2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 社保庁は駄目だ!腐っている! | トップページ | 今日は何の日だったの?07.30 »

2007.07.30

自ら災難に

 義母のことなんですが、折角、病院から早く戻りたいと言い続けていたところ、先週末に病院を退院し、ホームに戻ったところでした。
 金曜日に戻り、金曜日、土曜日と家内は母親の面倒を見に訪れ、昨日の日曜日は日々たまっていることを片付けるために、動き回って母親のところへは顔を出しませんでした。
 義母は少しは、精神的に落ち着いてきたかと思っていたのですが、ことはそのように静かに過ごさせてくれませんでした。
 家内は先に休み、僕だけが選挙速報を12時50分過ぎまで見ていたときでした。
 深夜の時間にいきなり電話がけたたましく鳴り出した。
寝ていた家内が、飛び起きて電話に出ると、ホームからの電話でした。
 この夜中に、まだ歩くこともリハビリ中でままならないのにもかかわらず、健常時と同じように杖をつきながら、部屋から出て歩き出し、エレベーターの前で転倒したらしいと連絡がありました。
 そして、次には右手が動かないようなので、救急車で搬送しますとのことでした。
それから、二人とも連絡待ちで3時半過ぎまで、重い空気の中待っていました。
 そして電話があり、右手骨折右足大腿骨骨折との連絡でした。
 ようやく左足大腿骨骨折が治りかけているというのに、災いって重なるんです。
 夜が明けると、家内は病院へ向かっておりました。
 異なる病院への入院と手術。手術日は明日夕方には決まるとのことです。
 前回の骨折は、第三者に突き飛ばされて骨折。
 今回は自分で転倒して起こしてしまった骨折です。
 人の人生って、一体どうなっているのでしょうか。
 入院している人も大変ですが、実は周りで面倒を見ている人の方が何倍も、負荷がかかっています。
 介護の大変さは、肉体的、精神的、経済的に圧迫されるものだということが、ひしひしと感じさせられます。
 自分が高齢になって独居老人になったとき、この国の介護施策は本当に大丈夫なのだろうかって、考えさせられてしまう。
 安倍さんの言っている、訳のわからない「美しい国」なんかより、生活者に優しい施策、憲法改正なんて無駄なことをするより、安心して、生活できる普通の日本にしてほしいものです。
 気持ちがすさんでくるような、政治はいりません。
 日本人が心にゆとりを持って人々と生活でき、笑顔が絶えないそんな生活ができるような世の中にしてほしいものです。

 今の安倍さんの政策が間違っていると感じたから、与党が負け、野党が勝った。
 どうしてそんなことがわからないのだろうか。
 
  このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« 社保庁は駄目だ!腐っている! | トップページ | 今日は何の日だったの?07.30 »

コメント

大変でしたね!
くまさんのおっしゃる通り「実は周りで面倒を見ている人の方が大変」
な訳で、私のような独り者は面倒見てくれる家族もいないので
老いて病む事を考えるととても不安になります。

先日も、日本人女性はまた寿命がのび世界1になったという
ニュースを聞きましたが、それは困る、長生きしたくないなーと
思ってしまいます。
長生きしたくないなんて言っちゃいけない事なんだろうけど
介護すべてをお金で賄えるとは思えないから・・・

「美しい国」でも安心して長生きできない国じゃ意味ないような気が
します。


miuxさん、こんにちは∈^0^∋
これもぼくの人生と受け止めるしかないのですが、人との関わり合い、運命というか人生というかまったくわかりません。
幸せな人生というのは何でしょうか。
ぽっくり第三者に迷惑をかけずに、死んでいきたいというのがやはり最大の願いですね。
 長生きしても、自立ができないのならば、人生は迷惑のかけまくりになるので考え物ですね。
 その介護の受け皿があまりにもひどすぎます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさん、読んでいて胸が張り裂けそうになりました。
お義母さまはもちろんですが、くまさん、そしてくまさんの奥さま、本当に大変だったと思います。

せっかくホームに戻れたところでしたのに、お義母さまも“焦り”があったのでしょうか?早くホームに慣れたいと思われたのだろうかと思います。

私も“介護”ではありませんが、夫の“看病”は長年してきましたので、そのご苦労、心労はよく分かります。
時に患者より、看病する側の方が、まいってしまうケースがあります。
(私が今、その状態です…)
なので、どうかお気をしっかりもって、がんばってください。
手術の日が早く決まるといいですね。

また覗かせてもらいますので、その後もお知らせください。

がーこさん、こんばんは∈^0^∋
もう、もしかすると自立歩行は無理かもしれません。
今週末の金曜日か月曜日になりそうです。
ボケが促進されないことを願っております。
心配していただくだけで、心が安まります。
有り難うございます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさん、久しぶりにきましたが、大変なことでしたね
どうして重なるのでしょう。。。 自分のことも含め全てのことを考えると心が痛いです。
くまさん、がんばってくださいね 

★ビビさん、こんにちは∈^0^∋
はい、有り難うございます。
どうすればいいのかわからないというのが現状です。
骨折は直せても、環境が変わると認知症が出やすくなりますので、困りました。でも、すべて受け入れるしかないです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/15946335

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら災難に:

« 社保庁は駄目だ!腐っている! | トップページ | 今日は何の日だったの?07.30 »