2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?03.30 | トップページ | 今日は何の日だったの?03.31 »

2010.03.31

本物の政治、本物の報道、本物の番組作り 雑感

 最近の政治も報道もテレビの番組作りもどうやらその場しのぎが多すぎる。腰を据えて造ったものがない。目先のことばかりを追いかけていて、本質に迫るものが本当になくなってしまった。
 政治もそうだが、政治を取り上げるマスコミはさらにひどい。
マスコミの政治の取り上げ方は政治ではなく言葉尻だけだ。新聞記者も同様、言葉尻ばかりをとらえていて本質に切り込むような質問ができない。

 どうもうわべばかりというか、好奇心丸出しで、本質とかけ離れたことばかり追求する。 亀井大臣と閣僚関係のごたごたも、本質はなにということを追い求めるのではなく、鳩山首相のリーダーシップに話題が移ってしまう。まあ、それも多少はあるだろうが、何故、限度額の引き上げを仕様としているのか、何故反対をしている閣僚がいるのか、その辺について、深く掘り下げて取り上げようとしているところはほとんどない。
 まあ、する期もないのだろうが、政治評論家たちが出てきて、閣僚たちのソリの問題をはなしたり、リーダーシップ云々で終わってしまっている。
 マスコミの伝えるべきことは何なのかもう一度原点に戻って考え直すべきだろう。
 視聴率の上がらないテレビも同様だ。視聴率優先で、視聴率がとれないとすぐに、番組を終了し、目先を変えることしかできない。
 その番組たるや、出ている人たちがどのチャンネルを回してもほとんど顔ぶれが同じ。最近では、クイズ番組相も変わらず流行っているようで、どの番組を見ても顔ぶれがほとんど同じだ。一体出ているタレントたちは、本来の仕事をしているのだろうかと思ってしまう。
 ここでも、本質的な問題が問われているのだが、どうもマスコミ自体が壊れているようで、改革もできないようだ。
 いつでも思うことは、デジタルテレビになって、きれいに見えるようになっても、コンテンツが全くそれに対応していない。アナログ時代とどこがどう違うのか?デジタルテレビではないと見る価値が充分に伝えられない番組を造れば、自ずとアナログからデジタルへ移行が進むはずなのだが、全く内容がアナログ時代と変わらない者ばかり製作しているのだから、エコポイントをたくさん付けないと移行が進まないというお粗末さ加減だ。
 家電メーカーと言えば、早くも3Dテレビの発売に踏み切ったのだが、コンテンツなきテレビを誰が買うだろうか。

 一部のお金持ちや新しい物好きの人は買うだろうが、ぼくは3Dテレビが発売されると、普通のデジタルテレビの価格が下落するのを待っている。
 両親はデジタルテレビに下のだが、まだ、自分達のはアナログテレビ。でも、アナログでも今のところ支障が全くない。ネットを利用するテレビも出ているのだが、パソコンを使っている人間にとっては、なんだか中途半端だ。

 テレビもパソコンとの互換性を売りにすればと思うし、HDDについても、ブルーレイディスクについてもパソコンと共通に利用できればいいのだが、いまだに閉鎖的だ。東芝が、既にやっているくらいで、他社は相も変わらず、囲い込み方式だ。

 囲い込みを辞めて、すべてに共通化すれば、それが世界のデファクトスタンダードになるはずなのに、それすらできない家電メーカーと言うことになる。
 普及を考えた方がいかにいいかに目が行かないらしい。

 録画の記録時間もメーカーでまちまち。
 パソコンはパソコン、デジタルテレビはデジタルテレビなのだが、共通化すれば、パソコンとテレビの境目は自然になくなるはずなのだが、ここでも目先の利益ばかりに気持が動いてしまっていると言うことだろう。

 政治もそうだが、政治を報道するマスコミ、番組を造っているテレビ局も本質を突いた物作りをして欲しいのだが、ほとんど無しだ。

 テレビの報道はここ数年来、見るに堪えない内容ばかりで辟易する。なにを一体伝えたいのか、伝えなければいけないのか?キャスターも含めて考え直した方がいい。

 くだらない番組づくりをするからますます、テレビ離れが進んでしまっている。
 コンテンツなき政治、コンテンツなき報道、コンテンツなきテレビは消え去るのみだが、返す返すも、アナログテレビでまだ十分観賞に堪える番組で消費を強要されているだけで、もったいないと思ってしまう。

 テレビを見たい、報道を聞きたい、番組を見たいというものが本当になくなってしまった。テレビも声だけで十分かもしれない。

 そうそう、余談だが、NHKのニュースで被害者の家族に対して、同情や感情移入をさせるよう番組づくりをしていたのだが、裁判が確定していない状況では流すべきではないですね。どうも、日本のマスコミは 被害者たちに対する感情論を持ち込む傾向が強い。   報道は5W1Hで十分だし、声だけの方が惑わされなくて済むかもしれない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?03.30 | トップページ | 今日は何の日だったの?03.31 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/47956640

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の政治、本物の報道、本物の番組作り 雑感:

« 今日は何の日だったの?03.30 | トップページ | 今日は何の日だったの?03.31 »