2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.07 »

2009.10.07

傷だらけのツル

 鶴のマークの日本航空と言えば憧れの対象だった。パンナム(パンアメリカン航空)がやはり世界の航空会社だったころ、海外旅行の番組のスポンサーと言えば同社だった。そして、日本人が安心して海外旅行に行ける航空会社と言えばJALだったのだが、いつの間にか飛べないツルになってしまったようだ。一足先にパンナムは倒産してしまった。
 何故か、どんな外国の航空会社を利用するより、JALで海外旅行をすると言えばステータスに近かったのではないだろうか?
 ANAと言えば国内だったのだが、ANAとJALはいつ頃攻守所を変えたのだろうか。
 イメージとしてはいまはANAの方がいいのかもしれないが、昔の人たちは未だにJALファンが多いと思う。

  何故か、パンアメリカン航空が破産した時と似ているように感じる。

  パンナムもパイロット等の職員の賃金が高すぎ高級をカットすることができずに、高コスト体質のまま慢性的な赤字の陥って破綻してしまった。
 日本航空もほとんどにている。日本航空の場合は組合の数も多く、なかなか妥協点が見いだせないが為苦しんでいるとも聞く。

 この組合のしがらみを切るためにも、一度破綻させてから、再生させることが一番の早道ではないだろうか。
 再生JALとして、一度ご破算にしてから、やり直した方が、中途半端にてこ入れするよりも余程早い再生ができるだろう。

 まあ、今日の読売新聞に掲載されていたのだが、日本航空の国内線のなんと9割が採算割れでは、赤字を垂れ流しているとしか思えない。これも、お馬鹿な国土交通省と首長の地方空港の乱開港が足を引っ張っているとしか思えない。
 茨城県知事は未だに採算がとれるなんて嘯いているが、頭がおかしくなっているとしか思えない。静岡空港もしかりだ。ほとんどの地方空港が赤字なのだから、この際、空港を辞め、大型ショッピングセンターでも、もう一度壊して森にするなり、空港の再生も考えた方がましだ。
 空港整備特別会計の国土交通省と航空会社とのマッチポンプ的な財源確保もどうやら、日本航空の破綻間近で終焉を迎えそうだ。
 さて、これから日本航空も茨の道をあゆむのだろうが、破綻させることが一番手っ取り早いはずだ。
 自民党政権の間違った舵取りが、航空行政にも大きな膿として出てきたのがJALの問題と言うことだろう。
 JAL再生タスクフォースで抜本的な見直しが行われるのだろが、破綻させることが一番すっきりしそうだ。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?10.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.07 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46418718

この記事へのトラックバック一覧です: 傷だらけのツル:

« 今日は何の日だったの?10.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.07 »