2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.19 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.20 »

2007.08.20

24時間テレビ マラソン 雑感

 僕はもともと長時間テレビが嫌いだ。昨日も24時間テレビが行われていた。フジテレビ27時間テレビということで実施されていた。
 ぼくには24時間以上実施している意味がまったくわからない。番宣でやる特番も余り好きではない。なぜ一日中垂れ流しているのか、まったく意味不明だ。
 いつもこの長時間番組はタレントさんのための就労の場ご褒美のようなきがする。和尚が特番と思えばいい。クラッシックで言えば、年末の第九交響曲で関係者総出で行うような主旨に思えてしまう。

 24時間テレビの主旨は「愛は地球を救えるか?」だったろうか、ほとんど嫌いで最近は4チャンネルのボタンは決して押さないし、特に見ていないのでよく覚えていないが、チャリティ募金が切っ掛けだったようなきがする。
 そして、いつしか24時間マラソンが番組の柱になった。人々にはひたむきに走っている人の姿から感動を受けたからだ。
 マラソンが日本人は好きだという特性がある。マラソンというスポーツをスタートからゴールまで完全に放映するのは日本独特だそうだ。
 日本人にはマラソンというスポーツに人生を感じるのかもしれない。

 しかし、過酷な時期の長距離マラソンはどう考えても賛成できないし、造られたものは嫌いだからだ。
 白羽の矢が立てられたタレントが、わずかな期間の練習で本番に望むわけだから、精神、肉体ともボロボロになるのは当たり前だし、顔の表情もタレントというより素の状態が如実に出てしまう。
 そして、放映時間内のゴールを目指して、必死になって、業務に忠実に頑張ろうとする。
 もともと、俄仕込みの人たちが、過酷な業務をしようとする姿がそこにはある。
 タレントさんが一生懸命というか仕事に励んでいる姿はある意味、プロ意識を感じるし、ある程度感動をえることも確かだ。
 だからある意味 もう、この計算上よく作られたチャリティマラソンが嫌いになった。

 その中で間寛平さんが走ったのをよく覚えている。かれは長距離マラソンのエキスパートだ。その彼でさえ夏の暑い時期と夜間に走ることは想像以上に疲労する。走ることがそもそも好きな人でもということで、よく頑張りましたと感動を受けることが出来た。
 でも、感動は無理に作り出してはいけないと思う。
 悪い言葉で言えば、似非ドキュメンタリーを垂れ流しているということだ。お笑いタレントの人たちが身体を張って、何かに挑戦しハプニングを起こすことを期待している部分に似ていてどうも好きになれない。
 ぼく自身もオールナイトで歩いたり、過去1月に深川不動尊を夕方出発し、成田山不動尊までの約70キロを歩いたことがある。寒い時期の方がはるかに運動はしやすいのだが、夜間の運動は昼間の2倍も3倍も疲労することがわかっている。
 歩いたという実感を自分が受けたときの方が実は感動は大きい。

 安易な作られた感動になれてはいけないようなきがする。
 本当に筋書きがないから、ハプニングが起きると感動するのだが、無理に行っている人には、当然のことながらトラブルが発生するのは当たり前なのだ。それを番組は期待しているし、見ている人も深層心理で期待している。
 もしこの走者が、長距離マラソンのエキスパートで何事もなくあっと言う間にゴールしてしまったら、視聴率をとれるかというととれないと言うことになる。
 繰り返しになるが、このマラソンではあえて 苦労する姿が出るような内容になっている。
 この24時間マラソンタレントさんに言わせるとロシアンルーレットに似ているかも知れないが、運動にもまったく縁のない、とても走るとは思いもしない人が走った方が番組も視聴率がとれるということだ。

 ぼくは基本的にこの種のスポーツで作られた感動は見ないことにしている。だから、どうでもいいことだけれど、身体をこわすリスクを背負ってまでやるようなことではないと思ってしまう。
 
 どなたも大事に至ってないからいいですけれどね・・・。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト

にほんブログ村 ニュースブログへ

« 今日は何の日だったの?08.19 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.20 »

コメント

くまさん、こんにちは。(*^-^*)
私も同じく!27時間テレビも24時間テレビも、全く興味がありません!
27時間テレビについては、内容があまりにも無さ過ぎる!・・・おかげで、私の大好きな韓国スター“クォンサンウ”さんがゲスト出演したのも、見逃してしまったけれど(T_T)←泣いている! でもあんな番組に出て欲しくなかったなぁ~とも思います。

24時間テレビのマラソンも、意味不明…とおっしゃる方は少なくありません。ラストに決まって合唱するでしょ?「サライ」とか言うんですか?もう私は、アレを聞くだけで鳥肌が立ってしまいます!

もちろん今年も両方とも見ませんでした。

くまさんは、いつも私の言いたいこと、書いてくださるので、気分がスカーッとします!!

こんばんわ。
毎年恒例「24時間テレビ」ですか。
自分は、「どちらでもない派」ですね。
でも、「チャリティーマラソン」に挑戦している芸能人の姿を見て、「暑い中、大変だし、可哀想だな」と思いますね。
出来れば、もう少し「ハンデ」を与えたら良いのにね・・・。
くまさんはどう思いますか?。

がーこさん、こんばんは∈^0^∋
もう少し、チャリティらしい番組が好きですね。
わざわざ24時間放送する必要はないと思います。エネルギーの無駄遣いですし、作られた感動スポーツは不要です。
もう来年辞めたらいいのに。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

H.Kさん、こんばんは∈^0^∋
ぼくは、チャリティマラソンをやらせるべきではないと思っています。
ハンディなんて無用の長物です。
作られた感動スポーツは無用です。
ドラマを作り上げていますからね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは、くまさん

私たち仲間で今日も話したのですが、本当に初めから
最後まで走ったのだろうかと。

何か作られたような気がします。
欽ちゃんが大事が無かったからよいようなものの
あれが病気になったり、死んでしまったりしたら
どうするのでしょうか?

やはり暑い夏に24時間も走るのは無理があると思います。
どうしてもやりたいなら、もう少し涼しくなってから
やるのなら、話は分かりますが。
炎暑にやるのは反対です。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
人はある意味サディスティックなのかもしれませんね。
人が苦しんでいる姿を見ることで感動する。
それも苦しめば苦しむほど、視聴率が上がる。環境が厳しければ厳しいほど、またまた人は見る。それが筋書きがたとえあっても、人は騙されてしまうという典型的なパターンです。
また、すべてを走っていないという噂も、昔から聞いています。
疑わしい似非感動スポーツは辞めるべきです。
いずれ誰かが亡くなるかもしれません。
でも、どうして、作られた感動ドラマを見てしまうのだろうか。
テレビも疑ってかからなければいけないと思いますね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/16175655

この記事へのトラックバック一覧です: 24時間テレビ マラソン 雑感:

« 今日は何の日だったの?08.19 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.20 »