2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 何のための内閣改造か?着実に実行福田康夫? | トップページ | 今日は何の日だったの?08.01 »

2008.08.01

花火大会はキ・ラ・イ!!

 花火は大嫌いだ。昨日も、近所の公園でお馬鹿立ちが午前2時過ぎに花火をバンバンならして、騒いでいて、今日はちょっと寝不足だ。
 どうして、夏になるとおばかがたくさん出てくるのだろうか。それも、おばかほど、深夜と鳴り物が大好きで困る。加えて、何故か奇声を発する。笑い声もデカイ!深夜でも、人の迷惑なんて考えられないのだろう。普通の人は寝ているということも配慮できない奴らだ。
 この子供たちの親は一体どう子供を管理しているのか知りたい。
 子供を管理できていないのだろう。
 深夜の二時過ぎだ。いくらなんでも異常と言わざるを得ない。
 ぼくはエコの問題を別にして、コンビニエンス・ストアの深夜営業には反対だ。コンビニは防犯に役立つと言っているが、夏は特に逆におばかのたまり場にもなっていることを忘れてはいけない。
 おばかは、夜の蛾と同じで、光に集まってくる。そして、バカな声を発しては、自己充足をさせている。それがどんなにむなしいことかは本人が一番よく知っているのだ。花火は人間の空しさをも表現しているのだが、おばかは花火が大好き。自分達を投影しているようにも感じる。花火のように目だちたいのだろう。

 さて、今週土曜日が何故か一番花火大会が集中する。
 花火大会の何万発という表現でずいぶん多い所があると思った方がいると思う。実は数え方にからくりがある。

 田舎の花火は、一発上がると、お休みがたくさん入る。しかし、何故か発数だけは多いのだ。お江戸の花火は、連発で短時間で一斉に上がり、みててもはでで楽しいのだが、田舎ほど、人を集めたいのか、数だけがやたらに多い。
 以前、ある花火大会に係っていたときに、途中から雨が降り出して、一斉に上げたらば、いつもは3時間ぐらいだらだらとかかる時間が、30分で終わってしまったことがあった。いい加減なものだ。
 実は、花火の数の数え方に標準はないそうだ。つまり、打ち上げた花火のたまの数を打ち上げ数として表示している所と、上空で広がった数を数えている所があるということだ。スターマインを一発と数えるか、スターマインを打ち上げたあとに広がった花火の数を数えるかで、月とすっぽんくらいに花火の打ち上げ数が異なる。

 打ち上げ数が多いからとネットで見ていくと『あれっ』と言うことがある。
 花火大会の費用も実はバカにならない。これも行政の予算であっと言う間に花火のように数千万円が消えてしまい、花火業者に振り込まれるということだ。
 花火を見るのか、そのぶん減税して貰うのか、ほかに使って貰うのか、実は考えた方がいい。
 夏の風物詩の花火大会も、各市町村が競ってやるならば、近隣どうし隔年にして貰って、花火大会の予算をもっと有意義なものに使って欲しい。
 例えば、救急医療とかにね。

 花火大会の後片付けも大半なのだが、おばかほど大会が終わっても、自宅に帰ろうとしないで会場にいるから本当に邪魔だ。
 花火が大好きなお馬鹿立ちに、花火大会の準備から後片付けまでやって貰うと大変さ加減がよくわかるはずだ。
 裏方をやらせてみないと、真実が見えてこない。
 花火って、夏の風物詩だが、最近は無駄なような気がしてならない。

追伸:花火大会にいったら、裏方で働いている人のことを考えて、汚さず、早く帰ってあげて下さい。遅くなれば、皆さんの税金で残業代が加算されるだけです。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 何のための内閣改造か?着実に実行福田康夫? | トップページ | 今日は何の日だったの?08.01 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42029466

この記事へのトラックバック一覧です: 花火大会はキ・ラ・イ!!:

« 何のための内閣改造か?着実に実行福田康夫? | トップページ | 今日は何の日だったの?08.01 »