2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?02.15 | トップページ | 今日は何の日だったの?02.16 »

2010.02.16

マスコミに小ネタを提供してはいけない!スノーボーダー

 最近の政治もオリンピックもいつものことでマスコミのネタが小さすぎて、マスコミの独自取材記事の少ないことが露呈している。
 マスコミは独自の主張があってしかるべきなのだが、相も変わらず金太郎飴と同様どのチャンネルにしても夕方はほとんど同じ視点から同じコメント同じ映像ばかりだ。
 チャンネルとコメンテーターの顔が変わるばかりでシナリオがあるかのように酷似している。
 政治と言えば自民党の下品な「政治と金」ばかりの民主党への追求。こんな政党だったのか他全く呆れてしまう。「ネガティブキャンペーン」で支持率が上昇していると思っているから大間違いだ。民主党でもやらなかったような、下品で粘着性気質丸出しの熱地濃さで「ねちねち」と攻める。与謝野馨氏もこんなに下品かと思わなかったし、もう少しましかと思っていたら、この程度の質問しかできなかったことに呆れてしまう。
 もうくだらない!ネガティブキャンペーンをしても自民党の支持率は上がらない。呆れ返るだけだ、国会で攻めるべきは「政策論争」なのだが、予算委員会で「政策論争」を聞いたことがない。
 マスコミも最近は漸く気がついたのか、この手の自民党報道もトーンが低くあっと言う間に終わってしまう。
 さて、そんな中で、格好の餌食と鳴ったのが、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)代表の国母和宏服装問題。
  服装問題を指摘されたのにもかかわらず、火に油を注いだのが、本人の公式服装の乱れ、『反省してま~す』会見。
  マスコミにこんな格好の餌を与えてはいけないのだが、どう考えても管理監督者の問題だ。そもそも、彼らがオリンピックに馴染まないのが問題だが、それを無視して競技に入れたことも災いを招いた。
 彼らの正装であるボーダーファッションなのだから仕方がない。それを認識していなかったオリンピック委員会と監督たちと言うことになる。
 彼らには自分達が間違っているとは「反省してます」発言からは全くない。
反省記者会見のやり方もまずかった。空気が読めないのか、それが普通なのかは議論の分かれるところだろうが、「言わなければわからない」人たちということを忘れてはいけない。結団式の時にも注意喚起が必要なのだが、それを怠ったとしか思えない。

 スポーツ選手だから、きちっとしていると思ったら今は大間違い、プロ野球の選手を見ても髪の毛の長い人たちが多くてぼくには「とても見苦しい」のだが、そんなこと言う気にもならない。野球はもう見るだけの面白さがないから、格好はどんなであろうと知ったこっちゃ無いと言うところだし、そういう世界になったと思うだけだ。
 スポーツをやる人たちは汗もかくのだから、すっきりした頭が良いと思うのは古いのだろうか。
 彼が在学する東海大学も応援会を自粛してしまった。
-----------------------
 母校・東海大が「多くの方々から批判があり、開会式を自粛したということにも配慮した」と、国母が在籍する札幌キャンパス(札幌市南区)で18日に予定していた応援会の中止を発表した。
-----------------------
 なんだかという感じだ。要するに東海大学からオリンピック選手が出たにもかかわらず、大学のイメージが悪化するのを避けただけでしかない。つまり、大学側としては彼を広告塔として使用するにはマイナス効果が大きいと判断したということが本音だろう。

 応援するならば、彼の服装はスノーボーダーの正装だとコメントをして、応援をするべきだろう。まあ、東海大学も損得勘定をした結果だ、情けない。

 マスコミの批判に揺れ動いてしまう。

 今朝のテレビを見ていたら、彼を擁護するような「思いやり」のある人間だという情報を流していたが、そんなこと流しても無駄だ。どんなに服装と関係ないと言っても、人は見栄えで判断することがほとんどだ。
 オリンピック委員会がお馬鹿だったといった方がいい。矛先はあちらに向けるべきだ。

 スノーボーダーがいくら正装だと主張しても、一般人から見れば 腰履き、シャツだしは「みっともない」と思うことが普通。彼の生活周辺ではそれが一般的な服装であれば、環境を変えることもできない。
 それを教えて上げないのが、そもそもの原因だ。

 まあ、マスコミの豹変振りは彼がメダルをとるかとれないかにかかっているが、メダルを取ったから「素晴らしい人間だ」的な評価をすることもおかしい。メダルに対して評価はしても、人間に対しての評価はして欲しくないのだが、何故か人格まで褒めそやす。

 メダルの獲得と人間性は全く別物だ。
 スポーツをやっている人間が事件を起こさないと固定観念を持っていたら大間違い。
品行方正ではない人間もいるし、スポーツ精神なんてない人間もいる。
 強ければいい、勝てばいいとだけ思っている人間もいる。

 金メダルを取ったからって、褒めることはしたとしても、決して人格を褒めてはいけないのだが、マスコミは彼がメダルを取ったらば、人格まで崇高な人間として報道するに違いない。そして、メダリストや有名な人が犯罪を犯したならば、「彼になにがあったのだろう」「メダリストの堕落」なんて、疑問符を付けて、格好のネタにしてしまう。
 まあ、何でもネタにしてしまうマスコミだということを忘れてはいけない。
 次のネタが出てくれば、すぐに乗り換えるのがマスコミ。

 まあ、スポーツ選手、スポーツができるから、金メダリストだから、人格が優れているなんて思いこんではいけない。人格と運動神経は別物だ。
 だからこそ「文武両道」とか「精神と肉体」なんて言葉が出てくる。
 
  彼の場合は 一言注意して上げる人間がそばにいなかったのだろうかとコメントしてお終い。
 民主党も支持率が下がり、自民党も支持率が上がらないと言うことは国民が一層政治不信に陥っていることに他ならない。
 しかし、自民党のネガティブキャンペーンには明日はない。 

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?02.15 | トップページ | 今日は何の日だったの?02.16 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/47581374

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミに小ネタを提供してはいけない!スノーボーダー:

« 今日は何の日だったの?02.15 | トップページ | 今日は何の日だったの?02.16 »