2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.18 | トップページ | のだめカンタービレ楽しく見ました! »

2006.12.19

膿を出し切れない体質

 自民党も改革とうたいながら、民主党も政権奪取といいながらなにもできないでいる。全国自治会が談合断絶へ宣言を採択した。
 また、教育基本法改正に伴う議論の中で、タウンミーティングでの『やらせ』問題が取り上げられ、こちらの方の質問ばかりが目だち、野党は人の揚げ足を取ることに専念してしまった。肝心要な教育基本法改正についての議論はあったのかさえ疑問だ。
 そして、野党が自分でやらせ問題で時間を割いているにもかかわらず、十分な審議をしていないといっても、誰も納得はしない。
 これも、戦略ミスだ。
 談合問題についても根絶するための原因を追及し、断ち切っていない。
 宣言をすることは勝手だが、元を立たなければ、体質を改善しなければ、ゾンビのごとく、何度でも復活することは間違いない。
 『臭いものに蓋をする』では、一向に解決はしていない。
 自民党の改革も、まさに闇鍋状態に戻り、臭いものに蓋をしているだけで、全く根本的な解決をしようとはしていない。復党問題もどんどん複雑怪奇になっている。其の場凌ぎの対応で、見ている方も馬鹿馬鹿しくなってくる。

 そして、最大のミスは誰が一体タウンミーティングにおいて指揮を執って指示を出していたかだ。
 どうも、それぞれの追求の仕方が、的を射ていない。ピントが大変ずれている。
 どうも、お互いに肝心なことを追求しないでいるように感じる。
  まあ、日本の議決における稟議書制度は責任の所在を分散することだ。みんなが印鑑をつけば、その段階で一蓮托生になる。
 昔からある、連判状と同じだ。
 本来は、最後に押印したものが、引責辞任するなり、其相応の対応が必要なのだが、どうも稟議制度のもとでは、それができない。
 まあ、最後に押印した人の資質にすべてがかかっている。
 最終的に責任を取る人、トカゲのしっぽ切りをする人、有耶無耶にする人の三種類に分けられるが、役所の場合は、大まかに『有耶無耶にする』。
 このタウンミーティングについても、もうすでに『なかったことにしよう』となっているはずだ。
 どうも役所がらみの問題では責任の所在がいつも不明だ。
 その責任の所在を明確にしない限り、裏金問題もなくならない。

 この時期になると、忠臣蔵の映画やドラマが放映される機会が多くなるけれど、日本人の心のどこかに、有耶無耶にせず、結果を出すことに憧れているからこそ、忠臣蔵に感銘を受けるではないだろうか。
 無い物ねだりの状況か。そして、もう一つ日本人は最後まで追求せず、『まあまあ、そのへんで』ということで忘れてしまう。
 悲しい民族といえば悲しい。
 社会保険庁の問題、岐阜の裏裏金問題、シンドラーのエレベーター事故、耐震偽装問題等々、マスコミのほとんどは取り上げようとしない。忘れ去っている。
 日々の、殺人事件ばかりを報道している。なんか問題をすり替えているようで、ため息をつくばかりだ。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?12.18 | トップページ | のだめカンタービレ楽しく見ました! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/13121620

この記事へのトラックバック一覧です: 膿を出し切れない体質:

« 今日は何の日だったの?12.18 | トップページ | のだめカンタービレ楽しく見ました! »