2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.20 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.21 »

2008.10.21

役所の裏金はなくならない?

 もう、またもや役所の裏金問題が露呈してしまった。
 簡単に言えば諸悪の根源は「予算会計」だ。予算会計は当初計画した予算書通りにお金を使い切ることが満点とされ、満点以外はないというのが常識の世界。
 予算会計の世界に生きていない人には、なんてバカな経理方法と思うかもしれないけれど、民間企業の行っている企業会計の考え方とまるで正反対だ。
 だからこそ、予算会計の弊害が裏金づくりのできる温床を創り出していることはもう間違いない。
 国から末端の外郭団体まで予算会計を行っているところには、多かれ少なかれ、裏金は存在すると言っても過言ではない。
 裏金はなくても、補助事業の中で 運用指針に書かれている範囲内だったら、関連したものを購入していることは間違いなくある。
 民間企業にいた人から、予算会計を決算させようとすると、実は全く理解不能ということが多い。
 企業の年間の収支計画は売上は多く求め、経費は当然節約に節約を重ねて、収益を確保するということだ。
 しかし、国の補助金、言い換えれば 国民の税金で運営されているところは、予算が全ての収入と名目上も実体上も考えてしまう。予算会計を行っているところには、基本的に余剰金は発生しない。つまり、収益は発生しないわけだから、裏金をつくらないと、補助金の資金使途以外の物品等を購入できないわけだ。
 そこがそもそもの大問題。予算会計の中に何でも使えるような勘定科目が実はない。
 予算会計上は全て使途がはっきりしていることが大前提なのだからやっかいだ。

 本来ならば、税金を頂いているわけだから、経費節減し余ったらば国庫に返上することが本来の考え方だ。しかし、その中にどっぷりつかっていると、国庫に返上すると言うことは、担当者にとっては始末書ものとなる。自然と返すことがもったいないになってしまうし、永年やっているとそれが役所内の慣習となってしまっている。

 補助事業のやり取りをしていると、年何回か予算の消化状況を報告しなければいけないことになっていて、「使い切れますよね」「返還ないですよね」なんて言葉が年度末になると平気でかわされる。
 つまり、繰り返しになるけれど、予算額は使い切ることが合格でそれ以外は汚点がつくということだ。そのような環境にどっぷりつかっている人間たちの考えることは、予算額で確保した皆さんの税金をいかに自分達のことに使えるか裏金を造りたいと思うのは至極当然のことだ。裏金作りをほんの少しは罪悪感はあるのだが、公然とやってしまい、自分達の福利厚生や遊ぶ金に充当してしまう。

 裏金作りの弊害は、予算会計を実施している外郭団体の末端まで同様に絶対に行われている。裏金づくりをさせない制度を設けたら、多分マルチ商法と同じ算式で節税できることは間違いない。
 ただ、屹屹に補助金を管理してしまうと、またまた、裏金づくりをすることは間違いない。若干の剰余金はプールできるように制度を変えないとダメだ。

 役所の人と民間企業の考え方はなじめるものではない。早く、予算会計を企業会計と同じように、剰余金という考え方を入れた方がいいかもしれない。

 ああ、今回は会計検査院が見つけたけれど、予算会計を行っているところでは叩けば全部大きなホコリが出る。

« 今日は何の日だったの?10.20 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.21 »

コメント

今日も良い天気ですなア。
昨日まで、紅葉狩に北アルプスで遊んで来ました。
上のほうは過ぎていましたが、中間部分が盛りでした。
裏金と言えば、わしも1回だけ経験しましたよ、手口は
同じようなものだが・・・。営業でなかったので交際費
を使うのが下手で、どうしても余ってしまい大変だった
・・・・民間だしもう時効だろうけれど・・・。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
裏金って、悪魔のささやきで、一歩踏み込んでしまうと蜜の味。
そこから踏み出せない体質ができあがってしまいます。
役所は全員入れ替わらないと、裏金はなくならないでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは、くまさん

本当なら、予算が余って返せばありがとうと言われなければいけませんよね。
それが余ったら、次年度の予算を削減されると言うわけですから
誰も返さないし、余った分は裏金で蓄えるのは常識でしょう。

種目別ではなく、一般会計で臨機応変で使えるように
すれば良いし、返還された自治体にはご褒美を上げるようにすれば良いのにね。
競い合うように出来ないのでしょうか?

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当に少し一般会計で使える予算を与えるべきです。
屹屹に予算に縛りをしてしまうから、裏金作りに奔走するんです。裏金作りの仕事配分を正規の仕事に割り当てたら、どんなに効率的か。
 でも、無駄があるから遊んでられるかも。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

「泣く子と地頭には勝てぬ」ということわざがありましたが、お役人様は、「泣く子と謝る役人には勝てぬ」とでも思っているのでしょう。

あきれて、あきれて、彼らに何を言えばよいのかが、私はわかりませんでした。
「私的流用はなかった!」との言い訳で、目をそらそうとしています。
本当に、こちらの気力も萎えてくる謝り方でした。

そんな中、今回の記事を読み、少し元気が出て来ました。

あおきんさん、こんにちは∈^0^∋
私的流用はなかったから云々ではないですよね。
規則では返さなければいけないものは返さないと行けません。ただ、剰余金として一割をプールできるようにすれば、わざわざ裏金とすることもなくなるはずです。
 どうも、キツキツに資金使途を絞ってしまうことがそもそもの原因かもしれません。
 繰り返しになりますが、この補助金の裏金は制度ができた時から、暗黙の了解であったはずですし、会計検査院も、見て見ぬふりをしていたはずです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42858072

この記事へのトラックバック一覧です: 役所の裏金はなくならない?:

» 愛知県裏金問題 徹底的調査のため知事に対して6項目の要求 [市民オンブズマン 事務局日誌]
名古屋市民オンブズマンは、愛知県知事に対して「徹底的な裏金調査」を 行わせるよう、6項目の調査要求をしました。 それぞれ知事に対して、回答を08/11/4(火)までに求めています。 ・申入書 (PDF) また、裏金に関して内部情報をホームページ等で募集します。 http://www.ombnagoya.gr.jp/ -- ↑県職員に対して申し入れをする、新海聡弁護士(奥)と、倉橋克実税理士(中) ↑記者会見前のオンブズマンメンバーら -- 全庁調査に関する申し入れ... [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?10.20 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.21 »