2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« パンダはいらない! | トップページ | 今日は何の日だったの?05.05 »

2008.05.05

バカな親 親の責任

 またまた、エスカレーターに指を挟まれた4歳男児がケガをした。ケガと言っても、指先が潰れていると言うから、大変な事故だ。
 これは、事故と言うより 親の過失。保護違反だ。
 ひとりでエスカレーター付近にいて自分から災難の中に飛び込んだということだ。
 自分の子供を目の届く、制止の効く範囲から 自ら遠ざけてしまったのだから、親の100%の責任だ。
 エスカレーターメーカーにまったく非はない。
 バカな親に育てられるとこのようになるという典型的な事例だ。
 悲しいことは、子の親に育てられていると言うこと。
 家族6人できて、だれも注意を払わなかったということもまた驚きだが、最近の親も、祖父母も幼子を危険の中にさらしていてもまったく気にすることすら、注意なんてまったくしない。公共機関等で周囲に迷惑をかけていても、自分の子供や孫に注意もしないんだから、どうしようもない。

 公園や歩道で散歩中の犬のリードを外してはいけないにもかかわらず、外しているバカも多いけれど、犬の場合は第三者に危害を加えるかも知れないということをすっかり忘れている。人間でさえ、何時何時狂ったものが放し飼いになっているかもわからないのだ。
 どんなに躾の行き届いている犬だって、いつ獣に戻るか判らない。
 犬が人間に危害を加えている事例はいまだに跡を絶たない。
 これまた、飼主が自分のペットだけは大丈夫なんて思っているに違いない。
 絶対大丈夫なんてことはあり得ない。

 ドイツに行ったときなんかは、動物に口の部分にネットがかぶせられていたことを思い出す。

 バカな親とバカな飼主。そんな日本人がどんどん増えてしまって、末恐ろしい。
 そのような典型的な人間たちが国会議員だから推して知るべしだ。

 ああ、これでまた、自分の責任で子供の指が潰れてしまったにもかかわらず、損害賠償なんかするのだろうね。
 世も末だ。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« パンダはいらない! | トップページ | 今日は何の日だったの?05.05 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/41100476

この記事へのトラックバック一覧です: バカな親 親の責任:

« パンダはいらない! | トップページ | 今日は何の日だったの?05.05 »