2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.07 »

2009.09.07

インフルエンザと自殺の対応

 どうも日本の今までの政府は人の命に対しては冷たかった。
自殺者に対しても冷たいと言わざるを得ない。同じ命なのにもかかわらず、マスコミの報道の仕方が全く違う、月とすっぽんぐらいだ。
 インフルエンザの今までの厚労省についても、単に騒ぎ立てるだけで、対策は滅茶苦茶。水際対策では空港で騒ぎ、大臣のスタンドプレーとしか思えなかった。
 まあ、マスコミも同じで日本人第一号探しが始まっていた。
何でそんなにインフルエンザでは騒ぎ、日本の自殺者の多さについて、対策については何故、全く騒が無かった、騒がないのだろうか。
 酒井、押尾なんとかの薬漬けの芸能人については全く面白くもない事件を毎日毎日垂れ流し、麻薬常習者には薬の抜き方、起訴の仕方を熟知させただけでしかない。一体マスコミは、今回の芸能人の報道をどの様な主旨で何を視聴者に報道していたのだろうか?
 今回は社会的使命なんてみじんもなかったとしか思えない。
 全く興味本位でしか流しているとしか感じなかった。それこそ覚醒剤撲滅キャンペーンを急遽やるならばまだしも、全く関係ないお馬鹿な時間を流していたに過ぎない。良く、そんな報道にスポンサーもクレームを言わないと思う。
 まあ、ちょっと前のインフルエンザ持ち込み犯人捜しも報道機関としてのピントがずれていた。厚労省も単なるスタンドプレーに利用しているに過ぎなかった。
 また、インフルエンザが流行ってきたと言っても、ワクチンの確保は遅い、予防接種の順位も決まっていなかった。選挙で応援なんかしているくらいならば、8月中には対策を打つべきだったのだが、桝添厚労相もそんなものだろうという感じだ。
 まあ、覚醒剤、麻薬、インフルエンザではマスコミはスキャンダラスな事件のように毎日騒ぎ立てるだけ。
 しかし、日本の自殺者数が欧米先進国と比較すると世界一。国際比較でも世界第8位の自殺率の高さについては瞬間的にながすだけだ。
 自殺の原因は社会情勢の不安定さにあると言わざるを得ない。
 インフルエンザばかりに救助の目が集中してしまっているが、もっと防がなければいけないのは自殺者をなんとかすることだ。
---------------------------------
(中略)しかし,それだけでは団塊の世代が自殺好発年齢域を通過し終わるまで,大幅に自殺者を減少させることは困難であろう.
 自殺の動機を考えてみると,一般的に恋愛問題は20歳代,家庭の不和や経済問題は40歳代に多いが,なんと言っても筆頭原因は病気である.
 40歳代で総数の1/3,50歳代で1/2を占め,60歳以上では過半数が病気を動機としている 8) .20-30 歳代の自殺でも,病気は恋愛問題や精神性疾患とならぶ重要な動機である.この傾向は,自殺ブームの時期でも基本的には変化しないと考えられる.
 不況と自殺の関係も,病気を媒介項とする間接的なものと考えることもできよう.
 つまり病気を減少させれば,不況になっても自殺はたいして増えない状況を創り出すこともできよう.社会基盤の強化が進めば,不況だろうが病気だろうが,自殺などしないで踏みこたえるだけの強さやゆとりが社会の中に生まれる可能性もある.

 衛生行政の本来的な使命は生活環境の安全性の維持と向上にあると考えられる.自殺を大幅に減少させるためには,社会基盤の強化に努め0次予防 6) を図ることが極めて重要であると考える.
日本における自殺の精密分析」 東京都立衛生研究所年報,50巻,337-344 (1999)
----------------------------------

もっと、人の命を新政権は大切にしてほしいものだ。
自殺が減ってこそ、実は、日本の社会基盤がきちっとしたものになったという。
今までの、自民党公明党政権では裏を返せば、日本の社会基盤は脆弱してしまったからこそ、自殺率が年々増えたと言える。
 インフルエンザの予防ばかり見るのではなく、人の命の観点からもっと広く新政権の厚労省には目配りをしてほしいものだ。
 まあ、本当に病気を苦にして自殺するなんてあってはいけないことだ。
 後期高齢者医療制度、病院の廃業、救急車のたらい回し、薬剤訴訟等々日本の政府は起業にはいい顔をしても、人の命に対しては本当に冷たかった。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.07 »

コメント

こんばんは、くまさん

インフルエンザ騒動があった時は、舛添さんって五千何百人確保と言っていませんでしたか?
蓋を開けてみれば、千何百人しか、確保できないと言うではありませんか。
あの人って、大風呂敷ですね。
メディアも少しも追求しません。
自殺者が多いのも、あまり言いませんね。
社会が安定していたらこんなに多いわけがありません。
政治の貧困で犠牲者になっている人は多いと感じます。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
人の命に差別はないはずですが、桝添厚労相の目立ちたがり屋には呆れました。
騒ぐだけ騒いで、対策は出来ているかと思えば、世界に遅れて今頃だし、方は自殺対策についてはほとんど無し。
 社会基盤が弱いから自殺はなくならないという分析がありましたが、同感ですね。
やさしいくにになって欲しいと、民主党にちょっとだけ期待してしまいます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は何の日だったの?09.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.07 »