2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?04.03 | トップページ | その手があったか? 日銀総裁 »

2008.04.03

本物って、すごいけれど

 もう3ヶ月以上前の番組の話だけれど、NHK教育テレビで年末に世界有数のプリマドンナの演じる瀕死の白鳥を流していた。
 もう、年末には紅白歌合戦を筆頭につまらない番組が多いときには教育テレビが面白い。
 さて、この『瀕死の白鳥』の演技はすごかった。カナイと見ていて、プリマがどんどん本物の白鳥に見えてしまうのだから、その演技力と言ったら尋常ではない。
 手の動きが、羽に見えてくるのだから本当に鳥肌が立つくらいだ。
 その数時間後に実はジルベスターコンサートにチャンネルを映すと、なんと日本有数の?バレリーナ 草刈民代が演じる『瀕死の白鳥』を見てしまった。
 大変申し訳ないが、月とすっぽんで、方や本物の白鳥に見えたのが、草刈民代演じる白鳥は紛うとこなき人間という感じだ。
 どうも羽ばたく感じが、ぎくしゃくしていて柔らかさを感じない。
 芸術性の怖さとは、見て判る、聞いて判る所が怖いというか、演じるものに恐怖感を与えるというものだろう。
 しかし、世界のトップと日本のトップでこれだけ違うということを感じたとき、力の差が歴然としてしまう。
 だから、本場はすごいということだ。同様なことが、同じことをしていても、まったく次元が異なると言うこと。サッカーでもベースボールでも、次元が違うと言うことを感じるべきだ。
 さて、政治の世界は本物がいないと感じる昨今。
 次元なんて言える代物ではない。与野党ともすべての政治家を総取っ替えしたいくらい。

 すべて、政治家になるために頑張っている人間と政権を奪取するために頑張っている政党。そこには、本当の国民生活を良くしようなんて思っているとは感じない輩ばかり。
 見た目では本物と偽物がわからないのが、政治の世界のように感じる。

 しかし、ここ数ヶ月与野党の攻防を見る限り、日本の政党や議員は、ほとんどが偽物と感じてしまう。
 早く本物の政治家が現れないと、構造改革は進まないということだ。

 元高知県知事の橋本さんが頑張るかも?

« 今日は何の日だったの?04.03 | トップページ | その手があったか? 日銀総裁 »

コメント

こんばんは、くまさん

あの草刈民代でも、世界では通用しませんか?
やはり、上には上がいるという事ですね。
それも月とすっぽん?
がっかりですね。

芸術の良い所は、良いものは良い
悪いものは悪い。
素人にも分かる所ですね。
なぜか分かっちゃうんですよね。

やはり、日本の土壌がちまちましているから、そういう
事になるのでしょうか。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
あの瀕死の白鳥の違いは見事すぎるくらいでした。
素人でも判ります。草刈民代はやはり、日本のトップかもしれませんが、世界ではボチボチということです。
これが現実です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/40752703

この記事へのトラックバック一覧です: 本物って、すごいけれど:

« 今日は何の日だったの?04.03 | トップページ | その手があったか? 日銀総裁 »