2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.14 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.15 »

2008.08.15

悲壮感とアッケラカン オリンピック雑感

 フジテレビが期待していた日本オリンピック柔道。鈴木桂治のあっけない負け方。悲壮感がいっぱい漂っていて、これがいまの柔道界の抱える問題と雰囲気ではないだろうか。
 そんなに深刻になることはない。みんなは期待しているかもしれないけれど、今年の柔道は負けると思っていたぼくにとっては、こんなものだという感じだ。マスコミも期待しすぎだ。
 もう間違いなく男子柔道は「ジャケット・レスリング」に負けてしまった。
 鈴木桂治の場合は二回とも簡単に言えばタックルワザで背中のゼッケンを付けられ、一本負けしてしまった。
 学習能力がないし、日本柔道の弱点だ。一本勝ちに固執するばかりで、倒して背中のゼッケンを付ければ一本というジャケット・レスリングに負けてしまった。
 一本にこだわることも、大切だけど、負けてしまえば、マスコミは一気に離れていき、人気が落ちてしまう。日本柔道界役員の頭が筋肉ではダメということだ。
 やはり、マネジメントも選手育成と同時に育てなければいけない。
 そして、期待されてると思っているかも知れないが、期待などしていない。
 マスコミだけが煽っているだけで、実は視聴者の方がもっと冷静だ。

 途上国はメダル数にこだわるのは国威発揚と民族の団結のために利用しているに過ぎない。
オリンピックも中国では異常な盛り上がりとまさに人心掌握術のサーカスに騙されているのだが、ある程度先進国ではイベントとしか感じていない。番組の一つでしかない。

 日本では特に、メダルを取ると思って期待した番組作りが、初戦敗退となると、ボロボロのなんだか判らない、雑談に終わってしまう。今回のフジテレビは典型的な例だ。
 こんな危険なことまでして今後も視聴率競争をするだろうか。今年はアテネに比べて大変静かに感じるのだが、もっと静かになることが予想される。

 さて、野球も同様で、良くて銀メダルかも知れない。キューバの試合後の監督の言葉が日本の野球チームの力を的確に表現している。何でスマップの中井司会者でいるのかも不可解。
-----------------------
キューバ・アントニオ・パチェコ監督 日本は手ごわかったが、我々も素晴らしいチームだ。日本は多くの選手が米国でプレーしていてベストチームではないが、特に投手が頭脳的な投球をしていた。初戦をものにできたのは大きい。
-----------------------

 WBAの時を期待してはいけませんということだ。イチローもいないし、松坂もいない、福留などもいない。
 星野監督も日本球界でのベスト選手を選択したのだろうが、ちょっと試合を垣間見たけれど、意気込みが感じられない。覇気を感じない。台湾戦も負けるかと思った。
 余談だが、日本選手の身だしなみももう少し何とかならないだろうか。
 暑い中で、髪の毛が長くて、見ている方が気持ちが悪くなってくる。せめて髪の毛ぐらいはさっぱりしろと言いたいのだが、どうでもいいか。日本の野球を見ていないのでほとんどの選手が誰だか判らない。
 
 マスコミは、あっけらかんとした体操の内村に救われ、平泳ぎの北島康介に再度救われ、オリンピック番組、ニュース番組はほとんどこの2人の繰り返しだった。
 もっと、体操の内村のようにあっけらかんとした人たちを育てないと悲壮感が漂ったつまらないスポーツになってしまう。
 オリンピックはスポーツ選手を育てるための格好の宣伝場所なのだが、どうも、日本では、メダルばかりに固執している。
 もっと楽しんで、競技をして欲しい。メダルなんてどうでもいいし、応援はするけれど、何故、あれほどまでに応援して興奮するのかがぼくには判らない。
 メダルを取るために、選手たちは頑張っているのだろうけれど、楽しんで選手の人たちは競技をして欲しい。その結果が、メダルにつながると思うのだが、中国のようにメダル至上主義になってしまうと、スポーツではなく、スポーツの戦争でしかない。

 メダルを多く取ったからって、それがどうしたという感じだ。メダルが多いから民族が優秀なんてことは全くない。
 メダル数は国が強いというイコールでも結べない。その人自身の才能と努力があったからだ。
 先進国では、メダルを取ったサラリーマンがごく普通のサラリーマン生活を送っているというのが実情だ。そんなものです。
 ちやほやするのは、マスコミだけ。それも、その時だけか、4年に一度、注目される。

 中国の応援なんか、ものすごいものだ。思想教育や教育があのような人たちを育てることがいかに簡単なことかがよくわかる。まあ、徐々に、地方から箍が外れかかっているようだが、統計上13億以上の人たちを掌握するためには、このようなことをしないと無理なのかもしれない。
 中国が今後どう一つの中国で行くのか、分離独立するのか楽しみ。

 でも、お盆なのにもかかわらず、このクソ暑い中でテレビはオリンピックばかりで面白くない。
 ごく普通のニュース番組を流してほしいものだ。オリンピックはその中のスポーツ報道で十分。
 

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 今日は何の日だったの?08.14 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.15 »

コメント

こんばんは、くまさん

メディアは、視聴率至上主義ですから、煽る煽る。

しかし、鈴木選手が余りに早い負けで、フジテレビは凍り付いていました。
気の毒やら、面白いやら・・・・・

それも一度メダルを取ると、その人の生い立ちから
親兄弟までも出して来て、それが各TV局ですから、一日中同じ人を
見る事になります。
飽きますね。
普通のニュースが見たいです。

こんばんは、くまさん。
昨日は、終戦記念日ということで、私のブログでもコメントを記事にしました。(URLに記載しましたが、もし良ければ立ち寄ってみてください。週に1度は、へんてこりんな発言があることはお許し願います。)

私は、あまりテレビを見る機会がありません。オリンピックの報道もパソコンのワンセグでニュース番組の概略を知る程度です。(そもそもテレビがないので、受信料を払っていません。)
それでも、ワンセグ画面の中の人達は、自分の仕事のためにやっている事のような気がしてなりません。

たしかに「人を応援する」という気持ちは、じぶんを大切にすることにつながりますので、あまり変なことを言いたくないのですが、それを分かっていて、図に乗るテレビの中に人達にはうんざりしています。

でも、このような報道で日本の現状を忘れることはないと思うのです。オリンピック終了後の報道姿勢はどうなることやら。

もしかすると自然災害の警告等に注目するような気がします。つまり、視聴者に現実を直視させないようにする姿勢を続けるのではないかと思うのです。(これが本当に現実になると2重、3重の意味で怖いことですが。)

世を憂いても仕方ないので、今から「小さな死」という睡眠をしようと思います。おやすみなさい。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
もう、マスコミのバカさ加減には呆れます。
生い立ちなんか全く意味がないのに無駄です。
それだけ、日本のメダリストが少なくて、時間を水増しするために大変だということです。
 民放はつまりません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

あおきんさん、こんにちは∈^0^∋
まあ、ローマのまさにパンとサーカスでごまかしているように感じます。
 別に、国民はオリンピックで浮かれてはいないにもかかわらず、全国民が浮かれているように仕掛けているようで、いやになります。
 マスコミにごまかされてはいけませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42171565

この記事へのトラックバック一覧です: 悲壮感とアッケラカン オリンピック雑感:

« 今日は何の日だったの?08.14 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.15 »