2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?11.19 | トップページ | 昨日の一日一万歩 1119 »

2006.11.20

オーストリーなのだ!

Republicofaustria  Umbenennung von Österreich im Japanischen
 そう言えば、僕の好きな国はオーストリアですと、話を進めると必ずと言っていいほど、オーストラリアですか、と食い違った言葉が返ってきます。
 ぼくとしては、オーストリアとオーストラリアは全く別物で、キチッとジャンル分けがされているのだけれど、多くの人にはコアラやカンガルーのいるオーストラリアの方が頭の中にはキチッと収まっているらしい。
 オーストリアの場合は音楽の都ウィーンのと説明をつけないとどうやら、お話しがずれてしまうみたいだ。モーツアルトの生誕250年祭で話題の国。
 ウィーン少年合唱団、ザッハトルテ、シェーンブルン宮殿、クリムト、ザルツブルク音楽祭、映画サウンド・オブ・ミュージックの舞台、映画第三の男、ウインナシュニッツル、マリアテレジア、オーストリアハンガリー帝国、チロリアンハット、シュワちゃんの母国等々いっぱい日本人に馴染みがあるにもかかわらず、どうしても間違ってしまうらしい。
 オーストリアが大好きなぼくとしては、とても悲しい。

 クラシック音楽好きの人には、区別がつけられるのだろうけれど、その他の大勢の人には、オーストリアもオーストラリアも同一で南半球のオーストラリアの範疇になってしまうと言うことだろう。
 でも、果たして、オーストリアというカタカナ表記がオーストリーになったからと言って、オーストラリアしか頭の中に単語辞書が入っていない人たちには、新たな単語として認識ができるだろうか?
 ところで、この情報はオーストリー大使館商務部が発表と言うことになっていた。
オーストリア大使館自体のホームページ標記はいまだにオーストリアだし、オーストリア観光局も日本語表記を変更するなんてどこにも、触れられていなかった。
 これって、どうなっているのだろうか。
 オーストリアの母国語での標記はÖsterreichでこの発音は難しい。ドイツ語が好きな僕には好きな言葉なのだけれど、「オー」という口のかたちにしながら、日本語の「え」を発音すると、このÖオーウムラオトの発音ができるのですが、日本語表記ではうまく書けないかもしれませんね。
 商務部の苦悩もわかるようなきがします。
 オーストリアの商品としては、モーツアルトの生誕250年祭が格好の宣伝舞台だと思うのだけれど、それ以外の代表的な物産がちょっと弱いのかもしれませんね。
  でも、ぼくの範疇から言わせて貰うと、南半球のオーストラリアってどこが有名なんだろう。歴史的には、オーストリアの方が日本とは馴染みがあるように感じるのだけれど、
コアラとカンガルーにベートーベンやモーツアルトの知名度がもしかしたらまけてしまっのだろうか。
 個人の知名度の方が一人歩きしてしまい、国の知名度が薄くなってしまった典型的なパターンかもしれません。
 日本は果たして、世界の国で間違われていることはないだろうか?
 国旗を韓国やバングラディッシュと一緒に表示して正しく、日本と指し示すことができるだろうか。
 国旗の場合だと特にドイツとベルギーが紛らわしいし、トリコロールカラーが多いので、ぼくにはほとんど区別がつきません。
 いずれにしても、国を紹介するには、なにか身近なもので浸透していないと難しいのでしょうか。
 頑張れ、オーストリア、オーストリー。 

追伸:美穂の旅で分身をオーストリアに住まわせているのだけれど、そう言えば、必ず、オーストラリアに住んでいるのですかと、カンガルー、コアラの国に話がすり替わってしまうことが多々ありましたっけ。

※出典はこちら:
「Umbenennung_von_Oesterreich_im_Japanischen.doc.pdf」をダウンロード

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

★Österreich 日本語表音表記 の変更について
日本ではオーストリアはオーストラリアと常に混同されております。この違いを明確にするため調査を始めたところ、Österreich には以前は別の呼び名があったことが判明致しました。 Hungary(現在のハンガリー共和国)がホンガリーと呼ばれていた頃、すなわち19 世紀から1945 年までの間、Österreich はまさに「オウストリ」と表記されていたのです。 今日でも多くの日本人は「オウストリ」をÖsterreich として認識しております。 当時も今日と同様に、国名表記の標準化はありませんでした。
文献を紐解けば、1873 年に発行された地理誌「萬國地名往来」にもÖsterreich は「ヲウストリ」と表音表記されております。日本が参加した1874 年のウィーン万国博覧会においても、Österreich は「オウストリ」と紹介されております。
そこで、私たちは発音と表記を考慮し長音(ー)を入れ、Österreich の呼称を 「オーストリー」 と変更することで、オーストラリアとの違いを明確に致します。
オーストリー大使館、及びオーストリー大使館商務部の表示は現在変更中であり、名刺の表記は既に変更済みです。
より多くのオーストリー及び日本の機関、企業、個人の方にこの新しい表記を使用していただくことにより、 「オーストリー」 の名が広く速やかに浸透していくことと存じます。

オーストリア共和国(Republic of Austria)
 ・首都:ウィーン ・面積:約8.4万平方キロメートル(北海道とほぼ同じ) 
 ・人口:約810万人・永世中立国
 ・主要産業:機械、金属加工、観光

« 今日は何の日だったの?11.19 | トップページ | 昨日の一日一万歩 1119 »

コメント

私も、オーストリーになったところで、オーストラリアと
間違える人は間違えると思います。悲しいことに。
私はどちらの国も好きだけど、名前は似ていても
全然違う国ですよねー。 呼び方にこだわるよりも、
もっと日本でオーストリアを宣伝して欲しいですね!

ともみんさん、こんにちは∈^0^∋
そうです。宣伝不足としか言いようがありません。
オーストリアの物産というと何が一番日本に身近なのでしょうか。
残念ながら、ぼくの頭の中にはお菓子と音楽しかないですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

「オーストリー」なんて、かえって英語圏の国のように思われてしまいそうな名前です。いっそのことドイツ語読みで正式名称「エスターライヒ」の方がずっとましでしょう。コアラの国しか知らない日本の愚かな大衆に認知してもらう必要なんぞありませんから。

mimiさん、こんにちは∈^0^∋
でも、正式な発音はオーウムラウトですからちょっと難しいかもしれませんね。オーストリーとオーストラリアを勘違いする人の問題です。
あんまり考えない方がよろしいでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は何の日だったの?11.19 | トップページ | 昨日の一日一万歩 1119 »