2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.31 | トップページ | 関東甲信 梅雨明け、赤城農水相もけじめ! »

2007.08.01

ドドンガ鈍感!愚鈍!遅鈍!魯鈍!

 愚鈍遅鈍魯鈍!と感じを続けると北朝鮮のミサイルの名前に通じるようだ。
 安倍ぼくちゃんこと安倍晋三)さんの鈍感は生来のものかもしれない。その上に小泉さんからアドバイスを受け「鈍感力」を身につけたものだから、鈍根の人間に磨きが、いや膜がより強く張ってしまった。魯鈍な人が、そもそも、国民の声に耳を傾けても、聞こえるわけがない。
 耳垢がつまっていて、何も聞こえないのだ。
 だから、記者との定例記者会見でもかみ合わない質疑応答になってしまう。
 まさに、トンチンカンだ。
 耳の穴をかっぽじって、カメラ目線ではなく視野を広くして世間をみてみろと言いたい。
 自分を鏡に映してみて貰いたい。裸の王様と言うことも気がつかない。

 自分では言っていることがよくわかるのだろうが、選挙演説でも、何を言っているのか全くわからない。認知症の末期症状だ。

 自民党と公明党と言わなければいけないところを 民主党と言って言葉がつまるし、
[slip of the tongue]で 失言をしてしまった。魯鈍でもよほど頭の中に公明党より民主党が気になっていたのだろう。
 「首相自ら政権選択を迫ってしまった」そして惨敗したにもかかわらず、当初から続投を決めていた。認知症としか言いようがない。
 「僕は絶対憲法改正をするまで辞めないもんね」というところだ。

 まあ、今日になってようやく自民党らしさが戻ってきた。本日の総務会で首相続投批判が噴出した。これでこそ自民党だ、内紛がなければ自民党ではない。
  ようやく、8月末にも実施する内閣改造では「赤城大臣も含めて人心一新する」と明言した。
 安倍さんって、これほどのお馬鹿とは思わなかった。自分で罷免することもできない。
もしかしたら、「この結果を受け止めながら、よく考えたい。挙党態勢と適材適所の観点から考えたい」と言ったけれども、同じことの繰り返しをやるに違いない。

 自由民主党はとにかく時間が欲しいのかもしれない。民主党が自分から転けるのを待っているのだろう。秋の臨時国会で焦点となるインド洋への自衛隊派遣を延長するテロ対策特別措置法改正案についてどのように、国民が納得できるように否決にするかが第一関門だろう。
 そして、組閣も含めて、次期総裁を狙う人たちが暗躍しだしたということだ。

 衆議院を解散したとき、現状維持はできないだろうから、その時にすべての責任を取って辞めていただくと言うことだろう。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?07.31 | トップページ | 関東甲信 梅雨明け、赤城農水相もけじめ! »

コメント

先ほど、赤城農水相が辞任したというニュースがありました。
なんで、選挙前に辞任しなかったんでしょうね?
選挙直後なんてむしろ、遅いという気がしますがね。
それと、何で更迭にしなかったんでしょうね?
そうすればもっと良かったのにと思いますけどね。

あまりにも鈍感すぎて、なにが一番リスクが高いかの判断も出来なくなっていると言うことなんでしょうかね・・・。
どんどん、状況が悪くなっている気がしますね。
ま、戦争に負けているときは、楽観主義が支配する・・・という名言を思い浮かべてしまいます。

おおかた、そんな心境なんですかね。
国の舵取りをする人に危機感がないと最悪のシナリオしか描かれないというのが怖いところですね。

立て続けで申し訳ありません。

なんか、その後の報で「辞表を書かせた」、実質的な更迭というのが上がりました。
ま、どちらにしても「参院選惨敗を受けて、その責任を」という印象をと書かれていたりしますが、もし、選挙惨敗の責任を取らせる・・・と言うことなら、なんか、ひどい思い違いをしていそうですね。
選挙で惨敗したのは(前)赤城農水相の問題以前からある政治資金に対する不信感と、安倍総理に対する総理大臣および政権与党の責任者としての不適格という判断をされたと言うことのような気がするのですが・・・。
過去何十年も自民党が話題のすり替えのようなことばかりやってきて、その不信感の蓄積が今爆発しているのだから、赤城大臣の首を切ったくらいで国民が納得すると思っているのだとしたら、やっぱり駄目ですね。
与党は楽観主義が充満しているんですかね?
総務会ででた批判はガス抜き(国民に対するポーズ)だというつもりでやっていたのだとしたら、やっぱり楽観主義で充満しているんですね。
危うい状況です。
危機感が無くなったらおしまいです。

ワタシはむしろ、個々で安倍さんが辞任して野党に投げるというのが一発逆転策のような気がしますが・・・果たしてどうでしょうね?
ま、利権まみれの族議員集団の人たちにはそんなことは無理でしょうね(w

あまやどりさん、こんにちは∈^0^∋
赤城農水相のささやかな抵抗といってもいいでしょうね。
中途半端な時期にやめて、困らせてやろうとも思ったのでしょう。昨日の会見では赤城農水相の名前をあえて出して一新すると行っていたのですから、やめない方がおかしいです。
 嫌らしい安倍さんです。
 もう、経済界も二股膏薬し出しましたから、民主党に移ったときのことを考え始めていますね。( ̄∀ ̄*)イヒッ
 企業は計算高いですから。
 いまは、自民党の総裁になりたい人たちも、火中の栗を拾痛くないということではないでしょうか。
 様子見だと思います。何せまだ自民党にとっては、逆風の材料がめじろ押しですから。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/15968389

この記事へのトラックバック一覧です: ドドンガ鈍感!愚鈍!遅鈍!魯鈍!:

« 今日は何の日だったの?07.31 | トップページ | 関東甲信 梅雨明け、赤城農水相もけじめ! »