2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ちょっとご無沙汰です | トップページ | 今日は何の日だったの?03.02 »

2010.03.02

日経「Web刊」買います?

 ネットの普及で若者や大学生が新聞を購読しない人が増えているとの記事が流れていたが、それは若者だけではない。
 実は高齢者も高層マンションに住んでいると、新聞を取りに行くことや、毎月新聞をとりまとめて、一階まで持って行くことも体力的に大変になり、新聞購読を止める人が増えている。
 さりとて、ウェブ版を見るには今のノートブックパソコンもデスクトップパソコンも画面が映画sizeで横長になっているのだから読みにくい、せめて、4:3ならばまだしもという感じだ。
 新聞を全体で見るためには、縦長画面がどうしても必要。新聞は縦書きで表示されているわけだからその辺も変更しなければ、ノートブックパソコンではと手も見にくい。
 新聞だけが単にウェブ版に切り替わったとしても、実は読みにくい。
 ボクの場合 新聞を読む時には、全部広げてまず見出しをざーっと見る。それから興味があるものは、読むという形なのだが、Webで拡大縮小が出来たとしても、画面が小さくてそんなことすら出来ない。
 あと、新聞の主婦の楽しみと言えば、「折り込み広告」なのだが、全てがウェブ版になったら、全てを比較してみることすら出来ないし、チラシを以て出かけるなんてことも、わざわざ印刷しなければいけないという面倒なことになる。
 まあ、日経新聞の場合はほとんど折り込み広告が入らないから、Web版になっても問題はないだろうし、新聞販売店も営業的には響かないだろう。
 余談だが、新聞販売店の一番大きな収入源は折り込み広告。折り込み広告が無くなれば、立ちゆかなくなってしまう。
 新聞が全てウェブ版になることはないだろうが、将来サービスの低下と新聞販売店が減少することは予測できそうだ。
 さて、Web版の日経新聞の場合、残念ながら、ぼくは申し込まない。
なぜかと言えば、「高い」と感じるからだ。「良質な情報はタダではない」ということだが、Webで多角的な情報を収集すれば、無料である程度良質なものが集められる。
 単体月額4,000円
  料金は、本紙(全日版3518円、朝・夕刊セット4383円)を購読していればプラス月額1000円、Web版だけなら月額4000円。
 どうもお値打ち価格とは思えない。

 新聞の情報の室が低回していると感じるなかで、有料版の新聞がどうも売れるとは思えないのだが、いかがだろうか。
 新聞の良さは大きく広げて、ぱっと見出しが見えること。そして、ガラスを磨くのに有効に新聞紙が使えることなのだが、ネット上だと全ての情報が軽く見えてしまう。
 新聞販売店も先行きを考えなければいけない。特に活字世代の高齢者対策を考えなければ斜陽産業になりかねない。
 日経新聞のウェブ版の状況を他社は情報分析するのだろうね。
  パソコンの活字と印刷物の活字って異なる気がする。

« ちょっとご無沙汰です | トップページ | 今日は何の日だったの?03.02 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/47703647

この記事へのトラックバック一覧です: 日経「Web刊」買います?:

« ちょっとご無沙汰です | トップページ | 今日は何の日だったの?03.02 »