2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 電話を掛けて聞け!社保庁の大ばか!『名前の読みがわからないときは漢和字典』なんてあり得ない!! | トップページ | 今日は何の日だったの?09.22 »

2007.09.22

デジカメの画像をきれいに印刷する解像度の求め方は? 

 意外と難しいのが、スキャナーで読み込む場合の解像度デジカメ写真解像度インクジェットプリンターで印刷するときの、絶対的な解像度の考え方だ。
 また、どの程度の大きさの用紙に印刷するかによって、デジカメの画素数を考慮することもできる。
 じつは、きれいに印刷するには最低これだけ必要という絶対的な解像度があります。 但し、この際 インクジェットプリンターの解像度は無視します。 

 インクジェットプリンター
 L判(横127×縦89ミリメートル)に印刷する適当な画像データのサイズを求めるには?

※インクジェットプリンターは
 1インチ25.4ミリメートル)あたり 300画素の解像度で上限に あたる。
 と言うことを認識しておきましょう。

ゆえに、L判の最適なサイズを求めるには 次の式で求めることができる。

◎ 『用紙サイズ÷25.4×300
・横 127  127÷25.4×300= 1,500ドット
  ・縦 89     89÷25.4×300= 1,051ドット
    画素数は 1,500ドット×1,051ドット= 157万6,500画素の画像データで十分。 
    計算上L判ならば200万画素のデジカメで十分。

人間の目の限界:用紙上での画素の密度が300~400dpiを超える画像データを使っても、人間の目では違いを認識できない のだそうだ。

  例2:A4判の場合
 ・横297  297÷25.4×300 = 3,507ドット
 ・縦210  210÷25.4×300 = 2,480ドット
    画素数は 3,507ドット×2,480ドット = 844万4,856画素の画像データ 

では逆に、『画像の解像度が足りなくてぼやけている』という場合は、300dpiを下回っている場合だ。
 計算式は 上記の式を移行すればいい。
    たとえば 1,500÷297×25.4 = 約128dpi  となることがわかる。
   
 スキャナーで画像を読み込むときや、デジカメ画像を印刷するときの目安になればと思います。
 但し、文字の感度は画像の視覚限界が300~400dpiなのだが、白いか身の上に印刷された黒100%の文字を見る場合、人間の目の感度はずっと高くなり『数1,000dpiの分解能がある』そうです。
                    ※ 参考:日経パソコンNo.532号より

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
くまさんのパソコン教室

« 電話を掛けて聞け!社保庁の大ばか!『名前の読みがわからないときは漢和字典』なんてあり得ない!! | トップページ | 今日は何の日だったの?09.22 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/16524921

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメの画像をきれいに印刷する解像度の求め方は? :

« 電話を掛けて聞け!社保庁の大ばか!『名前の読みがわからないときは漢和字典』なんてあり得ない!! | トップページ | 今日は何の日だったの?09.22 »