2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?11.11 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.12 »

2009.11.12

事業の仕分けと言うよりも 

 行政刷新会議の事業仕分けが昨日から始まった。雰囲気としては政治主導という感じだが、これはこれで良いと思う。
 説明とはダメな物はどんなに時間を費やしてもダメなものだ。本当に必要なものって、実はほんの少ししかないのかもしれない。
 バッサリ一刀両断にして切り込めない限り、事業を要不要で切り分けることなんてできっこない。
 事業の仕分けと言うよりも、省庁の担当者は自分達の仕事が無くなるかどうかの方が心配で仕方がないと言うことだろう。
 民間に比べたら、行政の関係団体の仕様効率は低いなんてものではない。
 こんなに閑散としていて、普通だったら倒産してもおかしくない事業がたくさんある。
それでも閉鎖、倒産しないのが、御役所仕事だ。

 役人たちは必死になんとか長舌で説明したいのだが、それも許されない。丸め込もうと思ってもできないと言うことだ。
 まあ、自分達の仕事を確保するために、本当は無駄なことを知っていても毎年予算に計上していたなんて事業は悲しいかなざらだろう。
 役所もマンネリと職域を守っているだけだ。本当は省庁内も時代に合わせたスクラップアンドビルドが必要なのだが、そんなことするわけがない。そんなことしたら、自分の働く場所が無くなるだけだからだ。
 社会保険庁の年金照合のように、なんと文句を言われつつ、永遠に終わらない仕事を創り出すことにかけては悪知恵が働く。そうして自分達の立場を長い間守ってきたのだからどうしようもない。
 行政刷新会議の俎上に登ったこと自体、事業内容には疑っても良い事業ばっかりだ。

 嗚呼、これで予算が廃止された部署ははっきり言って存在価値がないと同義語でしかない。役所の人員削減にもつながるというものだが、まあ、そんなに簡単にいかないだろう。 また、次には役人たちは机上の空論でいろいろ頭を酷使して、新たな事業予算を創り出す。
 例え現場では全く使い物にならない事業でもだ。裏付けを作るような思料も創れと現場に要求するなんてことも、平気でするだろう。

 予算にどっぷりつかってしまった事業は、予算が無くてはだめだという発想からスタートしてしまっている。
 ところが予算が無くてもなんとかしなくてはいけないという事業は、補助金等が無くても実はできるのだ。
 やる気があるかないかという単純なスタート地点の違いだが、発想は雲泥の差だ。

 本当に必要な物であったら、創意工夫で考える。お金が無くてもなんとかしようとすることが必要だ。
 お金に頼るとろくなことがない。図書館でも全国から書籍を募ってボランティアで賄っているところもあるではないか。
 本当に必要ならば、お金がないから出来ないという事業はほんの一握りしかない。

 そのほんの一握りの事業に国は予算を付ければ良いだけだ。

 どうも最近の事業は先にお金ありき、先に補助金ありきで、自分達で申請して不足部分に対して女性をしてもらおうなんて考えが足りなさすぎだ。
 こんなことでは、いくら予算があったとしても
 
 本来は国が勝手に予算を付けるのではなく、じっくり地元が考えて足りない事業に対して、予算を付けることをするべきだろう。
 
 国が勝手に考えてつくるということを一から考え直すか、地元に財源を移譲した方が、全国一律で制度設計するより余程ましだ。
 今回の行政刷新会議で本当にどんどん切ってほしいのだが、どうなることやら。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?11.11 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.12 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46742438

この記事へのトラックバック一覧です: 事業の仕分けと言うよりも :

« 今日は何の日だったの?11.11 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.12 »