2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?01.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?01.11 »

2010.01.11

政策論争が見たいのだが・・・ 自民党

 政策論争が見たいのだが、残念ながら、自民党は野党になったにもかかわらず、頭が古いというか、政策が全くできていないようで、情けないったらありゃしない。
 民主党が野党だった時も予算委員会で本来予算について追及するべき時に、全く関係ない政治献金疑惑で突っ込んでいたことがある。
 それはきちっと検察庁に任せるべきだろうと思うのだがいかがだろうか。
 どうも、野党になると検察ごっこをしたがる。検察ごっこで与党の足を引っ張ることが最善だと思っている野党はどうしようもない。
 正々堂々と国民のために何をしてくれるのか?何をするべきなのか?自民党だったらこうするのかを聴きたいのだが、全くそんな話は聞こえてこない。
 今自民党から聞こえてくるのは、自民党離党議員の話か、政界再編の話だけだ。

 本当に自民党には政策論争ができないのだろうか?
 政策なき政党なのだろうか?
 自民党は一体何をしてくれるのかが全く分からない。
 今夏の参議院選挙を控えては議員の離党がボロボロと、公明党は公明党で参議院選挙では民主党と手を組みそうなこともちらほら。
 何だか、自民党がどんどん消滅していくだけでしかない。自民党って、本当に今までの数十年は自力で政策を作っていたのか、否かを今 証明しているようだ。

  国民にどんな政策をしてくれるのか、明らかにしてほしいのだが、どうやら無理なようだ。
 民主党の山岡国会対策委員長が以下の通り述べているが、ある意味、核心を射ていると思う。
-----------------------------
民主党の山岡賢次国会対策委員長は9日、鳥取県米子市内で講演し、自民党が18日召集の通常国会で、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題を巡って首相の実母や小沢氏らの参考人招致を求めていることに関し、招致に応じない考えを改めて示した。「そういう非建設的なことをやって国民生活が成り立つのか。国会をワイドショーの場にして野党に何が残るのか」と述べ、自民党をけん制した。
------------------------------

 自民党もつい最近まで、100年に一度の経済危機云々で、解散を先送りしていた経緯があるが、解散先送りをしていて、100年に一度の危機はどうなっただろうか。
 残念ながら、まだまだ危機は継続中だ。
 かといって、今民主党からどの党に政権交代しても無駄なような気がする。
  みんなの党の渡辺喜美代表が 「民主党も自民党もだめ」と発言したようだが、かといって、みんなの党に投票することもしない。
 みんなの党はやってくれるのかと言えば期待薄だ。
 たとえ投票したところで、みんなの党が一気に数百人に増えるわけもない。

 もう少し時間を見る必要があるのだが、日本の政治が本当に良くなるためには、国民のための政策論争ができる政党が野党に出てこないことには、日本の政治は良くならない。 嗚呼、今の自民党では二大政党政治は夢の又夢となりそうだ。
 いつまでたっても、検察ごっこで無駄な時間を費やしてほしくない。

 自分達政党、議員という立場ばかりに固執している人たちには、議員を辞めてもらいたい。
 国民のために何が出来るか、国民のため何かをするために立候補した人たちは、肝に銘じて、きちっとした仕事をしてほしいと思うだけだ。
 今のままの政治の流れで言ったら、折角政治に関心を持った有権者たちも、政治不信に陥ってしまうことは間違いない。
 政治不信に陥らせないためにも、議員と呼ばれる人は成果を見せてほしいものだ。

« 今日は何の日だったの?01.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?01.11 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/47263069

この記事へのトラックバック一覧です: 政策論争が見たいのだが・・・ 自民党:

« 今日は何の日だったの?01.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?01.11 »