2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.07 »

2009.12.07

金券ショップに 何故年賀状がたくさんある?

 年賀状の予約はいつも早すぎると思うのだがいかがだろうか?そして、当たるわけもないと毎年300枚くらいは年賀状を予約する。
 そして、足りなくなると近くの郵便局では買わずに、金券ショップに行って購入するのだが、いつも潤沢にあるのが気になっていた。
 年賀状の予約時気が早いから、購入後に喪中の葉書が必要になる人が、金券ショップに販売に行くのかなんて思ったりもしたのだが、それよりも、郵便会社社員のノルマのせいだったようだ。
 郵便葉書にもノルマがあるなんて、ばかげた押しつけだと思うのだがいかがだろうか。
 
 年賀状も金券ショップで購入した方がましだと言うことになったら、ますます、ノルマが無駄になってしまう。

 年賀ハガキも昨年はたくさん余ったという記事があった。今年の年賀状ソフトの変更点は、メールに年賀状が送れることだ、ソフト会社もその辺を含んでソフトを開発している。
 
 葉書をやり取りするという習慣がある、高齢者の人たちが、年々年賀状の発送枚数を減らしている現状を考える限り、売上は右肩下がりが当然だろうし、手紙を書くことをしない世代が増えているのだから尚更だ。
 郵便事業会社ももう少し、切り口を替えた方がましなのだが、どうだろうか?

------------------------- 
 道内の金券ショップで、大量の年賀はがきが販売されている。年賀はがきを販売・配達する郵便事業会社の社員らがノルマ達成のために自腹で購入したが、売りさばけずに持ち込んだものだ。こうした自腹を切る行為は「自爆営業」と言われ、郵便事業会社側も「不適切」と禁止するが、「査定に響くので無理するしかない」と金券ショップに通う社員らは後を絶たない。
 札幌市中央区の金券ショップ。10月29日の年賀はがき発売当日、200枚入りの束を5、6個持ち込んだ人がいた。ショップの店長は「ノルマの話は知っており、郵便関係者だと思った」と話した。
--------------------------

 こんな年賀状の売上枚数をノルマに課し、査定の対象とする郵便事業会社の将来はどうもあるとは思えない。

 12月も20日過ぎたら、年賀状の作成に入るつもり。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?12.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.07 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/46957437

この記事へのトラックバック一覧です: 金券ショップに 何故年賀状がたくさんある?:

« 今日は何の日だったの?12.06 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.07 »