2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.26 | トップページ | イチローの三千本安打より »

2008.07.27

無差別殺人の異常報道?!

 いつも無差別殺人でマスコミの余計なお世話の報道がこれでもかと続いている。
先だっても、マスコミのニュースとしての報道はあくまで5W1Hが基本でそれ以上は蛇足でしかないと思っている。
 実は、マスコミは一つのニュースで延々と何日も引っ張る。この段階で、ニュースではなくなり、スキャンダラスで興味本位なワイドショーネタと変わってしまう。
 つまり、殺人犯の不可解な親子関係とか犯行動機について一応専門家と呼ばれる人たちを招いてはああでもないこうでもないと憶測をする。
 どんなに分析したって、本人しか判らないというのが結論だ。
 真実は本人のみが知っている。本人が本音を吐かない限り、あくまで推定で、憶測でしかない。
 そして最近では学校、職場では孤独だったなんて形容詞も踊っている。
だれが一体孤独といったのだろうか。孤独だから、殺人を犯したとも言えないし、あくまで、孤独だから殺人事件を犯したと言いたいようだ。
 孤独と感じている人は、たぶん昔と比べたら多くなっているのではないだろうか。
 パソコンゲーム、ブログなど自分と機械だけに向き合っていることでは孤独でしかない。
 
 もっと、リアルな社会に出て、話をするなり、議論をすることが必要なのではないだろうか。本来学校で社会生活を学ぶのだが、学年を超えた関係が希薄になってしまっているように感じてしまう。昔のような、ガキ大将がいなくなっているようだ。
 もしかしたら、友達の概念が変わってしまったような気がしてならない。
 自分で道を開く努力も必要だし、アウトサイダーにしないという環境も必要だ。

 マスコミは話題を広げようと、被害者宅や献花台で報道陣が待機しては取材と称して、ストーカーまがいのことを平気でしている。
 いくら仕事とはいえ、ここまでする必要が報道にどこまで許されるのだろうか。
 真実の報道がマスコミの仕事だとすれば、もうここまでは必要ない。
 疑惑があって真実追究ならまだ判る。税金の無駄遣い等、役所に対する疑惑追及ならば、真実を追究ということでは許されるのだが、一般人の被害者に対しては許されてはいけないのではないだろうか。 

  マスコミが連日面白可笑しく報道すればするほど、一部の影響を受けやすい人間には、それが教科書となってしまうことを考えながら報道して欲しい。
 また、テレビで『だれでもいいから○○したかった』と報道している。
 この言葉を聞くだけで、また、第二、第三の同様な事件を誘発しそうで怖い。

 一体どうやって、自分の身の安全を確保できるのだろうか。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 今日は何の日だったの?07.26 | トップページ | イチローの三千本安打より »

コメント

おはようさん。
まったく報道の対応には疑問がありますな。
それもこれも、業界人員が多すぎるのと放送時間が長
すぎるのでしょな。テレビも基本的にはpm11時迄にして
も十分で、エネルギー消費削減・CO2排出量削減からも
有効でしょう。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
そうですね。放映時間を深夜はやめた方がいいですね。環境に優しいことは間違いないです。
 深夜の放送はほとんどが映画の垂れ流しですから、無意味ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/41981614

この記事へのトラックバック一覧です: 無差別殺人の異常報道?!:

» [ゴーログ] 事件報道:社会の責任論を唱える前に [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「くまさんの自立」さんが「いつものことながら、 [続きを読む]

» 真日本主義・衣食足りても礼節を思い出せない。 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「戦後民主主義は民主主義じゃぁない!!」について  衣食が足りれば、礼節は思い出せると、必死の思いで手に入れた飽食の時代だった。追いつき追い越した高度成長経済で、ジャパンアズNo1の希望と自信も勝ちとった。ところが、それもつかの間、毎日のように起きる、理不尽な事件をながめながら、いまさらのように「どこで間違えてしまったのだろうか?」と自問自答している。衣食が足りても、礼節はそれに反比例して、どこかに消えてしまったような今日だ。  ケネディの有名な演説に「国家が諸君になにをしてくれるかを問...... [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?07.26 | トップページ | イチローの三千本安打より »