2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.18 | トップページ | バカ殿ではどうしようもない! 背中を見せて逃げている »

2009.07.19

野村PFもついにHTBハウステンボスで資金難か

 野村プリンシパル・ファイナンスもついに03年から何とかなるだろうと甘い計算のもとに資金をつぎ込み、社長も交代したりしたが、資金も万策も尽きたようで経営権の譲渡も検討しているようだ。まあ、国内の複数企業に出資などの追加支援も要請しているようだが、いかがだろうか?

 長崎オランダ村の倒産、バブルが弾けた途端に時代の寵児ともてはやされていたハウステンボスも長崎オランダ村の二の舞になりそうだ。
 西九州リゾート研究会でも家事の特区構想を持ち出しているけれど、いかがなものだろうか。

 茶菓を転がり落ちている企業を止めるには、通常の数倍の資金も力も必要なのだが、それだけの潜在能力がHTBにあったのだろうか。
 コンセプトが右往左往していた野村PF。
 HTBについては以前も何回も書いているのだが、これだけの時間良く持ったというのが実感。一体どれだけの資金を投入したのだろうか。
 ぞくに経営のプロと言われる人たちが、債権に携わったのだが、HTB自体にコンセプトも魅力が不足していたというのが事実が。
 オランダ村もしかりだが、オランダ自体にそれほど人を惹きつける材料が乏しい。HTBは今から思うとドバイの別荘地開発の先鞭だったかもしれない。リゾート法も悉く失敗だった。
 レジャー施設としては完全に失敗。

 完全開放して、行政が負担できれば公園としてつかった方がましかも。佐世保市にも長崎県にも箱物の負担ができるだろうか。

 オランダ村と同じような結末を迎えそうだ。
 まあ、オランダ村もまだ何かをしようとくすぶっている。

 諦めるには早い決断が必要。
 日本の不況はまだまだ続くような経済情勢の中で、中途半端な施設は持たない。

   HTBも街としての機能と街としての魅力があれば良かったのだが、ぽつんとHTBだけでは弱すぎる。黒川温泉も日本のふるさとということだが、今後どうだろうか?
 ぼくには魅力がよくわからない。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室
※千葉でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシーに!
kumabon612のYouTube ○フリッカー写真集LUMIX-G1 

« 今日は何の日だったの?07.18 | トップページ | バカ殿ではどうしようもない! 背中を見せて逃げている »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。