2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.02 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.03 »

2008.12.03

軽率だと思うのだが?!「裁判員通知来た」ブログ公開

 裁判員制度の通知が送られたことを聞いた時に軽率にブログアップする人間がいると思ったのだが、案の定沢山いたようだ。
 中には氏名・顔写真も公開したおばかさんもいたと聞く。
 実は裁判員法は候補者の個人情報を公にすることを禁じていることを知らないのだろう。罰則はないものの、これはよーく考えてみれば、裁判員としての安全・安心担保と思った方がいい。

 裁判員として裁判に立ち会った時には 公判では当然顔は露出しているわけだから、被告人の記憶に留めておくことも可能だ。
 アメリカでの裁判員関係を題材にした映画も幾つかあるけれど、いろいろな脅迫が裁判員にあったりする。そこまでは行かなくても、同様のことが起こることは予想できる。

 まあ、あの派手な封筒では、近所の人がたまたま郵便配達員郵便受けに投函しているところを見れば、すぐに判ってしまう。
 目だたないごく普通の何気ない封筒でせめて郵送してほしいものだ。
 そんな心遣いが必要なのだが、判っていないと感じてしまう。
 
 それにしても、ブログに裁判員通知が来たとアップすることが軽率な行動と思わない人の方がおかしい。
 知り合いの弁護士さんなんか弁護士会のホームページに写真なんか怖くて出せないって聞いたことがあります。プロの方が注意しているにもかかわらず、素人の人は余程注意してかかった方がぼくは良いと思うのだが・・・。
 
 さて、裁判員制度で裁く事件は「刑事事件」と言うことを忘れているのではないだろうか。
 今までは職業裁判官が職務として裁いていたのだが、どこにでも逆恨みする人間、根に持つ人間がいることを忘れてはいけない。

 せめてもの救いは 評議、評決で意見の一致が得られない時、評決は多数決により行われるのだが、裁判官、裁判員のそれぞれ1名以上の賛成が必要と言うところだと思いますね。ある程度の比重は裁判官、裁判員に委ねられていることでしょうか。

 このような人たちの多くは時間をたくさん持てあましている人たちだ。何故か、復讐に執着し、粘着気質の人間が多いことも考えられる。
 裁判員制度で人の罪を裁くことの難しさを感じるとともにぼくが一番恐怖に感じるのは、前記したような裁判に立ち会ったことによる逆恨みだ。

 ネットの情報もある程度地区が特定できてしまう。ということは、どこの裁判所に呼び出されているかも特定できる。と言うことは、ネットをやっている人間にはよくわかっているはずだ。
 ホームページ等でドメインを独自・自前で持っている人なんかは、かなり特定できてしまう。
 裁判員制度の話題はこれからも出てくるでしょうが、自分の身は自分で守らないといけないということを忘れてはいけません。
 
 さて、裁判員制度が平成21年5月1日からスタートした後には、また、ブログに書いてはいけないことを書き上げる人が出てくるだろう。
 念のために、守秘義務の対象を引用しておきます。

---------------------------------------
具体的にはどのような秘密をもらしてはいけないのですか(守秘義務の対象)。

    法廷で見聞きしたことであれば基本的に話しても大丈夫です。
    漏らしてはいけない秘密には,1.評議の秘密と2.評議以外の裁判員としての職務を行うに際して知った秘密とがあります。

    1.評議の秘密には,例えば,どのような過程を経て結論に達したのかということ(評議の経過),裁判員や裁判官がどのような意見を述べたかということ,その意見を支持した意見の数や反対した意見の数,評決の際の多数決の人数が含まれていると考えられています。

    2.評議以外の職務上知った秘密には,例えば,記録から知った被害者など事件関係者のプライバシーに関する事項,裁判員の名前などが該当します。このような事項は,当事者が他人に知られたくないものが含まれている可能性が高く,不必要に明らかにされないようにしなければならないことから守秘義務の対象とされています。
---------------------------------------

 皆さん、裁判員通知が届いても、黙っていた方が安全です。

 刑事事件の被告人を裁くことの難しさを考えると、いやですね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 今日は何の日だったの?12.02 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.03 »

コメント

こんばんは、くまさん

どこの世界にもバカがいるもんですね。
ブログでも、証拠に残るような写真とかは絶対乗せては駄目ですよね。
県ぐらいはよいですが、後は漠然としていた方が
あとあと良いと思います。

小中学生の、プロフ紹介と同じレベルです。
子供の世界では、写真を載せるわ、自己紹介はするわ。
プライバシーをさらしてどうするんですか。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当にブログの扱い方は気を付けなければいけませんね。悪用されることを考えておかなければ、なにをされるか判りません。ましてや、裁判員になると言うことは実世界の刑事事件、被告人とのやり取りがあるということですから、注意が必要ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさん(*^-^*)♪おはようございます♪

ふーん、公開しちゃう人がいるんだー。
怖いって思わないのかな?
“非国民”と言われそうだけど、私は通知、受け取りたく
ありません。人を裁くなんて、私にはムリだから。

くまさんのブログはテレビのニュースを見るよりはるかに!
分かりやすいので!いつも助かります(*^-^*)♪

がーこさん、こんにちは∈^0^∋
いや~、照れちゃいます。
僕は一度やってみたいと思ってます。
何事も体験です。あまり重要な者でないことを祈るのみですが。(*^.^*)エヘッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

ブログに書いてしまう件については、裁判員制度を推進している側の問題の方が責任が重いと思う。

これだけ書き込みがあったということを予想できなかったのだろうか?
予想できなくても、候補になる人の身の安全のために、通知書には大きな警告文を入れておくべきだったと思うのです。

小さく書いておいて「読まなかった方が悪い」というのは不親切というものです。

また「一度体験したい」と考えている方には裁判員の責任の重さを良く調べることをお勧めします。

守秘義務でも裁判官には罰則がありませんが、裁判員には懲役6ヶ月以下、罰金50万円以下の厳しい罰則があるのです。

どうですか?裁判官よりも重い守秘義務を負うことに耐えられますか?

パドムンさん、こんにちは∈^0^∋
貴重なご意見有り難うございました。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/43307199

この記事へのトラックバック一覧です: 軽率だと思うのだが?!「裁判員通知来た」ブログ公開:

« 今日は何の日だったの?12.02 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.03 »