2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?01.17 | トップページ | 拝啓 不二家様 »

2007.01.18

お役所仕事 情報公開されていても探せない!

 お役所のお仕事とは情報を公開することで、どこにあるかは聞かないと教えてくれない、ことにつきる。
 一番端的に言えるのは、税金だ。多く納めすぎていることは、全くと言っていいほど、間違えていても教えてくれない。しかし、納税額が足りないときは、職員が出向いて税務調査をする。
 取ることには熱心でも、減税策については公開されているから自分で勉強して調べろという始末。それでもわからなければ、税理士等の専門家に依頼すればということになる。
 皆さんも経験ありますでしょう。税法ほど知らない人がばかを見ることはない。
 だから、自営業者の方々は税務調査を後ろめたくなくても、恐怖に感じている。
 税務調査で、還付手続きもしてくれれば、みんなして欲しいと思うようになるはず?
  まあ、税務調査では、徴税額にノルマがあるなんて漏れ聞きますから、まず無理か。

 さて官庁もしかりで、様々な助成金制度があっても、ホームページで公開していてお終いというケースがある。(ネットの普及が高まったからということを理由にしているが、高齢者のほとんどはネットを見られない。いまだに、市の広報を頼りにしているという現状もある。)
 全く語句の使い方がわからないと検索しても、キーワードの設定が少なすぎてほとんどヒットしないし、最近多いのが、外郭団体に全面委託をしているケースだ。その場合、全くかすりもしない。
 要するに、キーワードが完全一致形式になっているため、曖昧検索が許されない。
 曖昧さを許さないこのやり方こそ、御役所仕事なのだ。
 見方を変えれば、縦割りのやり方で、自分たちの仕事の仕方を納税者に合わせようとはしていない。自分たち役人のルールで納税者に接している。加えて、他の部署の話になると、例え知っていても知りませんになる。
 例えば、デパートで全く異なる部署でこの商品が欲しいと相談をすると親切に取り次いで、購入までスムーズに導いてくれる。売上に貢献するから尚更だし、女性のクチコミは経営に直結するからなおのこと神経を使う。
 ところが自治体となると、詳しく話も聞かずに『それは、この部署ではありません』
と木で鼻を括ったような回答で、『あちらに行ってきいてください』と突き放されてしまう。特に、行政関係では顔なじみの人がいないと、ターゲットに命中するまでに最悪一日かかってしまう。
 本来、役所では、納税者に対しては懇切丁寧に対応するべきなのにもかかわらず、素知らぬ顔だ。但し、議員にはへりくだる人間が多すぎる。
 議員と一緒の時と市民一人で接触しているときとの天と地の対応の差別がある。
 ちょっと間違っているとしかいいようがない。
  このようなことがあるからこそ、天下り人事がなくならないということだ。
 人的つながりがあるかないかは、時間的なロスにつながるからだ。
 まさに、『時は金なり』。
 親切にするということは、どういうことなのか、住みやすい街ということはどういうことなのか、夕張市を教訓によく考えて欲しい。
 
追伸:夕張市はもう、直接民主主義で運営した方が効率がよいはずではないだろうか。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?01.17 | トップページ | 拝啓 不二家様 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/13557457

この記事へのトラックバック一覧です: お役所仕事 情報公開されていても探せない!:

« 今日は何の日だったの?01.17 | トップページ | 拝啓 不二家様 »