2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 昨日の一日一万歩 11.11 | トップページ | 裁判員制度を知ろう »

2006.11.13

報道の暴力は・・・

 またもや、いじめ問題報告で校長が自殺をしてしまった。
 ぼくは、まず、先生に言いたい。自殺はしないで欲しいと。
 報道の場合はいじめというより暴力といった方がいい、それも一過性の暴力がほとんどだ。自殺の問題についても皆さんご存じのように、ニュースとしての報道価値が当初はインパクトがあって、大々的に報じても、第二、第三のいじめによる当事者の自殺、管理者側としての責任を感じての自殺等々、このところ連続して報道されているが、回数を繰り返す度に、報道時間が短くなっている。
 要するにインパクトが薄れれば薄れるほど、ニュースとしては取り上げなくなっている。
 まさに、犬が人間を噛んでも、報道にならないけれど、人間が犬を噛めば報道に値するという観点からなのだ。
 マスコミの暴力というか報道の姿勢とはやはり、インパクトがあるときだけなのだ。
 今日も岐阜県庁の裏金問題で調査側の職員が自殺をしたと報道されていた。
 しかしながら、報道枠が小さくなっている。
 本当に記事で言えば数行記事の内容だ。
 マスコミとしては、確かな報道、事実を伝えると言いながらも、必ず偏った報道をしている。それは、センセーショナルな部分に光を当て、景となっている事実には面白さが足りないと光を当てていないのだ。
 いじめの問題については自殺者側ばかりを報道している。確かに、感情を煽っている。
しかし、いじめをし、自殺に追い込んだ加害者側についての報道が全くない。
 事件で言えば、容疑者に対する報道が全くないのだ。
 いじめは間違いなく犯罪なのにもかかわらず、なぜか、この時ばかりはマスコミは犯罪者であるいじめ側の報道はしていない。
 もしかすると、これを容認していた教師や学校側、保護者は幇助の立場にいるのかもしれない。
 これは、全く以て不思議なこととしか言いようがない。
 とくに、日本のマスコミは同じ方向からしか、事件を見ていないし、報道もしていない。全く逆の立場から見解を報告するなんてことは皆無だ。
 正直、どのチャンネルを回しても、同じ時間にほとんど同じ内容のニュースを流していて、キャスターが違うだけで、コメントがほとんど同じ。
 まるで、金太郎飴の切り口を見ているだけだ。
 いずれにしても、反対側からの報道をどこかのマスコミはキチッとして欲しい。
 そうしなければ、確かな事件の真相が見えてこない。
 今回の自殺問題については、誰が問題なのかははっきりわかっている。
 いじめる側がどうして、いじめるようになったのか?いじめたのか?その保護者は一体どう子供の躾をしているのか?
 いじめは間違いなく犯罪だと言うことをマスコミは再三再四繰り返し報道すべきだ。
 自殺をするな、しないでと報道することも確かに重要だと思うが、本質的な問題解決にはならない。いじめる側がを撲滅しない限り、ぼくは問題解決はしないと思う。
 もう一度、いじめは犯罪であるという共通認識をマスコミはするべきではないだろうか。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 昨日の一日一万歩 11.11 | トップページ | 裁判員制度を知ろう »

コメント

こんばんは、くまさん

やっぱり、マスコミの力は大きいですね。
毎日毎日煽り立てるだけ煽り立てるからですか?
自殺の連鎖が始まりました。
あまりにも学校側が悪いと言いすぎではありませんか?
こうなったのは先生にも問題はありますが
あえて言えば、親のほうに問題がありませんか?

それこそ未成年なんだから、いじめているほうにも監督責任が
問われると思いますが。。。。
どちらかを一方的に責めるのではなく、親、先生が
協力し合って学校を再生して欲しいですね。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
誰が悪いかははっきりしていますから、いじめるこを押さえること。傍観者を亡くすこと、仲裁できる人を育てることですね。
 マスコミもバランスを取って報道してほしいものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/12667846

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の暴力は・・・:

« 昨日の一日一万歩 11.11 | トップページ | 裁判員制度を知ろう »