2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.22 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.23 »

2009.10.23

地域分権?地域自立?自立経営が必要だ

 地方分権と叫ぶことは良いことだと思うし、地方にあった政策を独自で行うことの方がどれだけ適材適所に追加投資ができるかがよくわかる。
 それならばだ、経営感覚をどんどん取り入れることが必要だ。行政は補助金に頼りすぎていて、補助金が無くてはなにもできないなんて、必ずバカなことを発言し出す。
 補助金がなかったら、なにもできないかと言えばウソになる。要するに、やる気がない時の言い訳でしかないからだ。

 人件費は確保されているなかで、体と知恵を出すことを忘れてしまっている。
国の補助事業には、大まかなあらすじが書かれており、それに従って遂行するだけだから、こんなに簡単なことはない。それで、住民のためになっているかと言えば大嘘だ。
 行政は国の支持で単なる費用を使い切っているに過ぎない。
 補助金がなければ、自分達で工夫をするということが必要なのだが、ぐーたらに役所生活に浸ってしまった人間たちは、創意工夫が全くできない。
 最初に計画と紐付きの金ありきからではないと動かない。動けないのではなくて動かないのだ。
 本当にやる気があるならば、役所の職員は体を動かして、街をきれいにしろと言いたい。
 清掃業者に委託などせずに、地元をきれいにしろとも言いたい。
 自分の関係ないかの仕事だと嘯くことも現金だ。住民からすれば、どの部署に所属しようと役所の職員であることは変わりがない。
 ネクタイとスーツを着て役所の職員ですという時代は終わらせなければいけない。
 
 さて、国が、各省庁がそもそも、発想の転換をして、予算を組み直すべきなのだが、どうも狂っている。
 以前も書いたのだが、補助金があるから、補助金を漬けるから仕事をするのでは無いし、補助金を与えてはいけない。
 補助金先にありきがどれほど、税金を無駄にしているかだ。
 国も、地方行政に対して、汗を流して、足りない部分についての事業について補助金として補助を出すのが本来の姿だ。
 家庭内で親子の会話であるように、よく頑張ったら補助をすると言うことにつきる。
 最初から補助金をばらまこうとするから、国の予算額がどんどんふくらんでしまうということだ。
 本当に地方分権というならば、国も考え方を変えるべきだ。
 補助金制度はあとから出す。精査して、適正と認めた場合だけ、国庫から補助金を出すべきだ。全国おしなべて出すから無駄な経費として税金が出て行く。
 やはり、各市町村に競争させるべきだし、書く行政も自力の費用でできるだけ地っ子することが第一優先だ。良い事業には条件無しで、その行政にご褒美としてあげれば、国の予算は削減できる。行政の職員も作業着を着て、どんなことでもするべきだ。
 まあ、首長から率先して、ネクタイを外して、常時作業着を着て、自分達の人件費で出来ることからやるべきだろう。 
 余談だが、行政の全職員で一週間に一度、全区域でゴミ掃除でもしてみるべきだ。
 財政破綻団体一歩手前の千葉市も同じだが、机の前でほとんどの時間を過ごしていたら、何も生み出すことなんて出来ないということを再考するべきだろう。

 行政の職員全員が自分の街を良くするために、毎日営業で歩くことぐらいしたら、自分の管轄しているまちがどんな街かよくわかるはずだ。
 会議ばかりしていて、自宅と建物の行き来をしていない職員は不要だ。

 それぐらいの行動をしなければ、地方分権なんてできっこない。国も地方分権にするならば、補助金の付け方を根本的に変更しなければ、いまの補助金漬けの行政は多分何も変わることが出来ないだろう。

 さて、行政刷新会議がどれほど予算をバッサリと切ることができるか御手並拝見としたいのだが、そもそも、旧態依然の予算を見直すべきだ。
 どうも各省庁とも過去のしがらみ、というか過去の発想から抜け切れていないようだ。何十年も継続事業をやり続けていると、その担当者としては継続することが目的になってしまい、内容ははっきり言って効果などはどうでもいいこととなっている。
 予算を付け、実行することで満足と言うことだろう。そして、国の場合、予算の組み方がいい加減で、まあ、ダム建設が特に顕著なのだが、年々予算枠がはみ出してしまっている。一般企業でこんな予算の組み方をしたら、左遷ものだ。予算は予算内に納めることなのだが、それすら親方日の丸はやろうとしないから、積もり積もった財政赤字が800兆円も超えてしまった。これは、債券発行で行政はいくらでも借金ができるという都合のいい制度が出来てしまっているからだ。
 
 国も県も行政は債券発行をしないでやるくらいの覚悟で予算削減をしてほしい。
その中でやはり優先獣医を決めてほしいものだが、民主党はできるだろうか。
 自民党政権は全くそんなことをしなかったわけだから、良くはなっているのだろうが、50兆円くらい削減することをしてほしいものだ。
 住民に直接関係のない事業は思い切って削減した方がいいのだが・・・。

地方分権をするならば、職員の発想と仕事の仕方を180度転換しないと無理だろうね。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?10.22 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.23 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46559977

この記事へのトラックバック一覧です: 地域分権?地域自立?自立経営が必要だ:

« 今日は何の日だったの?10.22 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.23 »