2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.23 | トップページ | 今日は何の日だったの?07.24 »

2009.07.24

アマルフィ 女神の報酬

 アマルフィ 女神の報酬見てきました。
 まあ、まあ面白かったです。シネプレックスではハリー・ポッターなどの子供向け映画に押されて、小さいシアターでしたが、ほぼ満席でした。
 第一印象としては、最後のひねりが一ひねりも二ひねりも足りないこと。佐藤浩市の位置づけと動機付けのところがとても貧弱。
 福山雅治の情報提供者としての関わりも同様に貧弱。
 声だけ出演の中井貴一も・・・。
 アマルフィの場面では、犯人が支持した場所まで天海祐希は細い道の階段を息を切らせながら教会の広場までたどり着くのだが、すでに警察と織田裕二は到着して待機していること。車やバイクで行ける場所ならば、何故、徒歩?等々。
 予断だけれど、天海祐希が息を切らせていくということが似合わないと言ったら、家内が、何回もこのシーンを取り直したとらしいと、うーん、やはり相当疲れた様子がでなかったのだろうか。変に納得。
 折角のアマルフィの場面では空撮のピントが甘いこと。ピントが甘いところが何カ所かあり、目が呆けてしまったかと思うことしばしば。
 世界遺産のアマルフィの設定も映画ではとても貧弱で、もったいない。

 今回この映画を見に行く切っ掛けは最近の両親の介護の気分転換のためと、イタリアの風景とサラブライトマンの歌を聴きに行ったと言うところ。

 あまり日本の映画は映画館では見ないのです。
 何故かというと、一年もしないうちにテレビ局が間違いなく放映するから。最大のポイントは大きい画面と大音響のなかで見た方が断然良い時だけしか見ません。テレビドラマと大きなスクリーンでの視覚効果の違いを意識した作りがされていないような気がするんですね。映画館で見た方がいいと思わせる作りが本当に少ないと感じるからかな。

 シリーズものとして作るような最後のやり取りがありますが、次も映画館で見るだろうか・・・。
 今年の夏の映画は僕にとっては見るもの無し。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室
※千葉でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシーに!
kumabon612のYouTube ○フリッカー写真集LUMIX-G1 

« 今日は何の日だったの?07.23 | トップページ | 今日は何の日だったの?07.24 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。