2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.11 »

2006.12.11

一人暮らしのおじいちゃん

 男性の退職後の社会生活は思った以上に大変そうに感じる。ボランティアでお手伝いをしているのだけれど、相対的に参加者の割合は女性が7割強、男性が3割弱という比率になっているように感じる。
 内閣府の調査でも一人暮らしのおじいちゃんは近所と交流のない人がなんと24%もいるという調査結果が出た。
 実際にはもっと多いのではないだろうか。
 長い会社員時代の資格、代表である所属と肩書きがなくなったとき、男性の帰属するところがなくなってしまうのだ。
 そして、新たなコミュニティーに所属するタイミングをなかなか見いだすこともできない。市町村では60歳以上の人たちの交流する場所をかたちばかりに設置はしているのだけれど、宣伝不足としか言いようがない。
 ましてや、60歳未満の人たちには身近な関係者がそのような施設に通っていない限り、情報が全くと言っていいほど入ってこない。
 行政の広報による告知もと言葉不足でとてもわかりにくい。
 それこそ、シルバーカードを60歳以上の人たちに送るときには、これからの生活の楽しみ方、様々な施設の利用の仕方などを案内したり、集合で説明会をするべきではないだろうか。
 引き籠もりにならないことが、健康を維持することの第1番だと僕は思う。
 外に出ることで、外界の刺激や様々な人との交流ができる、そして、心身ともに活性化されるのではないだろうか。
 引き籠もりの方々を社会生活に復帰することが、孤立化しないことにつながり、ましては健康維持につながる。
 また、ぼくが常日頃感じるところでは、パソコンは持っていても、インターネットに接続する人は本当に少数派。
 情報弱者と言われる人たちにパソコンによる情報取得と仲間作りと交流は必要なのだけれど、インターネットの重要性がなかなか伝わってこない。
 パソコンの講習というとなぜか、オフィス関連のソフトの講習がメーンに今でも行われている節がある。
 本当に、高齢者にとって必要なことは情報を入手することではないだろうか。
 今からオフィス関連ソフトが必要かはとても疑問に感じている。
現役で働いているときは、情報は自然と入ってくるし、さまざまな情報を入手しないと仕事に耐えることができない。だから、情報は入手してきた。
 ところが、退職後は情報との接点がなくなってしまうのだ。
 
 さあ、一人暮らしの男性諸氏は、社会に、地元に帰属しているということで、様々なコミュニティーに一度、気力を振り絞って、参加して欲しい。
 また、インターネットを是非とも活用して欲しいと思うのです。
 
※世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査結果 
http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h17_kenkyu/index.html

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?12.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.11 »

コメント

こんばんは、くまさん

おじいさんは、社会性が無い人が多いですよ。
おばあさんは、地域に溶け込んで色んな習い事とか
みんな楽しくやっているのに。

会社を終えてからの人生も大切なはずなのに
なんで孤独を好むのでしょうね。
プライドがありすぎるのでしょうか?

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
社会性がないのがとても残念ですね。会社は社会ではないですから、練習になりませんね。
 地域に飛び込むための練習不足かもしれませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/13024021

この記事へのトラックバック一覧です: 一人暮らしのおじいちゃん:

« 今日は何の日だったの?12.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.11 »