2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.28 »

2008.08.28

上澄みばかりとっていた天罰!北京五輪 マスコミ

 天罰と言おうか、日本のマスコミ報道姿勢自業自得という感じでもろに跳ね返ってきた。
 一番罪作りなのは、自分達の視聴率アップしようと目論み、取れるわけがない金メダルもあたかも取れるかのように煽る煽る。煽るだけ煽って、大した支援も勝つためのお手伝いも何もしないのでは、鳶が油揚げをさらっていくような悪行だ。

 以前、あるイベントを取材してくれるということで、喜んでいたら、何の支援もなく、要するに彼らは取材の種として稼ぐことができるけれど、こちらには全く支援も感謝もなかったっけ。放送してやるからと言うことだけ。マスコミって、普通では考えられない商売だ。

 自分は何もその選手たちを育てもせず、表面上だけ視聴者を煽る。そして、収益だけを考える。まあ、だからいまのオリンピックは嫌いだと言うことになるのだが、それほど高視聴率をとりたければ、自分達の放送する競技選手だけでも今から物心両面から援助するべきだ。国が、たかがと付けさせていただくけれど、一オリンピック選手に金メダルを取るために何十億も費やすのは絶対反対。多くの国民のために、健康維持のために使ってほしい。
 となればだ、番組でスポンサーから多大な広告収入を得て、高視聴率を上げなければ、株価に影響する。ならば、なおのこと、自分達各放送局が育成して育てるのが本来の姿だろう。
 各局オリンピックお抱え競技選手を造ることだ。
 社団法人日本民間放送連盟に登録されている放送局は08年4月1日で201社だ。
 ほぼ、日本のオリンピック競技関係をカバーできる。
 各局お抱え競技を持っていれば、金メダル選手を育てれば育てるほど、自分の局を見てもらえることになる。
 自分達でドラマと同じで、スポーツ選手も育てることを考えないと全く駄目だ。
 企業が育成してこそアマチュア精神だ。

 笑ってしまうのが、星野ジャパンに期待したTBS決勝戦の放映権を持っていたのだが、韓国対キューバ戦となってしまい、視聴率がふるわないため、株価が反落したようだ。
 そして、なべつね率いる読売新聞系日本テレビ。これまた、星野ジャパンの優勝を大いに期待しすぎて、完全にこけてしまっている。
 美味しい所だけところだけ食べようとしているマスコミに対する罰だろう。
 星野ジャパンが優勝して勝利すれば、巨人戦の視聴率アップが期待できると思ったのだろうが、視聴率は最低をまっしぐらだ。まさに賭だった。
---------------------
 そのギャンブル命運を握っていたのが、星野ジャパンだ。宣言通りに金メダルを持ち帰っていれば、凱旋ムードでこれまでプロ野球を見なかった“浮動票”を取り込み、視聴率アップも狙えるはずだった。
 しかし結果は最悪ともいうべきメダルなし。26日の中継では星野ジャパンで守備走塁コーチを務めた山本浩二氏が解説だったが、球場入りから終始「申し訳ない」「すいませんでした」と懺悔を繰り返すばかり。中継が始まっても「悔しさいっぱい。なぜ、という反省点がいっぱいある」といった調子で、景気よく視聴率アップなど望むべくもなかった。
 ギャンブルに敗れた上、巨人は首位阪神にも水を空けられ、日テレの悲願ともいうべき巨人戦ナイターの平均視聴率10%超えは厳しい見通しとなった。
---------------------

 男星野仙一が、試合中も帰国後も、女々しい星野仙一になってしまっていた。

 スポーツ番組に対する放送局のギャンブルは辞めてほしい。やはり、キチッと、その競技を育てることを考えなければいけない。
 まさに、上澄みの一番美味しい所だけを永年 ただで飲んでいたつけが回っただけだ。
 さて、なべつねがWBC監督にまた星野を推挙しているけれど、やはり頭がおかしいとしか思えない。いまの日本野球をつまらなくしているのは間違いなく巨人に頼りすぎることだ。甘えるだけ甘えて、自助努力も何もしないから、巨人が転けると皆転けたになってしまう。日本の野球選手の年俸韓国選手と同等にしないと、またまた、球団が減るなんてことになりかねない。

 さて、今回のなべつね発言で一番困っているのは、日テレらしい。
--------------------------------
 しかも来年は更に大きな荷物が預けられる。渡辺恒雄読売新聞グループ会長は25日、五輪で惨敗した星野監督を「星野君以上の人物がいるかね?」と擁護し、WBC監督に後押しした。
 来年3月のWBC日本ラウンドは読売新聞社主催。地上波中継は日テレが受け持つ予定だが、五輪で期待を裏切られた直後だけに局内の反応は冷ややかだ。
 「せめてまず世論を見極めてほしかった。星野さんはアゴ・アシ・マクラ丸抱えでお金もかかるし、簡単にOKと言われても…」
----------------------------------

 『アゴ・アシ・マクラ丸抱え』って、すごいことだね。要するに、食事代、交通費、宿泊代をすべて相手が払うと言うことなんだろうか。
 
 日本プロ野球凋落に勢いを付けてくれたのは星野ジャパンだった。来年、野球の放送時間が少なくなることはとても楽しい。
 プロ野球選手会労組も自分達が高給取りでいたいのだったら、人気回復に自ら努力するか、年俸を下げるべきだろうね。
 兎にも角にも、星野ジャパンが日本プロ野球のターニングポイントを造ってくれたことだけは間違いない。
 どこに向かうのかは知らないけれど・・・。

« 今日は何の日だったの?08.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.28 »

コメント

こんばんは、くまさん

あまりにナベツネが出しゃばりすぎです。
星野監督も、自分が一番と思っている人間だし
ナベツネも自分が一番だと思っている人間のように
感じます。

謙虚さがまったくないんですね。
今度ばかりは、いくら星の監督でも袋叩きですね。
過大評価しすぎていましたし、金メダルを言い過ぎました。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
早くなべつね辞めればいいのに。
なべつねと星野監督なんか変。
過大評価のなにものでもないですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42298689

この記事へのトラックバック一覧です: 上澄みばかりとっていた天罰!北京五輪 マスコミ:

« 今日は何の日だったの?08.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.28 »