2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.16 | トップページ | 無粋な男!? »

2007.07.17

天災と選挙

 選挙後初めての週末は台風4号で、そして三連休最終日は新潟県中越沖地震で一気に選挙モードが雲散霧消してしまった。
 被災された方々にはお悔やみを申し上げます。自然の驚異にはなすすべを持たないと言うことがいつも感じさせられます。
 しかし、日本の政治についての転換点となる参議院議員選挙についてはまったく報道されることがなくなってしまった。
 せいぜい、長崎市の遊説から急遽安倍ぼくちゃんこと安倍晋三)さんが・・・ということで選挙関係はすべて地震に変わってしまった。
 僕の大学の友人も中魚沼郡に住んでいるので大変心配している。
 台風でも日々刻々と迫ってくる台風情報に終始し、地震においても必ず地震学者等が出てきて一日中解説しつつ、報道している。
 現地の人たちに対しては、歓迎されているのだろうか?
 中越地震の時には、取材と同時に飲料水等を持参して欲しいという話もあった。
 国の偉い人が、視察に行くときも考え物だ。
 ある意味安倍さんには、風が少し吹いたと言うことかもしれない。自らが首相として訪問することで、ポイントを稼いだことは確かだ。選挙活動ではないことはわかるが、選挙活動と同等の効果があることは間違いない。防衛者側挑戦者側では有利さがやはり異なるということだ。政権を取っている与党でなければ、このような行動に取って出ることができない。
 有権者は冷静に判断しなければならない。恋愛でも危険なときに助けて貰うと、愛情もどきが芽生えてしまう。後で考えると、あのときはなんだったのかとなってしまう。
 特殊な状況での手助けは勘違いしないことだ。
 政府ならば、当然のこととして考えて欲しい。
 年金問題でも、完全ざる法の政治資金規正法のことを思い出して欲しい。政府与党は当然のことをしていなかった。
 安倍さんの行動は、被災地視察と選挙が当然重なっている。
 有権者は冷静に判断して欲しい。

 いかに政治資金規正法がざるかと言うことを、自民党諸氏はことあるごとに挙証責任があるかのように暴露していて面白い。
-----------------------------------------
 自民党の片山虎之助参院幹事長は15日夜のNHK番組で、安倍晋三首相が政治資金を資金管理団体に集中させることを党内規に盛り込むよう指示したことに関し、「政治団体は7万もあり、一律に厳重な規制をしたらパンクする。まず資金管理団体から始め、あとは各党が内規で透明度を競えばいい」と述べた。
-----------------------------------------

 あとから、政治家が補足処理が必要と言っているような政治資金規正法は本当に無意味だ。
 被災者の皆さまに対しては本当にお見舞いを申し上げたい。政府には可及的速やかなる対処を期待したいのだが、地震の時の対応がいつも遅すぎる。水と食料だけはすぐにでも送り届ける処置をするべきだ。
 地震大国日本にしては対処方法が悪すぎるようなきがする。

 マスコミも台風・地震と状況報告ばかりを終日流している。報道内容は様々な内容をバランスよくしてほしいものだ。
 今回の選挙について、本当に雲散霧消してしまったかのようなマスコミの対応だ。

 皆さん選挙に行きましょう。
 天災で目くらましされてしまっているようで怖い。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?07.16 | トップページ | 無粋な男!? »

コメント

ワタシは被災地に居合わせたことがこの人生では一度もありません。
しかし、報道などを見ていていつも思うのは
「おまえら、邪魔やっ!」
ですね。
報道することが使命かもしれませんが、その前に何か忘れていませんか?
と、いつも思います。
もう一つ思うのは、名だたる政治屋さんが、現地入りしたりしますが、ホンの1・2時間、うろついたくらいでなにが判るというのですか?
お供を引き連れてうろうろして、テレビの前では被災者に声をかけるだけ。
それでいったい、被災者のなにが判るというのか?
いつも、疑問だらけです。

与党にとっては今回の地震災害はある意味恵みの雨ですね。
でも、裏を返せば投票まであと2週間もあります。
あと数日で、報道の方は収まってくると思います。
冷静に考える時間は残されています。
日本人は情に弱いですから、こういうときこそ冷静に考える必要がありますよね。

あまやどりさん、こんにちは∈^0^∋
報道という錦の御旗のもとにはっきり言って邪魔だと思います。
被災地に取材するならば、当然、水と食料ぐらいは持参して救援活動の手伝いくらいしろと言いたい。
 さて、選挙は安倍さんにとって、波がなぎ状態にはいってしまいました。間違いなく恵みの地震だったですね。
 マスコミも相も変らずの雪崩報道には嫌気がさします。
 冷静に政局を考えることが必要ですし、災害対策と感情は別にしないと、ゆがんだものになってしまいます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/15785961

この記事へのトラックバック一覧です: 天災と選挙:

» 天災の選挙への影響 [2007 参院選でのオムライス党躍進を祈るブログ]
参院選に突入してから、台風、地震と天災による被害が続いています。このブログでも被害者の方々にお見舞い申し上げるとともに、これ以上の被害が広がらないことを祈りたいと思います。 さて、当然ながら天災による被害は選挙戦報道をそっちのけにマスメディアで報道されています。与党への逆風が収まるのではないかと当事者が思うのも無理もありません。与党のある議員がブログでその願望を記述し話題になっています。 潮目が変わるとき/台風と選挙 (早川忠孝の一念発起・日々新たなり 2007/7/14) 台風の被害が出... [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?07.16 | トップページ | 無粋な男!? »