2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.28 »

2009.09.28

ようやくか? 空港整備特別会計見直し

 漸く民主党に政権が変わって社会資本整備事業特別会計の空港整備勘定(空港整備特別会計)を見直すようだ。
 こんな特別会計があるから、どんどん無駄な空港が作られ、箱物ばかり作り挙句の果てに日本国内だけでなんと98もあるのをご存じだろうか。98です。
 そして、茨城県にも空港が出来てしまう。
 国直轄の26空港の内、22空港が税金投入を覗き赤字に陥っているそうだ。
 公共交通機関については、代替交通もなく、必要性があるならばある程度の赤字補填は致し方ないかもしれない。
 しかしだ、空港が無くても困る人はほとんどいないのではないだろうか。利便性がほんの少し上がる人はいたとしても、東京で言えば羽田空港の方が便利だ。
 千葉県に住んでいても、成田空港に行くよりも、羽田空港に行く方が便が良い。
 ましてや、茨城空港なんか、県知事は利用者がたくさんいると嘯いているのだが、利用者が少なかった時の責任をどう取るのだろうか。
  いままで誰も責任を取ったことがないからさらにやっかいだ。
 静岡空港も出来てしまったが、静岡県民も本当に空港が欲しかったのだろうか?
 
 兎に角、この空港整備特別会計がくせ者だ。くせ者の第1は国の予算会計にある。予算会計の考え方は、「予算は使い切る」というバカな常識がまかり通っているからこそ、永遠に予算が有る限り、予算を使い切り、空港を作り続けるという浪費の弁を閉めることが全く出来ない。道路行政と同じ構造だ。
 採算度外視なんてモノではなく、空港建設しても採算が合うという収支計画予算を創り出してしまうのだからもっとやっかいだ。
 役人たちの試算も根拠が曖昧だし、全く違った試算(赤字)になったとしても誰も責任を取る人がいない。
-------------------------
 前原氏は「(航空機が)着陸すると(特会に)お金が入ってくる。採算が合わない空港をどんどんつくり続け、JAL(日航)やANA(全日本空輸)に飛ばせと政治家や役所が押しつけてきた。仕組みを見直していかなければいけない」と明言した。
-------------------------

 日本の航空行政も考え方を改めた方がいい。こちらの特別会計の考え方も完全に経年劣化してしまっている。
 日本のハブ空港としての立ち位置も韓国に持って行ってしまったのは、高すぎる空港利用料と言うことになる。
 どうも、いまの空港行政はもう必要ないのではないだろうか。
 旅行で使う人を除けば、航空機を利用するビジネスマンたちはどこに集中しているかを考えれば、自ずと答えが出てくる。
 決して茨城県や静岡県ではない。

 空港も3年継続して赤字だったら、他の施設に転用した方がいい。
 本当におかしな社会資本整備事業特別会計の空港整備勘定だ。
 理解不能な考え方だ。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.28 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46333730

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくか? 空港整備特別会計見直し:

» 日本航空の歴代社長 [山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法]
日本航空発足以来の鐔の鯊綏弍朕� 就任年月社長(前職)会長(前職) 1951年8月柳田誠二郎(日銀副総裁)藤山愛一郎(日商)会頭 1953年10月〃原邦造(旧三井財閥幹部) 1961年1月松尾静麿(航空庁長官) [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?09.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.28 »