそばにいると思って欲しいですね。
でも、自分が手を差し伸べなければいけないことを忘れてはいけませんね。
 死んだあとでわかっても遅かりしですが。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は何の日だったの?11.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.07 »