2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.05 »

2007.05.05

教室の座る位置と成績

  今日の朝日新聞に産業能率大学の教授が教室の座る位置に対する成績と授業及び自己評価についての中間報告が掲載されていた。
 学術的に調べることも意味のあることなのかもしれないけれど、意味のないことにも思える。昔学生だった頃、つまらない教授の授業は前に座りたいと思ったことはないし、途中で退席できるような座席、つまり後方ドア付近に座りたがる。
 これは、講演会や講習会でも同じ傾向がある。
 講演会講師にとても実力と人気のある先生の場合には演台から最短距離の反映計で徐々に埋まっていく。ところが、全く知名度もなく、人員をあの手この手でお願いして集めた場合などは、後ろから埋まる。そして、演壇に近い半円形の位置関係は空席になってしまうという傾向がある。
 お義理でお願いした人たちは、必ず、途中で退席しやすいところに座る。
 本当に聴く気持ちがないから、何をしても問題のない後方に座り、最後までいる方でも、睡眠学習をしているか、本を読んでいる人が多い。
 さて、この大学の教授はもう一つ検証してほしいものがある。
 つまり、講義をする教授の内容が充実しているか、人気があるか、内容が面白いかの評価だ。講義内容が面白ければ、生徒も徐々に前から埋まっていき、前の席に座りたいという状況が創り出される。
 タレントのショーを見に行くのと全く同じで、興味があればあるほど前に行きたくなるという自然な行動が出るはずだ。
 生徒の成績評価を検証するよりも、先生の評価の検証にこの調査は使用した方が今後の大学側の経営に役立つはずだ。
 大学も過当競争の時代なのだから、いい先生をいかに自分の大学の教壇に立たせるかで、生徒の応募数が決まってくる。
 駄目な大学には駄目な生徒ではなく、駄目な先生が多い方が多い傾向があるのではないだろうか。
 対人関係との距離でもよくわかるように、教室の座り方も同様なのではないだろうか。 この調査で自分の首を絞めることになるかもね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?05.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.05 »

コメント

こんばんは~

面白いですね、考察が。

本当にそうです。
退屈な講義や、義理で行く場合
後ろに座りますね。
一方、コンサートや、ショーの場合
前へ前へと行きたいです。
少しでも良い席を、お金を出してでも
取りたいです。

これからは、よほど先生も聞かせる講義をしないと
生き残れないかもしれませんね。
子供が少ないのですから。。。。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
よく仕事で講演会、講習会を実施していましたので、座り方の傾向は経験からよく認識しています。
 集客でお願いした人ほど、後方やドアの近辺に座りたがります。
要するに、中座できる位置が喜ばれると言うことでしょうか。
この教授も自分の授業内容を考慮しなければ何も意味がありませんね。
( ̄∀ ̄*)イヒッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/14958012

この記事へのトラックバック一覧です: 教室の座る位置と成績:

« 今日は何の日だったの?05.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.05 »