2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.01 »

2009.11.01

言葉足らず?いずれにしても口は災いの元か

 小沢さんの新人統制もいかがなものだろうか?
 漏れ聞くところによると 小澤幹事長は『新人の仕事は選挙』と言っているそうだ。それは違うだろう。いくらなんでも、そんなことを国民の聞こえるところで入ってはいけないだろう。
 もし、それが本当ならば、大間違いだ。新人であろうと、複数回当選した議員だろうと、有権者の付託を受けたものは国民のために仕事をすることが第一義だ。国民のための仕事をしてこそ、次の選挙に勝てると言うことになるのが本当の姿だろう。
 新人の仕事は選挙って、一体小澤幹事長は何を言いたいのか全く理解不能だ。この人の最大の欠点は、言葉が足りない、説明不足、それに加えてあの仏頂面、どんなに優しい声で話しても、やさしく見えない。
 まあ、こんなことを新人に言っているならば、民主党に次はなくなる。
 特に今回 行政刷新会議で事業仕分けを行うメンバーから、小澤幹事長の一言で事業仕分けの担当を外されてしまった新人議員たち。
 事業仕分けはそもそも、国会議員に染まっていない人の方が新鮮な気持で、必要か不要かを判断できるはずだ。国会議員を長年やっているといろいろなしがらみで、心も頭も曇ってきている。新鮮な感覚が国会にも必要だからこそ、新人たちが選挙で勝ち抜いてきた証だ。
 どうも、小澤幹事長はこの辺が判っていないようだ。事業仕分けに全員参加させるくらいの姿勢が僕は必要だと思うがいかがだろうか。
 参加させることで、逆に国がどんな仕事を予算に組み込んでいるかも理解することが出来るはずだ。いわゆる勉強を兼ねての一石二鳥。
 国会のしきたりやマナーなんて、時間外にでも教えてあげればいい。社会人のマナーを知らない人間をそもそも立候補させる方が大間違いだ。
 嗚呼、民主党も大事な行政刷新会議の事業仕分けで期待していたのだけれど、なんか期待薄になってしまった。
 もう小澤幹事長は表に出てくる必要がない。そもそも黒幕は外に出るなと言いたい。
 さて、菅副総理は逆で口数が多すぎで墓穴を掘りそうだ。
「霞ヶ関は大ばか」と発言したそうだが、まさにぼくも同感だ。
 官僚たちはもっと国の施策では柔軟な発想が出来なければいけないのだが、答えのある問題をとくのは得意だ。そして、もっと得意なことは、従前からある事業を継続すること。
 自分達の仕事を作ることだろう。そして、結果に対しては決して責任を取らない。
 結果を取らない典型が、航空行政だ。一体何を考えて空港を作ったのだろうか。
 空港乱開港の結果は親方日の丸のJALと破綻だ。
 
 菅副総理はまた、日本航空の再建問題に絡み、「JALが飛ばなくなった空港の多くは、飛行機が飛ばない空港になる」と語ったそうだが、これも、官僚たちや自民党たちの食い散らかした末路だ。
 本当に官僚たちは責任を取らない。自民党政権も責任を取っていない。
 日本の政治は自民党一党支配で、800兆円超の在世赤字になってしまったのだが、自民党は何故これだけ赤字がふくらんだのかの報告をしつつ反省をするべきだ。

 嗚呼、それにしても、口数の少ない訳のわからない小澤幹事長と最近、口数の少なかった菅副総裁。いずれにしても、話し方には気を付けた方がいい。

 民主党さん、もう少し 口の利き方には気を付けないと、何気ないところから支持率は下がるものだ。

« 今日は何の日だったの?10.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.01 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46640052

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉足らず?いずれにしても口は災いの元か:

« 今日は何の日だったの?10.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.01 »