2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.03 | トップページ | 今日 富士山が見えました »

2009.12.04

自民党が消え去るかも 支持率16%

 鳩山首相の政治献金?贈与問題で普通は民主党の支持率が激減して、野党の支持率が反動でアップしそうなのだが、自民党の支持率が16%だそうだ。
 自民党は影が薄いと言うより、影がもう無い。
 審議拒否をしても、マスコミも騒がなければ、有権者もほとんど無視の状態だ。審議拒否をすればするほど、いてもいなくてもいい存在になる。
 審議拒否が無意味な行動と判っていないようだ。審議拒否をするくらいならば、国民のために、きちっと前向きな内容になるよう審議をする方がいかほど国民の為になるかということだ。 
 それすら判っていない自民党。衆議院選挙前の民主党の様子を見ていると、審議拒否をするよりも前向きな検討で対処していた。その時からもう与野党逆転していた状態だ。

 つい数ヶ月前までには、与党だった自民党だとは思えず、与野党の支持率が拮抗していたことを思い出すと、この凋落振りはひどいものだ。

 今後、自民党は国民に一体何をしてくれるのかが全く発表がない。唯一できることと言えば、政治献金疑惑で鳩山首相を追及しようとすることのみ。手腕も手法が全くの能無しと言うことだろう。
 いままで政権与党でいたことが、ウソのようだし、与党だった片鱗が全くない、政策等についても実力が全くない。
 要するに、50数年安穏と議員生活をむさぼっていた、そして、大臣の椅子に座ることだけ考えて選挙の当選回数を競っていたのだからしょうがない。まあ、総理が替わると今度こそは大臣になれると希望をいだき、総理から電話がかかってこないからと、ブウブウ文句を言った自民党議員もいたっけ。実力ではなく、順番で回すような政治家たちだった。
  いつの間にか万年与党でいることが当たり前に名って、ゆでガエル状態だったのだろう。
 悲しいかなそのゆでガエル状態二位までいることに気がついていないようだ。

 自民党政治の内容を見れば、いかにも表舞台では自分達が仕事をしたかのように装っていたのだが、議員答弁では官僚たちのアンチョコを仰ぎながら、答弁をしていたのを見れば、頭が空っぽということがよくわかる。政治を表面上運営していたのだから、官僚たちがそばからいなくなった途端に、本当に本来の姿の木偶の坊になってしまった。
 
 加えていまの旧態依然の自民党の幹部たちは昔の姿を未だに追い続けているようだ。 自転車で転倒した谷垣総裁も大島幹事長も全く精彩を欠いている。
 自民党を取り上げるマスコミもほとんど無くなっている。

 自民党は与党の時にも党首討論を申し込み、全く効果がなかったのだが、またもや党首討論をやろうとしていること自体が、全く意味不明だ。

 民主党を誹謗中傷してこき下ろそうとしても、無駄な作業だ。
 基地問題もダム問題も空港行政もみんな自民党がまいた腐った種だ。
 このような日本にしてきたのは何あろう自民党だからだ。それを知っているからこそ、鳩山首相の政治献金疑惑が出てきても、緩やかにしか支持率が下がってこない。

 鳩山首相の政治献金疑惑と過去の自民党政権による無駄遣いの温床が800兆円以上の財政赤字を残してしまったことを考えれば、それは自民党政権の方が罪が大きすぎる。
 
 このまま行くと来年の参議院選挙も、自民党は大敗しそうな要因しかない。
 二大政党制はどうなるのだろうか、民社党も国民新党も消えてしまうかも。
 
 余談だが、鳩山首相のぶら下がり記者会見は阿呆太郎や安倍、福田に比べれば好感が持てる。いま思うと、何故落ち着いて記者会見が出来なかったのだろうか?
 

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?12.03 | トップページ | 今日 富士山が見えました »