2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 国が「ワードを購入しない」!? | トップページ | 今日は何の日だったの?07.03 »

2007.07.03

良くも悪くも予算化されているのだ!

 公務員と呼ばれる人、補助金をもらって運営している団体職員等は、賞与等がすべて予算化されているのだ。
 つまり、人事院勧告に従いすべてしっかりと枠組みができている。
 国の悪弊の予算会計がすべての社会保険庁の自主返納につながっている。
 会計検査院の監査についても、キチッと補助金が予算通りに使われているかが問題で、計画書通り尚かつ合理的に予算通りに使われていればなにも問題視されない。
 計画最初にありきで、民間と異なり、節約するシステムに全くなっていない。
 予算の枠内で使い切ることが、優秀な職員であり、予算を大幅に削減して、国庫に返納なんてことをしたら、下手をすると始末書ものになる。
 これが、補助金の悪弊なのだ。
 だから、社会保険庁の職員はどのようなことがあれ、予算で枠組みされたものは、しっかりいただくのが当然で、支給停止なんてことはあり得ない。
 役所はどんなに景気がよくても、人事院勧告が有る限り、予算会計を用いている限りは、税収が増えても、ボーナスには反映されることが少ない。
 その代わり、景気が悪くなると、ちょっとだけ人事院勧告で賞与額がカットされる仕組になっている。 つまり、公務員はどのようなことがあっても、予算を使い切ることが最大の目的なのだ。 だから、お馬鹿なことを社保庁全体でしていても、決まりがないのだから、自主返納しかない。
 そもそも、役所が裏金を作ったり、このようなずさんな年金管理をすること事態想定外だった。
 想定外のものに対しての賞与削除なんてないのだ。

 国会議員の皆さんは、公務員の倫理規定を強化したって実は意味がない。
 公務員の聖域をなくさない限り、天下りだってなくならないし、ずさんなお仕事もなくならない。
 与党と官僚との癒着が実はすべてをおかしくしていることに気がつかなくてはいけない。
 だからこそ、今回の参議委員議員選挙では野党に勝たせなくては、この国はおかしな方向に行ってしまう。
  国が大赤字でも、賞与も出るってよく考えなくても不思議だ!

e

« 国が「ワードを購入しない」!? | トップページ | 今日は何の日だったの?07.03 »

コメント

こんばんは、くまさん

予算を分捕る、それを全額使う。
税金だからできることでしょうね。
人の金だから、何をやっても罪の意識もないし
心も痛まないでしょうね。

大赤字でボーナスが出ることがまず不思議ですね。
民間ならボーナスどころか、給料半減とか人員削減とか

恵まれすぎですね。

意味が良くわかならい内容だ。
景気が悪くても、公務員はボーナス貰っているいい身分だ。
と言いたいのかな?

それでは、バブル絶頂期に民間会社は、経費使い放題、銀座等の高級料亭やクラブで金をばら撒き遊びをしていた頃、公務員はバブルだからってボーナスをたくさん貰えていないはずだ。

それに、私が就職活動をしている頃は、公務員になるなんて馬鹿だと本気で思っていた。

自分で頑張ってお金は稼ぐものだと思っていた。

しかし、今は、頑張ることを忘れた(正式には、小泉純一郎という男の無責任さの信者になった)日本国民が、何かで憂さ晴らしをしたいがために作り上げられた神話を本当に信じた結果が公務員パッシングでしかないと私は思っている。

不思議に思うのは、社会保険庁からのコメントは一切ない。

公務員は国会議員は対立の立場だそうだ。

ならば、国会議員からのコメントばかりではなく、社会保険庁からのコメントも聞きたいものだ。

両方の話ではなく、一方の意見しか取り入れられていない気がする。

2004年の国会議員国民年金未納問題で、国会議員たちは政治生命を危険にさせられた社会保保険庁への報復をした結果出た問題であるとしか思えない。

それに、国会議員も公務員の監督不行き届きでボーナス返上論がでないのもおかしいはずである。

話は変わるが、私たちはバブル景気に酔いしれ、楽しい季節も歩んできた。

公務員には、そんな季節がなかったはずである。

その反対の状況がきているだけである。

何の問題があるかわからない。

それと、現在の世論として、良しきものと悪しきものがあれば、悪しきものに準じようとするものがある。

なぜ、良しきものに合わせないのか?

なぜなら、自分が頑張るという情熱がないからだ。

情熱のない人間に、自分のいるポジションをアップなど有り得ない。

つまり、自分から良いポジションを希望しない限り、今のポジションが妥当なのだ。
(補足しておくが、良いポジションを希望するとは、「なんとなく、生活が良くなりたいな。」と願うことではなく、「いつまでに、何をやり、どのような生活をしたいか」を明確にし、それを実行することだ。

「国民がいい加減なのだから、同じ人間の社会保険庁の人間も似たようなもの。」これが結論だ。

民間会社(わが社も含め。)色々調べられたら、毎日の新聞が電話帳並みの厚さになるのは間違いないであろう。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
予算化されている以上は使い切ることになっています。
そして、それが当然のこととしてまかり通っています。
困ったものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

どら猫さん、こんばんは∈^0^∋
なが~いコメント有り難うございました。
TBして、自分のブログ等でご自分の意見を好きなだけ披歴してくださいな。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

赤字なのにボーナス、というのは本当に変な話し。
常識を公務員に教える人っていないんですかね?
公務員も政治家もなにかといっちゃ海外視察に出かけたりしますが、シンガポールや香港のシステムをちっとは学んでみたら?といいたいのですが、そんなこというと視察ばかりが増えますよね(爆)
まったく、どうしようもない・・・

BING DONGさん、こんばんは∈^0^∋
予算化されているので、どうしようもないです。
ボーナスも人事院勧告ですから、何を考えているのか?
まったくわかりません。
 視察に生かせたら、無駄な経費ばかりが増えます。
どう考えても、政府がアホです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/15634942

この記事へのトラックバック一覧です: 良くも悪くも予算化されているのだ!:

« 国が「ワードを購入しない」!? | トップページ | 今日は何の日だったの?07.03 »