2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.28 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.29 »

2008.05.29

中国人民解放軍は何しているのだろうか?

 中国四川大地震で 米空軍の輸送機2機が人道支援物資輸送のため中国国内に派遣されているようだが、今度は、日本の自衛隊に現地への支援物資を「北京などから被災地に飛行機で運んでほしい」と要請してきたようだ。
 困っていることはよくわかるのだけれど、なぜ?という二文字が浮かんでくる。

  救援活動に携わる人民解放軍と武装警察部隊はすでに10万人規模となっているとも聞くのだが、少ないような気もする。

 中国には人民解放軍が多数いるはずだ。彼らは一体何をしているのだろうか。

人海戦術の得意な中国としては、この戦術が使われていないように感じる。
 地震によるダム決壊、土砂崩れダムの対応についても、へりで現地に運べば効率は格段に違うにもかかわらず、人海戦術で人間が10キロの爆薬を担いで、現場に赴くというニュースが出ていた。
 でも、なぜ?ヘリコプターや軍の器財を積極的に使わないのだろうか。

膨大な軍事予算を持っていることでも話題になった。
--------------------------フレッシュアイペディアより引用
総兵力231万人、予備役約50万人、他に人民武装警察150万人(2001年、以下同じ)。また、人民公社単位での民兵がおおよそ600万程度いる。
ミリバラでは  総兵力約210.5万人 (陸軍約160万人、海軍約21.5万人、空軍約25万人)
--------------------------

 日本の自衛隊が災害時に派遣され、復旧支援活動に当たることを、人民解放軍にもさせればよいと思うのだが、どうもその辺がどの様になっているのかが判らない。

------------------災害派遣の仕組み
  陸上自衛隊は、国内における地震・風水害・火山噴火・雪害などの自然災害や火災・海難・航空機事故などの際の救助、山などでの遭難者救出などの「災害派遣」に携わり、国民の生命や財産の保護に寄与しています。

 自衛隊は、天災地変その他災害に対して人命または財産の保護のため必要があると認められる場合は、都道府県知事等の要請(ただし、特に緊急を要する場合は、要請を待たずに)に基づき、防衛大臣またはその指定する者の命令により派遣され、捜索・救助、水防、医療、防疫、給水、人員や物資の輸送など、様々な災害派遣活動を行います。また、自然災害の他、航空機や船舶の事故等の救援、医療施設に恵まれない離島などでは救急患者の輸送などにも当たっています。
---------------------------
http://www.mod.go.jp/gsdf/task/saigai_shikumi/index.html

 一体、そのたの大多数の解放軍は今現在は何をしているのだろうか。

 災害派遣による自衛隊の食糧支援や風呂施設など、参考になる点が多数ある。
中国共産党の指示で、胡錦涛さんの鶴の一声で人民解放軍を現地に派遣して、軍の施設を利用し災害救助に当たれば、もう少し被災者のためになるのではないだろうか。
 まあ、情報統制をしているから現状はよくわかりませんが・・・。

 諸外国が支援することはやぶさかではないけれど、自分達の軍がどの程度、四川大地震で対応しているのか?  どうも疑問だ。

なぜ、総動員しないのだろうか?

 被災者数が1,000万人超となっていることを考えると、未曾有の大惨事だ。
 東京都民全員、 埼玉県(711万人)、千葉県(611万人)、茨城県(297万人)を比べてみても凄さが判る。

  中国の総人口13億人超から言えば、対したことがないと言うことか?
   相も変わらず、情報が少ない気がする。

 まあ、いずれにしても、様々な思惑が絡んでいることだけは確か。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 今日は何の日だったの?05.28 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.29 »

コメント

軍を動かさないと胡錦涛さんは本当は軍を掌握していないのではないか?ということになるけど、そんなにあわてている風でもないから、余裕なのか(指導部が)
外国から貰える分は貰っておこうっていうことじゃないでしょうか。

TVのレポートを見る限り、言葉の障害が大きいのだと思います。
日本からの人的援助に難色を示しているのも日本人スタッフ1人にコーディネーターを2~3人つける羽目になるからだと思います。
普通語(標準語)すら話せない人が多いみたいですから、中国人医療スタッフすら通訳が必要な状態なんだと思います。

人民解放軍も地方色が大きいから、下手をすると中国人同士なのに通訳が2人ぐらいいることにもなりそうです。

と書いたけど、その実、辺境のことなんて北京はしらねーよ、ってことだと思います、たぶん・・・

BING DONGさん、こんにちは∈^0^∋
変な結末になりましたね。
どうも、中国は真剣に人民解放軍が被災者対策を行っているように見えません。
 このような国なのでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/41359941

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民解放軍は何しているのだろうか?:

« 今日は何の日だったの?05.28 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.29 »