2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ヒューレット・パッカードの不具合情報 | トップページ | 今日は何の日だったの?02.10 »

2010.02.10

政治家と起訴と裁判と・・・

 政治家の「政治と金」の問題で必ず、ついて回るのが「説明責任」。そして、野党は必ず、追求をするのだが、どうもぼくにはその真意がよくわからない。
 検察が相当時間をかけてガサ入れしたにもかかわらず、このような状況ではいかがなものだろうか。
 そして、この政治献金問題は元与党 自民党議員についてはまだ検察は表面上は沈黙を続けている。どうせ、やるならば、元与党の自民党議員を調査した方が贈収賄で起訴できるはずだ。
 もう一つ不思議というか、給与等の自民党の政治と金に対する反応も全く共感できないし、発言内容を聞いている限り呆れ返ってしまう。
 自分達の議員が起訴された時の状況を考えれば、民主党も自民党も全く同じ対応の仕方をしているだけだ。攻守所を変えてだけで発言している内容が同じ。
 政治家ってこんなものかと思うし、自民党には反省の弁は全くなし。約60年間政官財とぴったり寄り添い、族議員もはばを効かせていたのだから、「政治と金」の問題がないはずがない。
 自民党議員で政治と金の問題で自分達が自ら浄化をしただろうか。それすらしない党が、相手のことになると目くじらを立てて、批判するのはいかがなものだろうか。
 というよりも、呆れてしまうくらいだ。
 こんなことをしているから、自民党の支持率が上がらないわけだ。

 さて、起訴されてからのことで、いつから、議員を辞職を追求されるようになったのだろうか?一般人の刑事事件での起訴についても冷静に考えなければいけないのだが、いつも思うことは「推定無罪」だ。
 警察に逮捕された途端に、起訴されれば尚のこと 「黒」となってしまう。この状況って、とても危険だと思う。自分が全く無実であったとして、事情聴取されたり、万が一逮捕されたら、周囲の人たちは「間違いなく黒い目で見る」に違いない。
 そしてマスコミはなんの根拠もなく24時間追いかけ回す。
 以前もマスコミが追い回していて間違ったことが多々ある。無責任な話だ。
 
 それをぬぐい去るにはとても強い精神力と周りの温かい目が必要なのだが、周囲ではその人を見る目がまったく変わってしまう。

 どこまでその人のことを信じるかはその人個人の自由だが、マスコミから流れてくる情報はリークと悪意に満ちた情報でしかない。

  国会議員については、有権者が決めることに他ならないし、出処進退は自分で決めるべきだ。また、国会で裁判所ごっこをしても何の意味もない。もっと、国民の生活を良くすることで議論を重ねてほしい。
 裁判で判決が出るまでは、いずれの場合も「推定無罪」で考えるべきだろうが、この国は「推定無罪」は表現だけで、常に「推定有罪」でしか対応していない。

 被疑者がマスコミの集中砲火で「自殺」をしても、多分マスコミは自業自得とも思わず、自己責任も感じず、反省もすることはない。新たな事件が発生した途端に、過去のこととなる。

 裁判という制度がある限り判決が確定するまでは静観するだけの余裕がほしい。
 
  いつも思うことは「マスコミなどの一方的な報道」だけを信じるのはとても危険だ。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« ヒューレット・パッカードの不具合情報 | トップページ | 今日は何の日だったの?02.10 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/47528826

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家と起訴と裁判と・・・:

« ヒューレット・パッカードの不具合情報 | トップページ | 今日は何の日だったの?02.10 »