2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 東洋のブッシュ?!ってなに?阿呆太郎のこと? | トップページ | 今日は何の日だったの?02.04 »

2009.02.04

煮え切らない答弁 渡り・天下り 阿呆太郎

 麻生太郎こと阿呆太郎渡り天下りについての答弁を聞いていると、どうしてこんなに簡単なことが言えないのだろうと思ってしまう。
 煮え切らない 答弁だ。
 煮え切らない理由は 官僚傀儡政権だからそりゃ仕方ない。
 渡り・天下りを禁止したところで、それはなくならない。
 
 もう、無くなる前に、道筋ができてしまっていることを再度確認した方がいい。
 外郭団体などでは、道筋ができていて、プロパー、生え抜きの職員がトップになることができない団体はいっぱいある。

 天下り先をつくるために、外郭団体がドンドンできてくる。

 実質 職務上のトップはプロパーでも、組織の名目上のトップは天下りというか、どこそこの省庁出身者でローテーションで成り立っているところが多数ある。

 ぼく自身のところはなんとか拒んでいたのだが、一度道を開いてしまうと、一定間隔ごとに受け入れざるを得なくなってしまう。

 小さなところでは、行政の部長クラスが退職すれば、いつの間にか専務職以上のレベルにぽんと座る。これが外郭団体ならば、関係省庁の役人の指定席となる。

 皆さんご存じの外郭団体の上部団体を調べれば、必ず理事長職は元お役人だ。
 これは、天下りや、渡りとは言えないところで既に道筋ができてしまっている。

 官僚たちが、外郭団体をたくさん造ることは自分達の職場を増やしているに過ぎない。
 企業も優秀な人材を依頼しているなんてウソばっかりだ。

 そう言わせている、そう言わざるを得ない状況を作り出しているのだ。

 どこかで、天下り職員が入る企業には依怙贔屓をするから、仕方なく他の企業も関係省庁の官僚を雇わざるを得なくなる。
 銀行なんて、地方銀行の頭取で生え抜きが何人いるだろうか。
 日本銀行出身者が定期的に地銀の頭取になっていることがあるはずだ。

 ああ、官僚たちは自公明連立内閣のやることなんて、最初からお見通しだ。既に抜け道は、渡り禁止の政令なんか無くても、完了している。
 
 役所も民間企業と同様のやり方をすれば良いだけだ。民間企業で同期で一人だけ抜擢されても、みんな勤めているのが普通だ。役所だけが、退職するなんて変だ。
 役所って、どこか変。労働組合のある企業の方が少数派だ。中小企業に労働組合なんて言葉はない。

 今こそ、やはり、官僚の関連団体や企業の天下りは退職後五年間は斡旋もせず、尚かつ、就職はハローワークに一括することが一番良いと思う。

 何のためのハローワークか判らない。
 ただ、心配なのはハローワークも官庁出身者の取り扱いには苦労するだろうし、使われかねない。
 
 公務員の天下り渡りを辞めさせることなんて至極簡単なのだが、それができない官僚傀儡麻生政権と言うことになる。
 官僚に使われていたらなにもできない。
 やはり、政権交代が必要だ。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室

« 東洋のブッシュ?!ってなに?阿呆太郎のこと? | トップページ | 今日は何の日だったの?02.04 »

コメント

こんばんは、くまさん

今日も国会中継を見ていましたが、官僚の思惑通りですね。
麻生さん各大臣は、国民の方へ向いていません。
そして、人事院の谷と言う人物の、どこか異様で不遜な態度を見るにつけ、公務員改革は並大抵ではないですね。

既得権益を手放そうとはしないだろうし、必至で抵抗すれば、議員なんか赤子のてをひねるようだと感じました。
主権者は国民なのに、何で天下りや、渡りがこう然と行われているのか。
汗水たらして働いたお金が、一部の人たちの懐に入ると思うと、情けなくもあり腹立たしいです。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
もう、官僚の原稿や入れ知恵通り。
いつも思うのですが、原稿作成者が最初から座った方がましだ。
 ああ、早く来い来い満了日ということになります。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 東洋のブッシュ?!ってなに?阿呆太郎のこと? | トップページ | 今日は何の日だったの?02.04 »