2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.13 | トップページ | 昨日の一日一万歩 さぼってます »

2006.12.14

この辺でご容赦?!北海道知事

 変だよね。北海道知事が財政破綻した夕張市の財政再建計画案を了承しないものだから、総務大臣に泣きを入れたようだ。
 でも、そうではないでしょう。
 本当に泣きたいのは、夕張市の住民の方々だ、他の市町村に移動できる人もいるかもしれないが、おいそれとは簡単にいかない人は、税金とサービスが最悪になるわけだから、たまったものではない。
 今まで、箱物を無駄につくり、約360億円もの赤字をつくった人たちの責任は当然で、その責任を償って貰わないといけない。これが普通のことだと思う。
 そして、そのようなことに賛成を投じてきた議員に一番の責任がある。
 夕張市議会の議員の人たちが一番の責任を負わなくてはいけない。
 箱物建設に承諾をしたのは議員と呼ばれる人たちだからだ。

 財政再建団体に移行する北海道夕張市の市議会改革検討小委員会は13日、市議会定数、議員報酬とも全国の市議会で最少・最低とする案をまとめ、議長に答申したそうなのだが、何故か、削減額が中途半端。
 定数は半減の9人。報酬は42%減、議長、副議長報酬も40%減。
 会社で言えば、経営責任があるわけだから、もっと、自分のしてきたことを反省すべきだ。
 それを、住民に押しつけるような市長や議長では夕張市をどこか隣接した町村に吸収合併した方が、まだまし、そして、旧地域の議員数は1名にした方が余程ましな気がする。

  地元の政治に無関心だと、夕張市のようになってしまうと言うことかもしれない。
 でも、本当に夕張市の議員はなにをしていたのだろうか?
 ほかの市町村でも、同じことが起きることは間違いない。 
 自分のことだけを考え、政務調査費をいい加減に使っているような、税金を税金と思わない議員は全員辞めて貰った方が間違いない。
 議員にばかりまかせていては、最後は夕張市のように自分たちに付けが回って来ると言うこと。
  議員を信じて良いものやらね?!

追伸:行政も企業と同じように 株主代表訴訟や会社法の特別背任容疑のように刑事告発できなくてはいけませんね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?12.13 | トップページ | 昨日の一日一万歩 さぼってます »

コメント

議員が自分の利益を考えることに問題が有りそうですな。
西欧の民主主義国では、市議会議員は殆どがボランティアか無給だそうですな。日本のように市議が職業のような国はあまり無いようです。
そこで、我が国もこれを見習って区議・市議は時給2000円程度の
ボランティアとするのが良いようにおもうのですが・・。
実働日数は50日/年程度と聞いていますから、大幅な経費削減となります。

隠居さん、こんばんは∈^0^∋
議員さんの基本はやはりボランティア精神でしょうね。
毎日が議会ではないのですから、それが当たり前かもしれません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは~くまさん

いまだに夕張の議員さんは月給20万以上貰っているそうですよ。
やっぱり、開催日だけの日当制にするべきでしょうね。

開催日は年間60日だそうですけど、委員会に応じて
出席するので、もっと少なくなるでしょう。
人によっては40日ぐらいかもしれません。
まずは議員や市長が率先して傷まなきゃぁね。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
なんか、もう責任の所在がはっきりしませんね。
行政の責任は一体誰がとるのでしょうか。
不思議な世界ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/13057057

この記事へのトラックバック一覧です: この辺でご容赦?!北海道知事:

» [ゴーログ]  夕張市民は夕張市を告発できないのか? [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「くまさんの自立」さんが、「北海道知事が財政破 [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?12.13 | トップページ | 昨日の一日一万歩 さぼってます »