2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.29 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.30 »

2009.10.30

地方空港のほころびが ボロボロと

 お馬鹿な国土交通省がなんのビジョンもなく族議員とおらが町に空港をと何故か考えてしまう知事たちによって、粗製濫造され続けている現状がこの不景気で、ボロボロと崩壊していく。
 その顕著な例が 神戸空港か?!
 借金を返済するのに原資が無く、返済のために借入なんてすることを考えるようではどうしようもない。まあ、関西に関空、伊丹、神戸とあんなに狭い地域に三つもあるなんて「バカじゃない」という一言につきる。
 消費者が買い物をするのに商店街が出来ていて利便性が高くなるならいざ知らず、空港が隣にあっても、そうは簡単に乗り降りできない。鉄道、バスなら停車して簡単に乗車できるのだが、飛行機はそうはいかない。飛行機って、中長距離用の乗り物だ。
 地元の人の利便性よりも、土建屋等の後援会のご褒美と首長の自己満足だけだ。
-----------------------
 神戸空港を運営する神戸市は、来年度に返済期限がくる空港島造成の借金395億円の償還が困難になったとして、新たに市債を発行し、返済を最長で20年先送りする方針を固めた。神戸空港は造成工事などで生じた多額の借金を造成地を売却して返す計画だったが、ほとんど売れず、資金調達のめどが立たなくなった。同空港の財政計画は開港4年目で行き詰まった。
-------------------------

 日本中の工業団地は高度成長期に計画されたものがほとんどで、あちらこちらの造成地で森が伐採され、環境は悪化しつつ、工場誘致はほとんどできていないというのが現状だ。
 工場関係が海外に移転していることを全く想定できなかったとしか思えない。
 バブル崩壊前後に既に工業団地も作れば売れるという時期はとっくに過ぎ去っていたのだが、それに気がついていても、作り続けた行政と言うことになる。
 まだ、山林や林の方が環境的に良かった。もったいない。
 
 本当に計画が杜撰だ。返済計画が甘いとしか言いようがない。収入は少なめに、経費は多めにと考えて、収支計画を立てるのが普通なのだが、いざとなったら、市債を発行するなんて、中小企業では全く考えられない甘さだ。
 それは間違いなく、住民の負担増になる。

 空港なんかどうして造った?空港なんてどうして造らせた?国交省と言うことになる。
国交省のやることはひどいもんだ。

 そして、JAL再建で 日航も撤退する静岡空港も閑古鳥だ。静岡空港の今年度の着陸料の約1億9,800万円のうち、JAL分約8,500万円分を閉めているのだが、それが将来無くなってしまう。
 そして、着陸料も国交省は今後下げる見込みなのだから、地方空港の収入はますます減ることになる。ますますほとんどの空港の赤字が増えるということだ。
 もう、採算の合わない地方空港はどんどん閉鎖した方がいい。
 特に、関西は関空一つだけ残す。
  空港問題一つとっても、過去の自民党政権の杜撰さが浮き彫りになってしまう。
こんな状況のなかで、国会で野党自民党が反対質問しても、それは説得力がないわけだ。

 政府には航空行政に大なたを振り下ろしてほしい。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?10.29 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.30 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46620951

この記事へのトラックバック一覧です: 地方空港のほころびが ボロボロと:

« 今日は何の日だったの?10.29 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.30 »