2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.19 | トップページ | 阿呆太郎の危機感のなさ »

2009.07.20

母 右手を使わない

 母が骨折をし、手術をしてから明日で3週間となる。
 でも、まだ、三角巾の中に大事に骨折した右手をしまっている。
数日前の夕食の時に、できるだけ右手を使って食事をしたらと言ったのだが、いった時だけはほんの少しだけ右手を使う。
 でも、ちょっとでも痛いと右手が又三角筋の中にしっかりとしまわれている。

 このままにしていると、手首や指が動かなくなってしまうのではないかと心配。
 ここ数日、又変なことを言い出した。
「リハビリのために入院しようかしら」だって。

 長く入院していたくないものだから、母は家族に相談せずに、前回も前々回も勝手に退院の日をできるだけ早く決めてしまっている。
 「明日退院だから、迎えに来て」という調子だ。

ぼくとカナイはいつもあたふたさせられる。

 今回の骨折もできればあと一週間長く入院していれば、家族も振り回されなくてすんだのにと思ってしまう。
 「主治医の先生も本当に退院して大丈夫」と何回も聞いていたそうだ。

 母の場合は、痛い買いたくないかの判断がいい加減。痛くなると大騒ぎをする。
 先生は「(指を動かしても)痛くないですか」と聞いているのだが、
 母は「(全く動かさない状態で)痛くないです」と返答。

 つぎに、先生は母の指を外側に広げるように動かすと「痛い、痛い、指がとれちゃう」と隣の診察室に響くように叫んでいる。
 先生曰く「痛むんだ・・・」「ちゃんと指動かさないと固まってしまいますよ」と強く言われてしまう。

 母流のリハビリは指を動かしても痛くない範囲で指を赤ちゃんが指を動かしているように 「モニョ、モニョ」と動かすだけ。

 痛み止めの薬を処方してもらっても、水から薬を飲んでリハビリをするつもりはなさそう。ため息ばかり。

 手指、手首を少々痛くても外側に広げる努力をしなければ、手首は動かなくなり、指はグーの状態になってしまいそうだ。
 本人は痛いから自分ではやりたくないようで困ってしまう。
 
 このままズーッとピンが抜去できるまで、右手が三角筋の中に大事にしまわれているとその先のリハビリが恐ろしい。
 一番この先本人が困るのだが、大人ほどたちが悪い。

 明日又消毒に同行予定。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!! Movable Type公式サイト
シニアのためのパソコン教室 くまさんのパソコン教室
※千葉でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシーに!
kumabon612のYouTube ○フリッカー写真集LUMIX-G1 

« 今日は何の日だったの?07.19 | トップページ | 阿呆太郎の危機感のなさ »

コメント

お母様、大変ですね・・・・。
高齢になるとどうしてもこのような
行動をとってしまうものみたいですね。
だからといって怒鳴るのも可哀想ですし、
でも見ていてこっちはイライラしますし、
親子といえどもなかなか難しい関係です。

痛いけど今リハビリを頑張ってやらないと
この先大変な事になってしまうよ~と
優しく言っても本人には伝わっているのか
どうかわかりませんしくまさんのご苦労が
とってもよく判ります。

少しづつでも自分でやろう~とする行動を
とれるようになれば良いですね。

YUKARIさん、こんにちは∈^0^∋
本当になんとも言いようが無くて困ってます。
良くしたいのは、このままで痛いのかなんて考えてしまいます。
仰るように、自分でやってくれればことは簡単なのですが・・・。三角巾をとってもいいかどうか、主治医に聴こうと思ってます。三角巾があると必ずその中に手を入れて使わなくなってしまいますから。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は何の日だったの?07.19 | トップページ | 阿呆太郎の危機感のなさ »