2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.12 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.13 »

2008.10.13

政治家のウソと偽善と幽霊と 三菱UFJと野村證券 雑感

 政治家のウソと偽善を知っているからこそ、今回の世界同時株安の政策を発表しても、辛辣な投資家たちはそれを信じていない。カンフル剤でしかないからだ。根本的な原因は何も解決されていないのだから、まだまだそこの見えない奈落の底へ落ち続けるかもしれない。
 そして日本の与謝野馨の発言も立場上とはいえ全く信用できない。日本は大丈夫といっても、日本が鎖国しているならばともかく、連動しているのだから、どうしようもない。
 大丈夫というならば、何故、倒産企業が出たのだろうか。アメリカが風邪を引けば日本は肺炎になるという例えはいまだに生きていると思うのだが。
 
 また、積極的な融資をすると入っても、出せない企業には出せないという根本的なところは変わらない。
 返済原資の当てにならないところがどんな理由を付けても、貸し出しをしないと言うことは変わらない。返済据え置き期間を設けても、その後の受注が見えないのでは、もっと返済が苦しくなることも予想できる。人格を見て大丈夫と思えても、仕事が来なくては、貸し出しはできないと言うことだ。資金を借りたら返さなければいけない。返済原資の工面できない企業にはどちらにしても貸せないのは変わらない。

 さて、今後興味深いのが9月22日に発表された三菱UFJ銀行によるモルガンスタンレーへの90億ドル出資野村證券による破綻したリーマンブラザーズのアジア・太平洋及び欧州の事業の買収。
 これが吉と出るか凶と出るかはとても関心がある。
 多分この時点で、この2者は世界同時株安になるなんて思っていなかったのだろう。
 三菱UFJ銀行は既に出資損をしていることは間違いない。法人税を全く払っていない三菱UFJ銀行がこんな出資をして許せない。
 万が一、日本も公的資金注入なんてことが起こったら、いまの財務関係閣僚さんたちは更迭だ。

 日本の不動産バブルもそうだったが、知恵のある人が一面の利ざやばかりを考えて、もろ刃の剣の経済の種を育ててしまったためだ。
 ぼくなんか、不動産の証券化を効いたときに全く理解できなかった。まあ、金融商品の証券化を考えていた人も、ノーベル経済学賞を取った人とのことだから、その時点では評価に値したのだろうけれど、裏側が見えなかったということだ。
 サブプライムローンについては、何度聞いても、訳がわからない。証券化されてしまったものが、どんどん、紙の枚数が増えてきて、お金が伴ってくる。そんなバカなことがまかり通っていた。紙に踊らされていたわけだから、実体経済とは全く異なってしまっている。
 2京という額にまでふくらんでしまっていて、実際の額まで収縮するまでには、もっと潰れるに違いない。
 経済のお化けの復讐が始まった。
 このサブプライムローンがまだ破裂していなかったとしたら、人間の体も証券化されて投資の対象とされていたかもしれない。人間の体の証券化を考えても、本来は一つしか証券化できないにもかかわらず、その証券が細分化されて販売されてしまうということだ。
一枚の証券が、様々な機関を経るごとに、10枚、100枚、1000枚となって、実際の価格よりはるかに水増しされたことになる。体は一つでしかないにもかかわらず、いつの間にか影の存在が1000人にもなってしまったということだ。つまり、999人は実在しないものと言うことになる。
 実在しないものに投資をしているのだから、このウソの経済が暴露されたときに、バブルがはじけると言うことなのだろう。
 頭のいい人が考えた末なのだが、一見まともな制度だったのが、あだとなり、化けの皮がはげるまでに時間がかかったため、被害が未曾有になってしまった。
 まだまだ続くこの世界恐慌の津波。
 架空の金額が大きければ大きいほど、まだまだ、大きな津波はくるということだ。

 経済って、人間の心理で左右されるお化けだ。もうけようとする欲と皮が突っ張った人たちのマネーゲーム。人間の愚かさは、繰り返されると言うことかもしれない。
 なんとか元を取り戻そうとして、現金化する。

 さて、日本の脆弱な経済はどうなるのだろうか。ノーベル賞受賞者の発表でマスコミはほとんどの時間そちらを優先で咲いているけれど、深刻な経済状況だよね。
 いまの、政府にはなにもできないだろう。日本を強くする政策が何も打たれていないのだし、緊急経済政策もごくごく凡人が考える制度。
 
 ああ、それにしても経済学者の言うことは全く当てにならない。
 お化け退治には対策は見えないと言うことかも。

 こんな時に、米国は北朝鮮のテロ支援国家解除なんてことになる。
 日本はアメリカから独立国家と認められていないということだ。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 今日は何の日だったの?10.12 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.13 »

コメント

こんばんは、くまさん

人間の欲望とは切がないのですね。
頭の中だけのマネーゲームが、汗水たらして働いている
一般の人たちの生活を苦しめています。

2~3年はこういった状態と言いますから、ひどいものです。
日本は良い機械と考えて、思い切った政策を打ち出せれば
いいんですけどね。

古い体質でバラマキばかりやる自民党では、どぶに捨てたと
同じかも知れませんよ。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
今回のサブプライムローン問題は証券化という紙のお化けを造ってしまった報いです。多分このまま数年は続きますね。
ばらまきをしたとしても、景気は良くなりません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/42761128

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家のウソと偽善と幽霊と 三菱UFJと野村證券 雑感:

« 今日は何の日だったの?10.12 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.13 »