2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ロールケーキ丸ごと食べちゃう!パティスリー・ルミエール | トップページ | 今日は何の日だったの?08.17 »

2007.08.17

かわいそうな課長!減量死亡!七人のメタボ侍

 伊勢市の職員 それも健康福祉部課長メタボリック症候群を解消するために、休日の運動中に虚血性心疾患で死亡してしまった。
 三重県の伊勢市で「七人のメタボ侍 内臓脂肪を斬る!」なんて企画をした上での死亡だ。訴えた方がいい。間違いなく業務命令による死亡だ。
 この課長はかなり追い詰められていたのだろう。
もしかしたら、とてもまじめな性格で仕事熱心だったのだろう。この人が健康福祉部課長だったことがさらに悲劇だった。
 腹囲が100センチあり、「10センチ減」を目標としていそうだ。期限はどのくらいだったのだろうか。
 いくらなんでも、10㎝のウエスト減は大変な作業だ。
 目標の設定が大変だ。
 このようにウエストが100㎝もある人は、体重もかなりあると思っていい。
 つまり、太ってしまうまで運動を余りしていなかったことが楽に想像できる。
 
 ランニングはひざや心臓に負担がかかるから、まずしてはいけないだろう。ウオーキングも余程足腰の筋肉を鍛えてないと、体重を支えきらず、ひざや足首に負荷がかかり、ひざに水がたまったりしてしまうのは、ちょっとウオーキングをしている人ならばわかることだ。
 そしてこの猛暑の中での運動だ。例え早朝でも慎むべきだ。
 最初はとにかく、毎日10分間歩くことを3回ほど行ってから、心肺機能と筋力を付けていかなければいけない。そのために、1、2ヶ月くらいゆっくりと行い。運動をするからだに変えていかなければいけない。
 ある程度、減量と運動のリズムが出来てきてから、運動量を増やすべきだ。

 ぼくならば、一年間かけてウオーキングに励むことと、カロリー計算を複合的に行い、医師の診断と栄養士と家族の応援のもとに行わないととても危険な行為だ。

 また同士の健康福祉部長は無責任な発言をしている。
----------------------------------------
  「亡くなったことは痛恨の極み」としながら「死亡と減量の因果関係はなく、減量のために運動すること自体は健康に良い行為」と述べた。同市は企画を継続し、予定通り、10月11日に減量の成果を市民に公表する方針という。
----------------------------------------

 何を言っているのだろうか、どう考えても 業務命令による結果を出さなければ行かないと思った行為とストレスによる死亡だ。

 死亡と減量の因果関係も 綿密な医師との連携による減量行為を行っていなかったための業務上の死亡だ。

 このような市の健康福祉事業は信用できない。
 ぼくが家族ならば市を相手に間違いなく訴訟を起こす。
このような企画は市の職員と市民が全員で安全に行うことが絶対的条件だ。
 人の命がなくなってしまう企画はもうその時点で問題があるということに他ならない。
 
  亡くなられた課長のご冥福をお祈りいたします。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイトにほんブログ村 ニュースブログへ

驚異のウォーキング革命 体も頭もよくなる
内臓脂肪「そうじ」力 医師が実証! メタボリックシンドローム克服法 icon

« ロールケーキ丸ごと食べちゃう!パティスリー・ルミエール | トップページ | 今日は何の日だったの?08.17 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/16147895

この記事へのトラックバック一覧です: かわいそうな課長!減量死亡!七人のメタボ侍:

« ロールケーキ丸ごと食べちゃう!パティスリー・ルミエール | トップページ | 今日は何の日だったの?08.17 »