2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.18 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.19 »

2008.09.19

両者とも辞任は甘い!何故、更迭しなかった!

 ぐずら福田康夫もしょうがなく腰を上げた形だ。選挙に悪影響が出てはと思ったのだろうか。
 太田誠一農水相政治生命をかけて発表したのに、あら、辞めちゃった!政治生命って何だったの?
 事故米汚染米の件で、何故、最初 農水省白須次官は「私どもが責任あるというふうに、今の段階ではそこまでのことは考えているわけではない」とまた「一義的には企業に責任があると考えている」と発言し、農水省の責任を否定していた。
 昨日の衆参両院の農水委員会で何故、「農水省に今の段階で責任はないのか」詰問しなかったのか不思議だ。
 責任がない理由をこの発言者自身の白須次官から、発言させて欲しかった。
 
 また、工業用のりなんて、米粉、お米は使ってないってことなのに、一体 農水省は何を言っているのだろうか。もっと、民主党は突っ込むべきだ。
 汚染米は工業用糊限定に販売したと説明しているにもかかわらずだ!全国糊工業連合会が米粉を一切使ってないって発表している。汚染米は一体どこへ
 一体、どうなっているのだろうか?
 こんな単純なことが明確になっているにもかかわらず、民主党・野党の追及は甘すぎる。もっと調査しろ!矛盾だらけだ!

 最後に、実際に調査した担当者を何で呼ばない?!おばかな委員会だ。
 接待を受けた人間を何故呼ばない?
 局長にしゃべらせて一体どうするということだ。

 全ての問題点はここにある。野党も何で肝心なことを質問しなかったのか不思議でならない。マスコミの記者たちも「農水省に責任がなぜないのか」聞いて欲しかった。

 世論のイメージが悪いとなったらば、たちまち手のひらを返したかの様に太田誠一農水相も白須次官も「謝罪」をしてしまった。

 ほんとうに自分達の身を守ることに長けては、素早い行動だし、この人たちの国民に対する責任のなさを強く感じた。
 そして、きょうになってようやく太田誠一農水相も白須次官も辞任をすると先ほどニュースで報道されていたが、甘すぎる。

 事実上の更迭なんてことをするから、選挙民がまた勘違いする。選挙前の温情なのだろうか。

 一総理大臣ならば、両者ともはっきり「更迭」すべきだった。それだけでも、最後に自分の辞任以外に決断できるなんて少しはポイントが上がったかも知れない。
 これで、農水相は副大臣のままでやってほしいものだ。

 ああ、それにしても、民主党・野党の追及の手は甘すぎてどうしようもない。

 これって、事故米と称しながら、米ロンダリングでいつの間にか、食用になっていたと言うことがはっきりしてきた。

 農水相は事故米として処理することだけを考え、実態は食用に回されていると言うことを知っていたにちがいない。
 これはもっともっと追求して欲しい。マスコミもおばかな総裁選を取材するならば、とことんの汚染米の流れを取材し解明するべきだ。
 野党たちもこの問題をもっと追求するべきだろう。追求すればするほど、政権交代に近づくような気がする。

 でも、今のところ関東地方には流通していないのだろうか?

 今回の農水相汚染米問題は自民党にとっては逆風だ!ぐずらが対処するとどんどん逆風が強くなる。

 

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 今日は何の日だったの?09.18 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.19 »

コメント

こんばんは、くまさん

嫌にあっさり辞めましたね。
どれだけ農水相が変わったか、ひどいものです。
でもあの事務次官は辞めても、天下り先があるのでしょうね。

与党は麻生さんが今では仕切っています。
総裁選なんかしないでも、麻生で決まりという事がミエミエ。
不思議な光景ですね。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
もう筋書き通りですね。まさに茶番劇。お金がもったいない。
それにしても、農水省はいい加減だ。社保庁もいい加減だけれど、全て役人の好き勝手。
議員がどれだけおばかかよくわかりましたね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは、くまさん

公務員改革に苦労する与党ですが、次官の「責任はない」発言の時が、一番のチャンスだったのです。
農水省の役人のトップを懲戒免職にすることができたのです。もし訴えられたら、堂々と最高裁まで戦い続ければよかったのです。10年はかかる裁判の間、単独与党でいられたでしょう。裁判で負けても、後世に語り継がれる政党となったはずです。

日本であれば、たかが役人一人への賠償金額であれば、10億もかからないでしょう。でも、その効果は計り知れないものがあると思うのです。これこそ、レバレッジ効果と語り継がれることになると思います。

よくわかりませんが、法改正なんかしなくても、今のままで、官僚たちを従わせることができるはずなのです。

立会検査という意味もいつの間にか都合のよい解釈をしてしまう人達であっても、懲戒免職の効力は末端にまで及ぶはずと思うのです。

しかし、政府はしませんでした。
自民党にとって、歴史的なチャンスは消えました。

早く、選挙をしてほしいのですが、雲行きが…。
ではまた。

あおきんさん、こんばんは∈^0^∋
ぐずら福田康夫はタイミングを逸しました。
折角の流れをつかむときだったのに。
もう、やる気がない首相では何もやる気がないと言うことでしょう。
早く総裁選やって、政権交代してほしいものです。
そして、官僚を人事異動でメチャクチャにすれば、少しは、なびくことでしょう。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42523882

この記事へのトラックバック一覧です: 両者とも辞任は甘い!何故、更迭しなかった!:

« 今日は何の日だったの?09.18 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.19 »