2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.05 »

2008.08.05

エスカレーターの盲点 重量制限

 エレベーターの問題は シンドラー社エレベーター死亡事故があってからというもの、エレベーターに乗るときには、会社名と点検時期を何げなく見てしまうことが多い。
 エレベータならば、体重制限はわかっている。
皆さんも込んでいるエレベーターに最後に乗った瞬間、ブーっと警告音が発せられたとき、とても気まずい思いをしたことがあると思う。
 電車がホームに来たのを察知して、急いで乗ろうとしてドアが閉まったときと同じような気まずさだ。まあ、都内の場合は、数分おきに来るから、駆け込み乗車は危険だからやめようね。
 さて、今回のエスカレーター事故については、重量制限があるとは思っていたけれど、まさかこんな事故になるなんて全く想像していなかった。
 しかし、画像を見る限り異常なすし詰め状態だ。
 今回のスクープ映像NHKのものが一番詳細だ。これを見るとまさに逆走していることがよくわかる。
 それにしても、気持ちの悪いくらいにぎゅうぎゅう詰めで、エスカレーターに我先にと乗ってと言う状況が映像から伝わってくる。それもほとんどが男ばかりだ。

 ほとんど男性で密着していて、良く乗る気持ちになるかと思ってしまうくらい気持ちの悪い映像だ。まあ、こんな状況で事故にならない方がおかしい。
 例えエスカレーターが重量に耐えられなくても、一人先頭の男性が具合が悪くなり、後ろに倒れたら、もっと悲惨な事故になっていたということだ。
まあ、このようなイベントに行く人たちの物欲にかける異常さがよくわかる。

 実は、状況は異なるが、2001年 明石歩道橋花火大会見物客将棋倒しになって11人が死亡したことを思い起こした。混雑をしていると人は冷静さを失い、自分のことしか頭にないことを思い出してほしかった。明石の事故はようやく示談補償へとこぎ着けている。今回は幸い軽傷に終わっているけれど、主催者側の対応の甘さがあったのだろう。

 いつものことだが、展示場側主催者側でエスカレーターに乗り込む乗員について制限指導をした、聞いていないという責任転嫁の状況がニュースから伝わってくるのだが、映像を見る限りは、参加者も参加者という感じだ。マナーも常識も全くない。
 事故が起こって当然の状況だ。
 余談だが、東京ビッグサイトはエスカレーターが多く、併設された階段がない所が多い。特に、会議室関係はエスカレーターだけだ。設計にも問題がある。
 東京ビッグサイトは、見学者にとっては利用しにくい設計だ。幕張メッセの方が、フラットでわかりやすい。
 さて、このような人たちのイベントを主催する人たちは、相手の心理状況、行動パターンをよく知っているわけだから、もっと徹底的な人数制限をするべきだった。全く、明石歩道橋死亡事故の教訓が活かされていない。もしかすると、7年もたつと忘却の彼方と言うことか。
 異常な雰囲気の人たちを管理監督するのは、主催者側の責任だ。

 それにしても、一ステップに2人、もう一ステップには1人という組み合わせで乗ることが通常の設定だとは知らなかった。
 通勤時間の東京駅なんか、片側びっしりとステップにたち、一方は歩いて登っている。
確かエスカレーターは歩いて登ってはいけないとも以前の事故で聞いたことがある。
 もしかしたら、エスカレーターの方が危険かもしれない。
 できれば、エスカレーターも重量制限で、警告音が発せられるとうれしい。そして、階段も変な所に、設置するのではなく、平行して階段を設置してほしい。
 有楽町の高層映画館で鑑賞後、階段で下りてくるのが一番早い。
 時には、階段の方が安全で早いと言うことの方が多いのだが、最近のしゃれた建物は、エスカレーターが目につく所にあり、階段は非常階段しかない所も見受けられる。
 階段を見直し、エスカレーターもすし詰め状態では乗らないようにしたいものだ。

 でも、わざわざ、ワンステップ開けてエスカレーターに乗っても、詰めてくるバカがいるから困る。自分の身は自分で守りたいけれど、マナーが悪い人間がいると、いつの間にか運命共同体になってしまうのが怖い。

 当分の間、エスカレーターの安全が確保されるまで、メタボ対策も兼ねて階段を利用しましょうか。

« 今日は何の日だったの?08.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.05 »

コメント

こんばんは、くまさん

本当に衝撃の映像でしたね。
スシ詰め状態も良い所。
こんなに乗れるのかと思うほど乗っていました。
あれでは器械もビックリするでしょうね。

起こるべくして起こった事故かも知れませんね。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
衝撃の映像ですね。
エスカレーターが逆走したら怖いです。
やはり、適量があるわけですが、乗り方をエスカレーターの場合はあまり聞いたことがありませんでした。
今回の件で、とても危険な乗り物と言うことがよくわかりました。
 急がないときは、階段が一番です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

エスカレーターの事故についても
安全工学の秀逸ブログです。

清水久二・横浜国大名誉教授(安全工学専攻)
主として確率・統計学に基ずく機械制御システムの安全技術を担当。
http://blogs.dion.ne.jp/tabigarasu/archives/7460888.html

私のコメントとしては、
事前にリスクを合理的説明で判り易く伝え、
さらに、メンテナンスなどのランニングコスト
をトータルで提示できたメーカーに商機が
あると思います。
やる気のあるメーカー経営者、エンジニア、
デザイナーが現れることを切に願います。

この事件は
「エスカレーターに乗っていた人達は悪くない。悪いのは製造・点検業者だ」
「メーカーに責任はない。定員を無視して乗った人達が悪い」
の対立になっちゃってますね。

いわゆる「オタク」と呼ばれる人達は「製造・点検業者が悪い」と言い、マスコミは「エスカレーターにあれだけの人数を乗せる警備員や先を争ってエスカレーターに乗るのが悪い」と言い、それに対し「オタクはいつも悪者扱い。マスコミはオタクを排除しようとする」と、感情論で返すオタク。


他者を非難する事で自分の正当性を証明するのは、大人げないですねぇ。
(日本の近隣諸国には、こういう国民性の国が多いですね)

ひぃーやんさん、こんにちは∈^0^∋
あとでご紹介頂いたブログ見てみます。
安全を購入するのであれば、良いのですが、どうも、最近は安全を購入と言うよりも、安さを追求している節があります。
 事故が発生しなければ、問題提起されないなんて困ったものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

たくぞうさん、こんにちは∈^0^∋
イベントに集まっている人たちの異常行動を主催者側は全力を尽くして、安全に誘導しなければいけません。
主催者側の責任は大きいです。
 Disneyのやり方を以前は結構参考にしている所があったのですが、油断が今回の事故を招きましたね。
 ただ、かれらも、我先にという異常行動にも困ったものです。冷静さを失ってしまっては、事故を誘発しているようなものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42069084

この記事へのトラックバック一覧です: エスカレーターの盲点 重量制限:

« 今日は何の日だったの?08.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.05 »