2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.05 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.06 »

2009.05.06

もう季節性のインフルエンザと同等で良いのでは?

 どうもメキシコの死亡数の多さにばかり目を奪われて、日本政府のかなり慎重になりすぎている感がある。また、医者も病院も過剰反応を示し、通常の熱のある人の診察を拒否する病院も出ているくらいだ。正直言って、こちらの医者たちの程度を疑ってしまう。
 逆に診察拒否をした病院を厚生労働省は一覧表にネットにアップして欲しい。
 発熱相談センターに押しつける姿勢はいかんともしがたい。

 さて、これほど水際対策で一生軒検疫官は働いている?働かせているようだが、これも過剰班のではないだろうか。
 通常の季節性インフルエンザの方が今のところ死亡者数も多いはずだ。
 毒性もそれほど強くないことが判った今日、厚労相も季節性インフルエンザと同等の扱いをした方が無難だろう。
 そして、発熱相談センターではなく、すべての病院で普通に診察できるようにした方が弊害が少なさそうだ。

  インフルエンザは流行性疾患で、日本の場合は例年11月から4月にかけて発生している。

 厚生労働省のホームページにはhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/07qa.html
Q.7:インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?(抜粋)

1) 流行前のワクチン接種
 インフルエンザワクチンは、罹患した場合の重症化防止に有効と報告されており、わが国でも年々ワクチン接種を受ける方が増加しています。

2)  外出後の手洗い、うがい
 手洗いは手指などの身体に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、うがいは口の中を清浄にします。両者とも感染症予防の基本です。外出後の手洗い、うがいは一般的な感染症の予防のためにもお勧めします。

3)  適度な湿度の保持
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、十分な湿度(50-60%)を保つことも効果的です。

4)  十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
 からだの抵抗力を高めるために十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

5)  人混みや繁華街への外出を控え、やむを得ず外出する際のマスク着用
 インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を持っている人、疲労気味、睡眠不足の人は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出をして人混みに入る可能性がある場合には、ある程度の飛沫等は捕捉されるため、不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。ただし、人混みに入る時間は極力短時間にしましょう。

 日本の場合はこれから、徐々に雨期に入ってくる。十分過ぎる湿度が保てるわけだ。
  今回の新型インフルエンザももう季節性インフルエンザと同じようにマスコミも厚労省も病院も冷静に対応して欲しい。 

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室
※千葉でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシーに!

« 今日は何の日だったの?05.05 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.06 »

コメント

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査機器がない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですけどね…。

感染者を受け入れるための準備が出来ている「発熱外来」ならともかく、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思いますよ。

都筑てんがさん、こんにちは∈^0^∋
貴重なご意見有り難うございます。
本来ならばトラックバックして御自分ブログで意見をお書きください。
新型インフルエンザもTamiflu、Relenza効くくと聞いております。通常のインフルエンザでも対応できるはずですから、ない方がおかしいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは、くまさん

どんどん、分かりかけていますが新型と言っても今までの季節性インフルエンザの
枝分かれのようなものですから、そんなに驚くような対応をしなくても良いと思います。
今までどおりの対応で充分でしょ?
あまりに、煽りすぎ、騒ぎすぎ、過剰対応のしすぎですね。
この国の政府や、メディアの対応は本当に変です。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当に騒ぎすぎです。季節性インフルエンザも新型インフルエンザも同様に処置してほしいですね。
困った政府とマスコミです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

一般医療機関の現状はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を無理に受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?

色んな見方があると思いますが、ニュース記事を読む限りだと、
受け入れを拒否した病院の良識を、私も疑いましたよ。
医療関係の人には、いろんな言い分があると思いますが。

でも、マスコミは相変わらず騒ぎ過ぎですね。
最初は恐れていた私も、今はニュースを見る気にもならないです。
それよりも、予防と、いざという時の対策をたてておかなくては。

都筑てんがさん、こんにちは∈^0^∋
医者が医者としての使命を全うするにつきます。
その為に不要のものがあれば要求するのが筋でしょう。
トラックバックをして自分の意見をブログに書くのが筋ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

ともみんさん、こんにちは∈^0^∋
本当に受け入れ拒否の病院の医師としての立場を疑います。問題点があれば受け入れられるように改善を厚労省等に要求すればいい。今ならば、マスコミがすぐに取り上げます。季節性インフルエンザと対処法が変わらないのであれば、通常に受け入れればいいと思うのが普通でしょうね。困ったものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は何の日だったの?05.05 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.06 »