2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.08 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.09 »

2009.12.09

住所の判らない人に年賀状?!

 住所の判らない人にも年賀状を届けてくれるサービスがあるということを知らなかった。が、しかし、どうも好きなシステムではない。
 「ウェブポ」というシステムだそうだが、既に1万とか2万人とかが登録しているような?
https://webpo.jp/
 相手のメールアドレスがあれば、リアルな年賀状を住所の判らない人に平均128円で配達してくれるとのこと。
 送りたい人が相手のメールアドレスを知っていること。
 ウェブポ では依頼を受けると、相手方に メールを預かっていますと連絡をし、
その人から、年賀状をもらいたければウェブポに住所を連絡する。
 当然のことながら、全てが暗号化されていて、暗号を解除するキーは弁護士が管理しているそうだ。
 もらいたくない時は、拒否できるのだそうだが、メールアドレスを知っていて、住所を教えていない、というのはそこまでのお付き合いと言うことに他ならないのではないだろうか。
 あれば便利と思う人は、もしかしたら、ストーカ的な感覚の人かもしれない。
 拒否された場合に激怒する人も出てきたりして・・・。
 
 嗚呼、そんなことまでして、年賀状を届けたい人がいるというのが判らない。

 どんなケースに届けたいと思うのだろうか。

 暗号化システムになっていて、そのキーは弁護士が管理しているということで、個人情報は安全だそうだが、人間がやることに絶対ということはあり得ない。

 ましてや、個人情報が漏れる時はまさに人間から漏れている。人間の故意から漏洩ばかりしていて、何をやっていても信用が出来ない。
 銀行でもカード会社でもネット上のデータの漏洩がなかったことはない。

 何らかの形で、住所を教えたくない人に住所が判ってしまった場合に、どう対処してくれるのだろうか。

 弁護士も人だから、当てにならない。銀行関係者も個人データを名簿業者に売買なんて話しも絶えない。

 そこまでして、リアルな年賀状を費用をかけて送らなくても、メールで年賀状を送ればいいのではないかなんて思ってしまう。

 なんか余計なお世話のような気がするがいかがだろうか。
 ぼくには全く理解できないシステム。

 悪用する人が出てこないことを願うばかり。

 これからは、メールアドレスも相手によって使い分けないとやっかいなことになるかもしれない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?12.08 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.09 »