2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 空港と路線にこだわる知事たち | トップページ | 今日は何の日だったの?04.27 »

2010.04.27

成人T細胞白血病をご存じだろうか?

 実は親戚に「成人T細胞白血病」(adult T-cell leukemia)が発症した人がいる。そして、今現在は失明もしている。丁度、浅野史郎・前宮城県知事が発症して関心を集めたのだが、マスコミの報道は何時ものとおり、その瞬間だけしか取り上げない。
 特に有名人か発病しない限り、世間の人は身近な人で「成人T細胞白血病」なんて言葉を知ることはないだろう。
 この病気の怖さは、ある日突然発症すると言うこと。
-----------------------
HTLV-1(human T-cell leukemia virus Type 1)というウイルスの感染が原因で起きる血液のがん。ウイルスは長期間潜伏し、50歳を超えて発症する場合が多く、年間約1100人が死亡している。感染後の生涯発症率は5%。根本的な治療法はなく、骨髄移植などが行われる。
----------------------

  ウイルスが母乳や精液を通じて白血球に感染しATL(adult T-cell leukemia)や脊髄症の原因になる。

漸く全妊婦に血液検査をしようという動きが日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会が診療指針の改定を奨めているということだ。
 検査をし、母子感染を予防することで、次世代に感染する危険性を大幅に削減することができるのだから、大いにやるべきだが、多分自分がこのウイルスを持っているかということも、成人T細胞白血病という病名も母乳感染をするということも知らない人がほとんどだろう。
 マスコミのすべきことは、地道にこのような感染を防ぐことなのだが、最近のマスコミと言えば、瞬間最大風速的な報道しかしない。その時だけは、特に有名人が感染した時だけ、取り上げ、そのあとは全くしない。
 こんなマスコミは報道する姿勢が全くなっていない。スキャンダラスなことだけで社会性・公共性はほとんどゼロだ。

 この成人T細胞白血病は以前は九州・沖縄に集中し風土病の様相を呈していたのだが、ひとの移動が激しくなるにつれ、全国に広がっているそうだ。

 皆さんも、「成人T細胞白血病」に付いて調べた方がいいです。

 ある日突然 成人T細胞白血病 が発症してしまわないように、予防が大切です。
 現状、根本的な治療法がないのだから尚更だ。

  もっと予防することに関心を払ってほしい。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 空港と路線にこだわる知事たち | トップページ | 今日は何の日だったの?04.27 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/48195663

この記事へのトラックバック一覧です: 成人T細胞白血病をご存じだろうか?:

« 空港と路線にこだわる知事たち | トップページ | 今日は何の日だったの?04.27 »